のらり 大好評連載中   
 
■現代語訳『枕草子』
  〜清少納言の『枕草子』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳
更新日2015/10/15



枕草子  第十七回

市は、辰(たつ)の市

 市は、たつの市、さとの市、海石榴(つば)市など、大和には市のついた町がたくさんあるけれども、長谷寺にお参りをした人が、必ずのようにこの地に泊るのは、観音さまとのご縁を大切にしたいという、特別の気持があるからだろう。ほかにもこのあたりには、おふさの市や、しかまの市や、もちろん飛鳥の市もある。

峰といえば

峰といえば、ゆづる葉の峰、阿弥陀の峰、そしていやたかの峰。

原には

原には、みかの原、あしたの原、園原なんていうのもある。

淵には

淵には、かしこ淵というのがあるけれども、一体どういう気持で、どなたがそうと教えて、そんな名前になったのだろう。青色の淵なんていうのも面白い。まるで蔵人が着るお召しのよう。ほかにも、隠れの淵や、いな淵なんていうのもあって面白い。

海といえば

琵琶湖のみずうみ、与謝の海、そして、かはふちの海。

陵には

陵みささぎには、うぐいすの陵、かじはぎの陵、そして、あめの陵などがあって、どれも歌に歌われして風情がある。

渡りといえば

渡りといえば、しかすがの渡り、こりずまの渡り、そして水はしの渡りなど。

たちといえば

たちといえば玉造(たまつくり)。どんなものにも、それらしい言葉や場所が、きまって付いていて、本当に風情がある。

立派な建物といえば

立派な建物といえば、まずは近衛の御門。そして二条院。みかい、一条も良い。染殿の宮、清和院、菅原の院、冷戦院、閑院、朱雀院、小野の宮、紅梅殿、そして県(あがた)の井戸殿。そして竹三条院や、小八条院や、小一条の院なども素晴らしい。

 

 

 

※文中の色文字清少納言が用いた用語をそのまま用いています。

 


第十八回



このコラムの感想を書く


谷口 江里也
(たにぐち・えりや)
著者にメールを送る

詩人、ヴィジョンアーキテクト。言葉、視覚芸術、建築、音楽の、四つの表現空間を舞台に、多彩で複合的なクリエイティヴ・表現活動を自在 に繰り広げる現代のルネサンスマン。著書として『アトランティス・ ロック大陸』『鏡の向こうのつづれ織り』『空間構想事始』『ドレの神 曲』など。スペースワークスとして『東京銀座資生堂ビル』『LA ZONA Kawakasi Plaza』『レストランikra』などがある。
Elia's Web Site [E.C.S]

■連載完了コラム
現代語訳『方丈記』〜鴨長明の『方丈記』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語訳に翻訳 [全18回]

現代語訳『風姿花伝』〜世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳 [全63回]

岩の記憶、風の夢〜my United Stars of Atlantis [全57回]

もう一つの世界との対話〜谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ [全24回]

鏡の向こうのつづれ織り〜谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空 [全24回]


随想『奥の細道』という試み 〜谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ [全48回]


バックナンバー

 

■更新予定日:毎週木曜日


  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部女傑列伝4
 【亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2017 Norari