のらり 大好評連載中   
 
■『ひとつひとつの確かさ』~表現哲学詩人 谷口江里也の映像詩

第22回:土に還る前に ~Before Returning to the Earth

更新日2018/03/22




22_s

 

土に還る前に

Before Returning to the Earth

 

 


土に還る前に

風に吹き寄せられ

ひとかたまりになって

光を浴びる落ち葉たちの群。

 

土に還る前に

乾いた体に光を受けて

木々の枝にあった時とはまったく異なる

でも美しく変化したそれぞれの色を誇る。

 

花だけが美しいのではない。

新緑だけが美しいのではない。

これもまた木々たちのもう一つの華。

 

土に還る前に

土に還る前に

今日の光を受けて

今しか歌えない歌を謳う。



 


  

第23回:水が流れる ~Water Flows

このコラムの感想を書く


谷口 江里也
(たにぐち・えりや)
著者にメールを送る

本や歌や建築、さらには自治体や企業のシンボリックプロジェクトなどの、広い意味での空間創造を仕事とする表現哲学詩人、ヴィジョンアーキテクト。
主な著作に『鏡の向こうのつづれ織り』『鳥たちの夜』『空間構想事始』『天才たちのスペイン』、主な建築作品に『東京銀座資生堂ビル』『ラゾーナ川崎プラザ』『レストランikra』などがある。
なお音楽作品として、シンガーソングライター音羽信の作品として、アルバム『わすれがたみ』『OTOWA SHIN 2』などがある。

Amazon 谷口江里也 著作リスト

Elia's Web Site [E.C.S]


■連載完了コラム
現代語訳『枕草子』 ~清少納言の『枕草子』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳[全17回]

現代語訳『方丈記』~鴨長明の『方丈記』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語訳に翻訳[全18回]

現代語訳『風姿花伝』~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳[全63回]

岩の記憶、風の夢~my United Stars of Atlantis [全57回] *出版済み

もう一つの世界との対話~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ[全24回]
*出版済み

鏡の向こうのつづれ織り~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空[全24回]
*出版済み

随想『奥の細道』という試み ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ[全48回]
*出版済み



バックナンバー
第1回:木の葉が落ちた~Leaves have fallen
第2回:雨のあとで~After the Rain
第3回:西の空~Western Sky
第4回:少年少女~Boys and Girls
第5回:ほんの一瞬のこと~Just a Moment’s Event
第6回:明日のために~For the Future
第7回:まだ生きてる~Still Alive
第8回:自然と人の働きの成果~Result of Work of People and Nature
第9回:少しずつ~Little by Little
第10回:空の青と~With the Blue of the Sky
第11回:どうして?~Why ?
第12回:羽を休める~Rest the Wings
第13回:鴨たちが帰ってきた~Ducks Came Back
第14回:中秋の月~Mid-Autumn Moon
第15回:中秋の月 秋祭り~Autumn Festival
第16回:雨の日が続く~Rainy days are ongoing
第17回:台風の後の小径~The Path After Typhoon
第18回:台風の後の家々の屋根~The Roofs After Typhoon
第19回:台風の後の空~The Sky After Typhoon
第20回:銀色の雲~Silver Cloud
第21回:濃霧の中の二羽のカラス~Two Crows in Thick Fog

■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari