のらり 大好評連載中   
 
■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から

第510回:実はハデ好きな日本人…

更新日2017/04/27



日本的な感覚として、主に私たち外国人向けに、ワビ、サビ、そして幽玄、静寂のことをよく聞かされますし、それに同調するかのように、禅に打ち込む外国人も少なくないようです。私も、外国人の前で途端に張り切るタイプ、およそ日本文化論とは縁もゆかりもなく、そのような知識をまるで持たない日本人から、ワビ、サビのことを説教されるように聴かされたものです。 あれは疲れます。

私の印象では、日本人はギンギラした派手ハデしいものがとても好きだと思います。どこからワビ、サビなどという感覚や言葉が出てきたのか不思議なほどに、すべてにギンギラなのです。挙げれば限がありませんが、まずテレビのバラエティーショーのバックは趣味の悪さを競っているかのようにドギついネオンカラーで埋め尽くされていますし、ニュースショーですら、背景にはわけの分からない似非日本風の建物や庭をあしらったりしてしてます。テレビのドギついハデハデしさは、一般的に派手好きだといわれるラテン系の国々、イタリア、スペイン、フランス、そしての南米の国々を日本ははるかに凌駕しています。

そして、一歩街に足を踏み入れると、アノ繁華街、商店街の看板、ネオンの節操のなさ、互いに自分だけ目立ちたがり、それが逆効果になり、宣伝効果は相殺され、減少しているのですが、これでもかというばかりにドギつく、醜い街になっています。一種、アジア的混沌と言えなくもありませんが、その先端を行っているのが日本の街なのだと思えます。

JRの乗り放題パス(Japan RailPass)を使って駆け足で日本一周をしましたが、その時どこに行っても、駅前の風景は同じで、また駅の裏小路、夜の街のネオン風景も同じなのに驚かされました。地方性がなく、ネオン、看板、幟の旗の行列が町の個性を奪っているのです。 お祭りの山車のような街をヨシとしているとしか思えません。

日本の町は条例で、醜い宣伝看板、ネオンを規制する力がないか、弱いのでしょうね。ヨーロッパだと、どこに行っても秋葉原、新宿のようなネオンと看板、騒音に遭遇することはないでしょう。ラスベガスのストリップ大通りでさえ、日本の繁華街に比べたら、落ち着いた静かなところに見えるほどです。

私も人並みに有名な神社やお寺を回りました。千年の風月を経て、建物も風化し、仏像なども線香に燻られ続け、落ち着いた白黒写真が似合う様相になっています。ですが、よく観ると、欄間の地獄絵だけでなく、仏像そのものも金ピカ、極彩色のハデハデだったようなのです。運慶の仁王さんが極彩色に塗られていたのは確実ですが、仏像も浄土真宗だけでなく、当時はすべてギンギラだったと言ってよいでしょう。禅宗だけは道元さんが生きていた時までは、キンキラを嫌っていたようですが…。

元々、日本人はキンキラが大好きで、ハデハデしいのを最高とする、ヨシとする文化が根底にあるように思えます。そのキンキラ文化が太古(これはちょっと大げさですが)や中世から日本全土を覆い尽くしていたから、その反動と言って許されると思いますが、ワビ、サビに向かう心が生まれたのでしょう。

もっとも、そのような幽玄に触発され、文学、絵画を残した人たちは極めて少数で、いわば文化的エリートだけが、枯淡の境地に達することができ、理解できたのでないか…と想像しています。

どこの国の文化においても同じような現象が見られます。たとえば、ピカソが偉大であることは誰しも認めますが、彼の一作品を観て、彼の芸術を理解し、偉大さを感じ取れる人は少ないのではないでしょうか。ピカソの絵を子供の悪戯画きだと思うのは当然で、自然なことです。先進的文化というものは、そのような運命を背負わされているようなのです。

日本のハチャメチャな派手好み文化とワビ、サビを好む心とは、なんら矛盾するものではない…と思います。

 

  

第511回:大学卒業と学生さんの将来

このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 


Grace Joy
(グレース・ジョイ)
著者にメールを送る

中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。

■連載完了コラム■
■グレートプレーンズのそよ風■
~アメリカ中西部今昔物語
[全28回]


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第100回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで

第501回:女性の行進~Woman's March、アメリカはどこへ行く…
第502回:アメリカの階層社会
第503回:遥かなる男女平等社会
第504回:討論=ディベイト、演説=スピーチ
第505回:自分の仕事を知らない、できない人たち
第506回:挨拶の文化~キス、ハグ、おじぎ、握手
第507回:日本の敬語はミッション・インポッシブルの難しさ
第508回:大流行の人工関節埋込手術
第509回:修理からパーツ交換~職人受難の時代

■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち ~西部女傑列伝5
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2017 Norari