のらり 大好評連載中   
 

■ギュスターヴ・ドレとの対話 ~ 谷口 江里也

更新日2019/06/20

 

第13回:クロックミテーヌ伝説

 

13-02


これは女の子の騎士が怪物たちを退治したりする物語『クロックミテーヌ伝説』のためにあなたが描いた絵です。

概要としてはフランク王国の王シャルルマーニュ(カール大帝)と騎士たちを描いた物語をベースとしていて、主人公が女の子という少年少女向けの絵本のような本です。そこであなたは、またしても作風を変え、多くの怪物たちや人物をコミカルに描いていて、のちにバンド・デシネ、いわゆる漫画や劇画と呼ばれるジャンルの先駆のような表現をしています。この作品は1863年、『ドン・キホーテ』や『アタラとナッチィーズ』と同じ年に制作されました

 

カール大帝と騎士たちと異教徒サラセンとの戦いを描いた物語はヨーロッパ全土で、さまざまなアレンジが施されて広く知られる人気のテーマです。フランスでは『ローランの歌』として知られ、これがイギリスでは変形して『アーサー王物語』になり、イタリアではアリオストの壮大で奇想天外な『狂乱のオルランド』という物語となっていますが、『クロックミテーヌ伝説』は、ヨーロッパ人なら誰もが好きな物語の子ども向けのバージョンで、お化け退治の物語になっています。

このお話の中であなたが登場させたキャラクターをいくつか見てみると、いかにも今日の漫画やアニメに登場するようなユーモラスなキャラクターを、あなたは次々に登場させています。

 

13-04

13-05

13-06

 


13-07

13-08

13-09

 


13-03


これだけのキャラクター創造力があれば、現代に生き還ってきたとしても世界的なスターになれるでしょうが、あなたは当時も作品だけではなく、その快活な人柄で、フランスの社交界の人気者でした。

この作品を発表した翌年には、ナポレオン三世から、代々のフランスの王家の狩場があるコンピエーニュの別邸に招待され、そこで十日間も過ごしているくらいです。ナポレオン三世には、プロイセン(現在のドイツ)が攻めてきたときに、一緒に気球に乗って逃げようと誘われているくらいですから、よほど気に入られていたのでしょう。

皇帝とも親しいあなたを社交界が放っておくわけがありません。加えて当代の名だたるアーティストたちとも仲がいいとなれば、女性にだってモテない訳がありません。

しかし上流階級だけではなく、同時にあなたには非常にリベラルな感性の持ち主で、このことは後の『ロンドン巡礼』で見事に発揮されますが、『クロックミテーヌ伝説』を描いた頃に、例えばロンドンでは身寄りのない貧しい子どもたちを収容する病院をたびたび訪れ、子どもたちにお話を読んであげたり絵を描いてあげたり、プレゼントをあげたりしていたようですから、基本的に子ども好きで、地位や権威や階層などには無頓着だったのでしょう。

しかも、後にフランス皇妃からプレゼントされたダイアモンドの飾りのついた鉛筆を、すぐにガールフレンドにあげてしまったくらいですから、絵を描くこと以外は興味がなかったのかもしれません。

ともあれ古典文学から子ども向けの本にまで絵を描いたあなたの仕事量は凄まじいものでした。しかもそんななかを縫っていろんなところに出かけ、三年後の1866年にはパリのバイヤード通りに、画家のアトリエとしてはパリで最大級のアトリエを新たに設けているくらいですから、とうてい結婚相手など見つけられるはずもありません。恋人はいたとしても、ゆっくりと愛を育む時間などとてもなかったでしょう。

結局あなたは独身のままで生涯を終えることになりますが、それはもう少し先のこと。三十歳になったばかりのあなたはすでに晩年の大作『狂乱のオルランド』の構想を練り始め、シェークスピアやアラビアンナイトまでも射程に入れて、とにかく自らの壮大な夢の実現のために疾走し続けたのでした。


-…つづく

 

 

 

back第14回: 神曲 煉獄篇、天国篇

このコラムの感想を書く

 


谷口 江里也
(たにぐち・えりや)
著者にメールを送る

本や歌や建築、さらには自治体や企業のシンボリックプロジェクトなどの、広い意味での空間創造を仕事とする表現哲学詩人、ヴィジョンアーキテクト。
主な著作に『鏡の向こうのつづれ織り』『鳥たちの夜』『空間構想事始』『天才たちのスペイン』、主な建築作品に『東京銀座資生堂ビル』『ラゾーナ川崎プラザ』『レストランikra』などがある。
なお音楽作品として、シンガーソングライター音羽信の作品として、アルバム『わすれがたみ』『OTOWA SHIN 2』などがある。

アローAmazon 谷口江里也 著作リスト

アロー未知谷 刊行物の検索 谷口江里也
アローElia's Web Site [E.C.S]


■連載完了コラム
『ひとつひとつの確かさ』~表現哲学詩人 谷口江里也の映像詩(→改題『いまここで  Here and Now』)
[全48回] *出版済み

現代語訳『枕草子』 ~清少納言の『枕草子』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳
[全17回]

現代語訳『方丈記』~鴨長明の『方丈記』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語訳に翻訳[全18回]

現代語訳『風姿花伝』~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳[全63回]

岩の記憶、風の夢~my United Stars of Atlantis [全57回] *出版済み

もう一つの世界との対話~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ[全24回]
*出版済み

鏡の向こうのつづれ織り~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空[全24回]
*出版済み

随想『奥の細道』という試み ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ[全48回]
*出版済み

バックナンバー

第1回:ドレが描いた最初の絵
第2回:アリとキリギリス
第3回:才能と表現力の告知
第4回:自ら切り拓いた道
第5回:幻想の共有
第6回:ドレの肖像写真
第7回:私がみた最初のドレの絵
第8回:美しい悪魔
第9回:ペローの昔話
第10回:風刺画
第11回:ドン・キホーテ
第12回:ロマン主義



■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【鏡花水月~私の心をつくっていることなど 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [ギュスターヴ・ドレとの対話]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2020 Norari