■フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部アウトロー列伝



佐野 草介
(さの そうすけ)



海から陸(おか)にあがり、コロラドロッキーも山間の田舎町に移り棲み、中西部をキャンプしながら山に登り、歩き回る生活をしています。

■貿易風の吹く島から
〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
[全157回]


第1回:いかにして西部劇狂になったか
第2回:ラストシーンで主人公が2人とも死ぬ西部劇
第3回:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
第4回:Butch Cassidy その2
第5回:Butch Cassidy その3
第6回:Butch Cassidy その4
第7回:Butch Cassidy その5
第8回:Butch Cassidy 少年時代
第9回:Butch Cassidy 法との係わり合い
第10回:Butch Cassidy 運命の出会い
第11回:Butch Cassidy 開拓時代の西部事情
第12回:Butch Cassidy 旅立ち
第13回:Butch Cassidy 泥棒砦
第14回:Butch Cassidy テリュライド
第15回:Butch Cassidy モンテローズ
第16回:Butch Cassidy_マットとの出会い
第17回:Butch Cassidy_マットとの出会い その2
第18回:Butch Cassidy_空白時代の伝説
第19回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行
第20回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行 その2
第21回:Butch Cassidy_代理保安官たちの追
第22回:Butch Cassidy_ナゾの第4の男
第23回:Butch Cassidy_モアブの渡し
第24回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク
第25回:Butch Cassidy_追う者と追われる者
第26回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク、バセット牧場
第27回:Butch Cassidy_ワイオミング
第28回:Butch Cassidy_流浪
第29回:Butch Cassidy_ジョンソンカウンティー
第30回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その1
第31回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その2
第32回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その3
第33回:Butch Cassidy_ブッチ誕生
第34回:Butch Cassidy_ブッチとアルの逮捕
第35回:Butch Cassidy_ブッチとアルの保釈
第36回:Butch Cassidy_ブッチとアルの裁判
第37回:Butch Cassidy_護送前夜
第38回:Butch Cassidy_ララミー刑務所
第39回:Butch Cassidy_ララミー刑務所 その2
第40回:Butch Cassidy_ブッチ、シャバに戻る


■更新予定日:毎週木曜日

第41回:Butch Cassidy_マットのもとで

更新日2007/08/02


ブッチはララミー刑務所を後にして、ユタ州ブラウンズ・パークのマットのもとへ直行した。

ブッチが裁判、続いて受刑と時を過ごしている間、マットはモルモン教徒で18歳になるローズ・モーガン(Rose Morgan)に一目惚れし、結婚し、ユタ州のブラウンズ・パーク、ダイヤモンド・マウンテンに小さな牧場を経営していた。結婚した時、ローズはマットがアウトローだとは知らなかったようだ。しかし、ローズはマットがお尋ね者であることを知ってからも、彼の元を去ることはなかった。

ローズとマットの間にはハイダ(Hayda)と名づけた娘ができたが、ハイダは後年、マットやブッチ、ワイルド・バンチのことを語り、貴重な証言をしている。

その時点でマットは、まだアウトロー、主に牛馬泥棒を続けていたようだ。もちろんローズはマットにまっすぐな道を歩ませようと懇願したに違いない。マットも次第にアウトローの生活から遠ざかるようになっていった。

マットはアウトローとして流れ歩き、娼婦を抱き、幾人かの女性、主に酒場の女性と短い期間暮らしたこともあったが、ローズにはぞっこん惚れ込んでいた。マットはもともと感情の量の多い、愛情豊かな人間だったのが、ローズに出会って具体的な対象を得たのだろう、ローズを心底から愛し、アウトローから足を洗い、真っ当な生活をつつましく暮らすことに幸せを感じ始めていたようだ。

だがそんな幸せは長続きはしなかった。

ローズは数年前から膝の痛みに悩まされていたが、辛抱強い開拓者の娘はそんな痛みを表面に出さなかった。どうにも隠し切れない痛みが続き、歩くことすら困難になり、やっと診察を受けさせたところ、ガンが進行しており、足を切り落とす以外生きながらえる方法がないと分かったのだ。

フォート・ドチェスン病院でローズは手術を受け、足を切り落としたのだった。だが、手術後の経過は思わしくなく、マットの待つダイヤモンド・マウンテンのキャビンで暮らすことなどできない相談だった。マットはローズをいつでも医者を呼べるヴェナル(Vernal, Utah)の町に住まわせることにしたのだった。

これが、ブッチがマットの元へやってきたときの状況だった。

ブッチはマットの牧場で暮らし始めた。牧場では仕事には事欠かなかったし、ヴェナルの町にローズに会いに出かけることが多いマットにとって、大助かりだったことだろう。マットは、牛馬泥棒の時代は終わり、ブッチに更生するよう勧めたが、ブッチはブラウンズ・パークで静かな人生を送るつもりはなかった。というのは、ヴェナルの町まで出かけ、アシュレイ・ヴァリー商会からピストル、コルト45を購入しているのだ。ブッチは良い馬、良い道具に凝る癖があった。

ここでも、執拗な探求者、アウトロー歴史家、バートン(BurtonのUnitah Countyによる)が、ピストルの由緒を突き止めている。この有名なコルト45は1895年に製造されたシリアル番号158402、カンサス州レーベンワースの鉄砲屋J. F. Schmeizerに送られ、そこからアシュレー・ヴァリー商会に売られ、それをブッチが購入した。

ブッチは、当時出回り始めていたダブルアクションを嫌い、シングルアクション(いちいち、撃鉄を起こしてから、引き金を引くタイプ)にこだわっていた。 このリボルバー、コルト45をめぐって40年後に論争が巻き起こるのことになる。

ブッチは新しい拳銃が至極気に入りグリップに自分の牧場のブランド、焼印を彫りこんでいる。


ブッチのコルト45……と言われている。
握りに彫り込まれているのがブッチのブランド。

このブラウンズ・パークで、ブッチはワイルド・バンチの右腕となる、エルジィ・レイ(Elzy lay)に出会っている。ブッチが1889年の冬を過ごしたバセット牧場でエルジィも牧童として働いていたのだ。エルジィは、今、写真で見るとどうしてこの男がそんなにもてたのか理解に苦しむが、恐らく写真では伝わらない物腰、優しさ、女性を安心させる何かがあったののだろう。

バッセト家の娘ジョジィは、「彼の漆黒の目から魅力が発散していた」と書き、続けて「私が出会ったなかで最高でかつ本当の紳士だった」としている。ブッチが出会った時、下の妹アンは11歳の小娘だったが、再会したときは18歳になっていた。

エルジィの本名はウイリアム・マックギィニス(William McGinnis)というが、どこの出身か定説はなく、ボストンともユタとも言われていたが、デュランティー(Jim Dullenty の Gentleman outlawによる)は、エルジィがオハイオ州、1868年11月25日に生まれで、エルジィ・レイのニックネームは少年時代の友だちの名をそのまま頂いたものだということを見つけたのだった。

いつも感心するのだが、いかなる分野でも執拗な研究者、探求者がいるものだ。このデュランティもジャーナリスト変じてアウトローの大家になった人物で、彼の勧めでブッチの妹ルーラ・パーカーの本も世に出たし、業界?で大きな論議の的になっているラリー・ポインターの本(In Search of Butch Cassidy)が出版に漕ぎつけたのも彼の功績だった。

現在、アウトロー学会?はNOLA;全米アウトロー、ローマン歴史学会 (National Association for Outlaw and Lawman History) と WOLA ;西部アウトロー、ローマン歴史学会(Western Outlaw-Lawman History Association)の2つに別れているが、その後派を創立させ、率いているのが でデュランティである。


エルジイ・レイ。
彼の静かな物腰が漂ってくるような写真だ。
だがコトに及んだ時は決然とした態度をとり、
拳銃の腕も乗馬技量も優れていた。

エルジィにはブッチに逢うまでは知られている犯罪暦はない。デンヴァーで市内馬車の御者をしているとき、酔っ払いが婦人客に絡んだのを、馬車の外に放り出し、怪我をさせたくらいがせいぜいで、お尋ね者になった公式記録はない。

また、エルジィはずば抜けた教養を身につけていた。中西部を駆け巡ったアウトローとしては例外的に"超"の付くインテリだった。エルジィは一冬ジョジィーと一緒に学校にまで通っている。おまけにエルジィはなかなかのシャレ者で、教養のある話し方、女性への接し方がワイルド・ウエストではめったにお目にかかることのないタイプだった。

エルジィ・レイといえばワイルドバンチのブレーンであり、女性の心を掴む男"Lady's man"として名を馳せたのだ。

-つづく

 

 

第42回:Butch Cassidy_我が友、マット


TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部女傑列伝4
亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari