■フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部アウトロー列伝



佐野 草介
(さの そうすけ)



海から陸(おか)にあがり、コロラドロッキーも山間の田舎町に移り棲み、中西部をキャンプしながら山に登り、歩き回る生活をしています。

■貿易風の吹く島から
〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
[全157回]



第1回:いかにして西部劇狂になったか
第2回:ラストシーンで主人公が2人とも死ぬ西部劇
第3回:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
第4回:Butch Cassidy その2
第5回:Butch Cassidy その3
第6回:Butch Cassidy その4
第7回:Butch Cassidy その5
第8回:Butch Cassidy 少年時代
第9回:Butch Cassidy 法との係わり合い
第10回:Butch Cassidy 運命の出会い
第11回:Butch Cassidy 開拓時代の西部事情
第12回:Butch Cassidy 旅立ち
第13回:Butch Cassidy 泥棒砦
第14回:Butch Cassidy テリュライド
第15回:Butch Cassidy モンテローズ
第16回:Butch Cassidy_マットとの出会い
第17回:Butch Cassidy_マットとの出会い その2
第18回:Butch Cassidy_空白時代の伝説
第19回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行
第20回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行 その2
第21回:Butch Cassidy_代理保安官たちの追
第22回:Butch Cassidy_ナゾの第4の男
第23回:Butch Cassidy_モアブの渡し
第24回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク
第25回:Butch Cassidy_追う者と追われる者
第26回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク、バセット牧場
第27回:Butch Cassidy_ワイオミング
第28回:Butch Cassidy_流浪
第29回:Butch Cassidy_ジョンソンカウンティー
第30回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その1
第31回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その2
第32回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その3
第33回:Butch Cassidy_ブッチ誕生


■更新予定日:毎週木曜日

第34回:Butch Cassidy_ブッチとアルの逮捕

更新日2007/06/14


ブッチとアルはランダー出身の若いカウボーイ兼馬泥棒の通称ビリー(Joseph Billy Nutcher)から3頭の馬を買った。それらの馬はジョンソン郡でビリーの持ち牛と交換したもので、所有権証も整っているという触れ込みだった。後日、ビリーがブッチとアルに売った馬は北ワイオミングのグレイ・ブル牧畜会社(Grey Bull Cattle Company)からの盗品だと判明したのだが。ブッチとアルはそのような怪しげな取引を再三していたのだろう、ブッチたちは盗品かどうかに拘泥しなかった。今回も馬を買い集め、どこかに運び売り払うつもりだったに違いない。

一方、大牧場主たちにとって、ブッチとアルは近くに居られるだけで、気に障る、目の上のタンコブのような存在になっていた。それだけ、ブッチの名前は知れ渡っていた。牧場主たちは横のつながりを強くし、連合し捜索の環を狭めていった。先頭的な役割を果たしたのはビッグホーンベイスン(Big Horn Basin)の牧場主、ジョン・チャップマン(John Chapman)で、情報収集、そしてその確認を行い、しらみ潰しに村や谷をチェックしていった。それまで賞金稼ぎや特定の牧場主に雇われたガンマン、郡のシェリフが独自に別個に動いていたのを情報を交換しあい、組織的に追跡しだしたのだ。

一説のよるとワイオミング州の南西のリンカーン郡のテトン盆地にブッチたちは1,000頭もの馬を集めていたという。だがこれは西部劇マニアの作り話だろう。1,000頭もの馬を冬越えさせるには膨大な広さの放牧地と牧草が必要だし、それほどの規模なら人目につかずにはおかないはずだ。

ジョン・チャップマンは、翌1892年の雪解けを待って追跡を再開した。大牧場主連合と個人レベルの小規模牧場主との戦いが加熱して、幾人もの小作人が牛泥棒として撃ち殺されたり、吊るされ、ジョンソン郡戦争が始まろうという時だった。ジョンはブッチとアルがアウバーン(Auburn)の郊外に潜んでいるらしいという情報を掴んだ。アウバーンは、現在のブリッジテトン国有林の中にある。

近くの牧場の娘ケイト(Kate Davis)がアフトンの村の郵便局からブッチとアル宛ての手紙を受け出し、届ける役をしていることを嗅ぎつけたジョンは、シェリフのボブ(Bob Calverly)に連絡をつけ、ケイトを監視下に置き、ケイトがブッチとアル宛の手紙を持って出かけるのを待って、後を付けた。その時、郵便局長が、といっても局員は一人だけしか居ないようなところだが、監視員に合図を送り、ケイトがブッチとアルの手紙を受け出したことを知らせたとも言われている。アフトンからアウバーンまではおよそ8マイルある。

一旦ブッチとアルの隠れ場所を確認したボブとジョンは、地元のシェリフ、シェリフ補などの応援を待ち、逮捕に乗り出したのだった。

アルは離れにある、材木置き場で仕事をしており、シェリフたちが近づくのに全く気が付かず、丸腰のまま抵抗する隙もなく逮捕された。

ブッチは、バンクハウス(牧童達が寝るためだけに建てられた、納屋に2段ベッドがならんでいるだけの捕虜収用所のような建物)のベッドで横になっていたが、眠ってはいなかった。ジョンが組織した追跡団がよほど良く訓練されていたのだろう、離れた材木置き場での騒動にブッチは気付いていなかった。ブッチはケイトが郵便を持ってきてくれる頃だと、待っていた。

ガンベルトはドア近くの椅子の背もたれに掛けてあったが、不信な物音に気がついたブッチはすぐに拳銃を握った。シェリフ、ボブが大声で、「ブッチ、お前はもう包囲されている。素直に出てこい」と叫んだところ、ブッチは、「それなら、直ぐに撃ってこい」と怒鳴り返した…ということになっている。シェリフたちは折り重なるように、一斉に小屋に殺到した。シェリフがブッチの胃袋めがけて撃った一発目がどうしたわけか不発だったのがブッチの命を救った。

また、狭い小屋に余りに多くのガンマンが殺到しすぎた。攻める方も、異常な興奮状態にあったのだろう。シェリフのボブは、仲間が邪魔になってブッチに的を絞れなかったと証言している。しかし4発目がブッチの額をかすめ、頭蓋骨を砕くような重症ではなかったが、大きく額を割りブッチが一時的なショックに陥った隙に逮捕されたのだった。

後にボブが語ったところによれば、ボブと保安官助手たちがなだれ込んだとき、ブッチはすでに拳銃を抜いていたことになっているが、これはよく西部の公判で焦点になる、相手は丸腰であったかどうか、たとえ保安官でも丸腰の人間を撃ったとなると裁判で勝つのが難しくなるのを防ぐための証言だったと思われる。

それでなくても、ブッチはすでに義賊的な人気者になっていたし、陪審員へ与える印象が、丸腰か否かで、180度違ったものになってくるのだ。ブッチがすでにピストルを手にしていたなら、狭い小屋になだれ込んできた官憲に発砲しなかったのは不自然だ。加えてボブはブッチに傷を負わせるまで4発も撃っているのだ。たとえその一発目が不発弾だとしても、ブッチが抵抗する時間は充分あったはずだ。

ボブは2発目も3発目も不発だったとも、他の保安官助手が邪魔で的がそれたとも言っている。それに対してブッチサイドがどう供述したか、記録は残っていない。

ボブが小屋の中にいるブッチに声をかけたというのも疑わしい。そんなことをすればブッチにガンベルト、ライフルなどを準備をする時間を懇切丁寧に与えているようなものだ。警告を発してから、銃撃に移行した、ブッチ逮捕劇に法的手抜かりはなかったと、裁判でシェリフ・ボブの保身のための供述だろう。

ブッチとアルの逮捕劇はさまざまなバージョンがあり、アウトロー学会?でも定説がない。

ともあれ、1892年4月2日、ブッチとアルは保安官ボブによって逮捕され、エヴァンソン(ユニータ郡)の監獄につながれ、それからランダーの町まで護送されたのだった。

-つづく

 

 

第35回:Butch Cassidy_ブッチとアルの保釈


TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部女傑列伝4
亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari