■フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部アウトロー列伝



佐野 草介
(さの そうすけ)



海から陸(おか)にあがり、コロラドロッキーも山間の田舎町に移り棲み、中西部をキャンプしながら山に登り、歩き回る生活をしています。

■貿易風の吹く島から
〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
[全157回]


第1回:いかにして西部劇狂になったか
第2回:ラストシーンで主人公が2人とも死ぬ西部劇
第3回:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
第4回:Butch Cassidy その2
第5回:Butch Cassidy その3
第6回:Butch Cassidy その4
第7回:Butch Cassidy その5
第8回:Butch Cassidy 少年時代
第9回:Butch Cassidy 法との係わり合い
第10回:Butch Cassidy 運命の出会い
第11回:Butch Cassidy 開拓時代の西部事情
第12回:Butch Cassidy 旅立ち
第13回:Butch Cassidy 泥棒砦
第14回:Butch Cassidy テリュライド
第15回:Butch Cassidy モンテローズ
第16回:Butch Cassidy_マットとの出会い
第17回:Butch Cassidy_マットとの出会い その2
第18回:Butch Cassidy_空白時代の伝説
第19回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行
第20回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行 その2
第21回:Butch Cassidy_代理保安官たちの追
第22回:Butch Cassidy_ナゾの第4の男
第23回:Butch Cassidy_モアブの渡し
第24回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク
第25回:Butch Cassidy_追う者と追われる者
第26回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク、バセット牧場
第27回:Butch Cassidy_ワイオミング
第28回:Butch Cassidy_流浪
第29回:Butch Cassidy_ジョンソンカウンティー
第30回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その1
第31回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その2
第32回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その3
第33回:Butch Cassidy_ブッチ誕生
第34回:Butch Cassidy_ブッチとアルの逮捕
第35回:Butch Cassidy_ブッチとアルの保釈
第36回:Butch Cassidy_ブッチとアルの裁判
第37回:Butch Cassidy_護送前夜
第38回:Butch Cassidy_ララミー刑務所
第39回:Butch Cassidy_ララミー刑務所 その2
第40回:Butch Cassidy_ブッチ、シャバに戻る
第41回:Butch Cassidy_マットのもとで
第42回:Butch Cassidy_我が友、マット
第44回:Butch Cassidy_アイダホ州・モンペリエー その2
第45回:Butch Cassidy_友人マットを救え
第46回:Butch Cassidy_マットの裁判

■更新予定日:毎週木曜日

第47回:Butch Cassidy_銀行&列車強盗、全員集合

更新日2007/09/13


西部劇のテーマになる、華やかな列車強盗、銀行強盗の時代は意外と短い。カウボーイ・アウトローは1875年頃に出没し始め、1897年にピークに達し、1905年頃には終焉を迎えている。

このシリーズ連載のため当時のローカル紙を漁り、まず思い知らされたことはローカル紙の記事はそのまま信用できないことだった。町に一つしかない新聞は往々にして、社主、記者、編集者、販売員まで兼ねており、個性的でユニークだと言えなくもないが、史料として信頼するにはゴシップと主観が多く入り過ぎているのだ。

『西部銀行・列車強盗会議』が開かれたという記事を読んだ時も、たかだか十数人のアウトローたちがシーズンオフの冬場、隠れ家に集まった話を、広げただけだと思っていた。第一、学研的なアウトロー史家はこの会議に触れていないではないか。

ところが、どうも「西部銀行列車強盗総集会」は実際に開かれていたようなのだ。場所はブッチ・ポイントとして知られるブラウンズパークで、1886年の8月18日に200人以上ものアウトローが一同に会したというのだ。おまけになんとジャーナリストまで招待して。

全員集合をかけたのはブッチ・キャサディで、彼は“列車強盗シンジケート”(Train Robbers Syndicate)と名付けようとしたが、後にジャーナリズムが名付けた“ワイルド・バンチ”(Wild Bunch、野生児たちの集団とでも訳せば当たっているだろうか)の方が通りが良かったのか、カウボーイあがりのアウトローはもっぱらワイルド・バンチと呼ばれるようになった。

この集会にホールインザウォールのアウトロー代表として“つぶれた鼻”のジョージ・キャリー、キッド・キャリー、サンダンス・キッズ。パワースプリングギャング団からはディック・ベンダー。また、ブルーマウンテン及びロバーズルーストアウトローグループの代表として、モンペリエーで一仕事してきたばかりのブッチ、エルジー、バブらが参加していた。まさにソウソウたるメンバーだ。

ブッチの呼びかけに応じて200人以上のアウトロー、お尋ね者や人殺しなどの犯罪人が馳せ参じてきたことの方に私には興味がある。陽に焼け、無精ヒゲをはやした汗臭いアウトローどもが広々とした荒野を砂塵を舞い上げて馬を駆けさせている情景を髣髴とさせ、愉快な気分になるのだ。

1896年当時、すでにブッチの名と人徳はアウトローの間で知られており、あいつなら信用できると思われていたのだろう。そうでなければ200人以上の一癖も二癖もある荒くれ無法者を集めることはできなかっただろう。


ここから、信用できないと断言したローカルジャーナリズムの話を受け売りするのを許してもらいたい。と言うのは、あまりによくできた話なので無視するのはもったいなく、史実ではないかもしれないが、神話の持つ伝説的真実の一面があると思っている。娯楽西部劇でも見るつもりで読み飛ばしてもらいたい。

集会で誰をボスにするかが議題になった。キッド・キャリーとブッチが有力候補で、アウトローはこの2派分かれ、両者の間に緊張した空気が流れた。ブッチの機転が触発の危機を救った。来年の同日にまた集まろう、それまでにもっともあざやかに、数多くの銀行、列車強盗をやった方をシンジケートのボスとして選ぶことにしようと、ブッチが提案したと言うのだ。1年間の期限付き強盗をオリンピックのスポーツ感覚で競うのだ。事実、1896年から翌年にかけてワイルド・バンチの活躍はピークに達する。

そして、翌1897年8月18日に第2回アウトロー大会がブラウンズパークで開かれた。結果は明らかだっだ。ブッチ、エルジーグループは幾つかの列車強盗を成功させたうえ、ユタ州キャッスルゲイトで鉱夫たちの給料を輸送していた列車を襲い、鮮やかな成功を収めたのだ。

一方のキッド・キャリーは、“つぶれた鼻”のジョージ、サンダンス・キッズや他の仲間数人とサウスダゴダ州、ベレフォーシェの銀行を襲ったが追跡者に捕まり、その後脱獄し、顔が割れ、首に賞金が掛かった正式のお尋ね者になった。

それでもアウトロー大会に出席しようとキッド・キャリーは、仲間75人を引き連れてワイオミング州を通り抜けブランズパークへやってきたのだった。このホールインザウォールギャング団の行進をさしたる事件のない途中の町の新聞がセンセーショナルに伝えている。目撃者も多く、この行進は語り継がれ、話の中で、年々行進の規模が大きくなっていくことは致し方ない。

こうして第2回アウトロー大会でブッチが会長になったというのが当時のジャーナリズムのオハナシだ。

そんな職があったとしてだが、会長といっても何の役得があるわけではなかった。強盗は少人数3、4人で行われるのが常だし、分け前も等分した。ただ計画を立て、現場(強盗の)を仕切るのだけがボス格の役目で、総元締めになったからといって現実的なウマミは何もないのだ。

何のために、一網打尽の危険を犯してまで泥棒たちが全員集合したのか、議事録?が残っていないので分からない。ワイルド・バンチには縄張りなどは存在せず、従って縄張りをめぐっての取り決め、割拠ではなかったことは確実と言ってよいだろう。タダの親睦会というわけではあるまい。一つには情報を交換し、より安全で効率のよい銀行強盗や列車強盗を目指そうとしたことは想像できる。

ブッチがアウトロー全員集合を呼びかけたのは、丁度開戦したばかりの米西戦争にアウトロー師団を組織し参加するのと引き換えに、参戦するアウトローたち全員の恩赦をブッチが合衆国政府と交渉していたからだとどこかで読んだが、今どこを探してもその資料を見つけることができない。

FBIさえ組織されていなかった当時、州の犯罪人に対し合衆国政府が恩赦を与えることなどできない相談だったのだが、いかにもブッチならやりそうなことだという感は残る。

-つづく

 

 

第48回:Butch Cassidy_一枚の写真


TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部女傑列伝4
亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari