■フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部アウトロー列伝



佐野 草介
(さの そうすけ)



海から陸(おか)にあがり、コロラドロッキーも山間の田舎町に移り棲み、中西部をキャンプしながら山に登り、歩き回る生活をしています。

■貿易風の吹く島から
〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
[全157回]


第1回:いかにして西部劇狂になったか
第2回:ラストシーンで主人公が2人とも死ぬ西部劇
第3回:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
第4回:Butch Cassidy その2
第5回:Butch Cassidy その3
第6回:Butch Cassidy その4
第7回:Butch Cassidy その5
第8回:Butch Cassidy 少年時代
第9回:Butch Cassidy 法との係わり合い
第10回:Butch Cassidy 運命の出会い
第11回:Butch Cassidy 開拓時代の西部事情
第12回:Butch Cassidy 旅立ち
第13回:Butch Cassidy 泥棒砦
第14回:Butch Cassidy テリュライド
第15回:Butch Cassidy モンテローズ
第16回:Butch Cassidy_マットとの出会い
第17回:Butch Cassidy_マットとの出会い その2
第18回:Butch Cassidy_空白時代の伝説
第19回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行
第20回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行 その2
第21回:Butch Cassidy_代理保安官たちの追
第22回:Butch Cassidy_ナゾの第4の男
第23回:Butch Cassidy_モアブの渡し
第24回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク
第25回:Butch Cassidy_追う者と追われる者
第26回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク、バセット牧場
第27回:Butch Cassidy_ワイオミング
第28回:Butch Cassidy_流浪
第29回:Butch Cassidy_ジョンソンカウンティー
第30回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その1
第31回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その2
第32回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その3
第33回:Butch Cassidy_ブッチ誕生
第34回:Butch Cassidy_ブッチとアルの逮捕
第35回:Butch Cassidy_ブッチとアルの保釈
第36回:Butch Cassidy_ブッチとアルの裁判
第37回:Butch Cassidy_護送前夜
第38回:Butch Cassidy_ララミー刑務所
第39回:Butch Cassidy_ララミー刑務所 その2
第40回:Butch Cassidy_ブッチ、シャバに戻る
第41回:Butch Cassidy_マットのもとで
第42回:Butch Cassidy_我が友、マット
第44回:Butch Cassidy_アイダホ州・モンペリエー その2
第45回:Butch Cassidy_友人マットを救え
第46回:Butch Cassidy_マットの裁判
第47回:Butch Cassidy_銀行&列車強盗、全員集合

■更新予定日:毎週木曜日

第48回:Butch Cassidy_一枚の写真

更新日2007/09/20


カウボーイあがりの強盗団、ワイルド・バンチの面々は写真に納まるのが好きだった。

その写真が指名手配用のポスターに使われたりして、自己顕示欲をくすぐる以外は決して本人のトクにはならなかったのだが、ともかく彼らは銀行員かビジネスマン風に、ポットでの田舎紳士よろしくビシッと決めて写真に撮られたがっていた。

早く言えば田舎モノの見栄、気取りが、西部にやっと出回り始めた写真を彼らに撮らせたのだ。彼らがカウボーイスタイルで馬に跨った写真はほとんどない。今都会から西部に流れてくる観光客が、ゴーストタウンならぬ映画のロケ地のようなにわか造りの町で、テンガロンハットにガンベルト、カウボーイブーツの写真用貸衣装に身を固め、写真に納まるのと同じ感覚だ。そのおかげで今こうして、ワイルド・バンチの面々の面影を知ることができるのだが。

当時、大きな機材を馬車に積み、田舎町を流していた写真屋が結構いて、村に写真屋が来ると思いっきり正装し、高いお金を払って写真に納まる御仁がたくさんいた。

この一枚の写真を見るまで、ワイルド・バンチの総会自体を眉唾だと思っていた。これはワイルド・バンチの、ブッチ一派19人勢ぞろいしたときのもので、場所はスティームボートスプリング、1896年の第1回銀行&列車強盗総会の後でブッチ一派だけがどこかのサロンバーに集まり撮ったものだと言われているが確証はない。誰を取っても一つの物語りになり、ハリウッド仕立ての映画の主人公になれそうな、実に壮壮たるメンバーがここに集結している。

個性的な面構えではあるが、ここに根っからの悪人ズラはいない。

左から

A. 名称不明の人物。

B. クレオパス・ドウヅ(1856-1898)。語学の天才、7ヵ国語を自由に操り、加えてインディアンの方言にも通じていた。牧師、説教師、ガンファイター、牧場主、賞金稼ぎの探偵、USマーシャルにまでなったが、彼の激しい気性に反発する仲間も多かった。

C. ビル・マッカティもしくはハリー・ロンガボーン(サンダンス・キッズ)。どちらとも確定できていない。サンダンス・キッズにしては顔が丸く、顔だけから判断すれば、ビル・マッカティに似ているように思える。しかし、この写真が1886年のものだとすれば、ビル・マッカティは1883年のデルタ銀行襲撃に失敗し、撃ち殺されているので謎は残る。

D. 小さめの山高帽をチョコンと頭にのせたブッチ。サンダンス キッヅの肩に手をかけている。

E. バート・チャーター。ワイルド・バンチでは小者で終始したが、ブッチがサンダンス・キッズと共に南米で殺されたと一般に信じられてから久しい1925年にブッチに出会ったと証言し、ブッチ伝説を蘇らせた人物。

F. トム・マッカティ。ブッチ、マットとともにテリュライドの銀行強盗をやってのけた。その後、デルタの銀行強盗に失敗し、逃げ果せたが、二度と直接強盗に加わることがなかった。トンプソン峡谷(ユタ州)にある彼の息子の牧場に隠棲し、後にカルフォルニアで亡くなった。回顧録を書いている。

G. ブルー・ジョン・グリッフス。ただ一人ヨレヨレなカウボーイスタイルで写っている。彼がブッチと初めて出会ったのはテリュライド銀行襲撃以前(準備期間?)の南コロラド、サンフアン連山にあるチャールスリー牧場でのことで、その後何度か隠れ家や馬をブッチグループに提供していた。生涯、ロバーズルースト(南ユタ州)を基地に牛、馬の泥棒として過ごした。

H. エルジー・レイ。ブッチが一番信用していたワイルド・バンチのブレーン。

I. "つぶれた鼻"のジョージ・キャーリー。この写真では潰れた大きな鼻はよく見えない。ブッチとワイルド・バンチの統率権を争った…ことになっている。

J. "背高ノッポのテキサス人"ベン・キルパトリック。テキサスの5人組として有名になった写真にブッチと納まり、彼のマッチョ、ハンサムぶりが知れ渡った。1912年3月13日、テキサス州サンダーソンの列車強盗に失敗し、オーレ・バックと共に射殺される。

K. ジャック・ライアン。ワイオミング州の南、コロラドとの州境近くの町バッグスに"ブルドック・サローン"を持っていた。ワイルド・バンチ・シンパのサローンバー・オーナー。

L. ローニー"カリー"ローガン。ハーヴィー・ローガンの弟。ウイルコックス列車強盗、ウイナムッカ銀行強盗に加わったといわれている。1900年2月ミズリー州、ドッドソンでシェリフに射殺される。

M. ジョン"カリー"ローガン。ローガン3兄弟の一人と言われている。

N. ハーヴィー"キッズ・カリー"ローガン。カリー3兄弟のボス格、ワイルド・バンチで一番タフな乱暴者。脱獄を繰り返し、ブッチ、サンダンスのいる南米に行った(行くつもりだった?)とも言われている。しかし、1903年7月7日、コロラド州パラシュウート近くで、ブッチ・スタイルの列車強盗があり、2日後追跡者グループに射殺された犯人の一人がキッズ・カリーだと判明した。検死の結果は揺れ動き、キッズ・カリーは南米に逃げ落ちととする者もいる。

O. マット・ワーナーとされている。が、マットは1886年には裁判の最中であり、保釈になった記録がないから、この写真が1886年もしくはそれ以降だとすると、つじつまが合わない。

P. 名称不明の人物。

Q. ジョン・ヘンリー。ブラウンホールのメンバー、1897年6月15日、田舎町の雑貨屋を襲い123ドルを奪った。

R. トム・ヴェルノン。ワイオミング州、バッグスの街の非公式?町長。

S. 名称不明の人物。

推測の域を出ないが、この写真はワイオミング州のバッグス(Baggs)という街の"ブルドック・サローン"の前で撮ったものだと思われる。

この写真の撮られた年月、場所を確定し、それを証明し、加えて名前の分からない人物が判明すれば、来年のアウトロー学会でセンセーショナルな発表となること請け合いなのだが…。 

-つづく

 

 

第48回:Butch Cassidy_1986年の冬


TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部女傑列伝4
亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari