■フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部アウトロー列伝



佐野 草介
(さの そうすけ)



海から陸(おか)にあがり、コロラドロッキーも山間の田舎町に移り棲み、中西部をキャンプしながら山に登り、歩き回る生活をしています。

■貿易風の吹く島から
〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
[全157回]


第1回:いかにして西部劇狂になったか
第2回:ラストシーンで主人公が2人とも死ぬ西部劇
第3回:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
第4回:Butch Cassidy その2
第5回:Butch Cassidy その3
第6回:Butch Cassidy その4
第7回:Butch Cassidy その5
第8回:Butch Cassidy 少年時代
第9回:Butch Cassidy 法との係わり合い
第10回:Butch Cassidy 運命の出会い
第11回:Butch Cassidy 開拓時代の西部事情
第12回:Butch Cassidy 旅立ち
第13回:Butch Cassidy 泥棒砦
第14回:Butch Cassidy テリュライド
第15回:Butch Cassidy モンテローズ
第16回:Butch Cassidy_マットとの出会い
第17回:Butch Cassidy_マットとの出会い その2
第18回:Butch Cassidy_空白時代の伝説
第19回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行
第20回:Butch Cassidy_テリュライド、サンミゲル銀行 その2
第21回:Butch Cassidy_代理保安官たちの追
第22回:Butch Cassidy_ナゾの第4の男
第23回:Butch Cassidy_モアブの渡し
第24回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク
第25回:Butch Cassidy_追う者と追われる者
第26回:Butch Cassidy_ブラウンズパーク、バセット牧場
第27回:Butch Cassidy_ワイオミング
第28回:Butch Cassidy_流浪
第29回:Butch Cassidy_ジョンソンカウンティー
第30回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その1
第31回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その2
第32回:少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争 その3
第33回:Butch Cassidy_ブッチ誕生
第34回:Butch Cassidy_ブッチとアルの逮捕
第35回:Butch Cassidy_ブッチとアルの保釈
第36回:Butch Cassidy_ブッチとアルの裁判
第37回:Butch Cassidy_護送前夜
第38回:Butch Cassidy_ララミー刑務所
第39回:Butch Cassidy_ララミー刑務所 その2
第40回:Butch Cassidy_ブッチ、シャバに戻る
第41回:Butch Cassidy_マットのもとで
第42回:Butch Cassidy_我が友、マット
第44回:Butch Cassidy_アイダホ州・モンペリエー その2
第45回:Butch Cassidy_友人マットを救え
第46回:Butch Cassidy_マットの裁判
第47回:Butch Cassidy_銀行&列車強盗、全員集合
第48回:Butch Cassidy_一枚の写真

■更新予定日:毎週木曜日

第49回:Butch Cassidy_1986年の冬

更新日2007/09/27


銀行強盗、列車強盗にも旅行のようにハイシーズン、オフシーズンがあったことは前に書いた。全西部銀行列車強盗会議の後ブッチグループはブラウンズパークに散り、鳴りをひそめた。

アメリカの祭日にサンクス・ギビングというのがある。アメリカに到着した清教徒移民団が一年目の収穫を祝ったのがその始まりで、サンクス・ギビングは本格的な冬に突入する日であり、その日からはクリスマスまでを指折り数えて待つだけの長い夜の日々が続くだけになる。サンクス・ギビングにはお決まりの七面鳥の丸焼きが供される。収穫祭だから、親戚一同だけでなく、小さな村なら村民全員が集まる会食になることも珍しくなかった。

ブッチたちが集まったのはバッセット家で、その年のサンクス・ギビングパーティーの模様をアン・バセットがマックルアーに語っている(Bassett Women by McClure)。ブッチはエルジーなど数人を引き連れてバセット家を訪れ、恐らく久しぶりであったろう家庭料理で大きな食事を楽しんだ。アンは、ブッチがしきりに台所を手伝おうとしたが、ブッチは台所では全くの役に立たずで、それならばとコーヒーを入れ、皆にサービスするように頼んだところ、ブッチはコーヒーをそこらじゅうにこぼし、皆の失笑をかったとユーモラスに語っている。

ブラウンズパークの厳しい冬を逃れ、ブッチたちはユタ州南のロバーズルースト峡谷でその冬を過ごした。ブッチはエルジーと新婚早々の妻マウドと共にロバーズルースト峡谷でテント暮らしを始めた。この年、ロバーズルーストにはボブ・ミークス、ブルー・ジョン・グルフィス、そしてサンダンス・キッズも居たと、後年マウドがに娘に語っている。そのマウドの話の中に、ブッチはその冬一人の女性と一緒で、そしてその女性はエッタ・プレイスだと確信に満ちて語っているのだ。


エッタ・プレイス、1901年にニューヨークで撮った写真。
サンダンス・キッズの愛人。丸顔に深く沈んだ目を持つ美人だ。

話は古いが、谷崎潤一郎が佐藤春夫の妻を譲り受け?事件が文壇を賑わしたことがあった。秘められた三角関係とはせずに、両者とも一種の声明文を発表し、いわば公明正大にトリヒキをしたのだ。この話が古過ぎるならエリック・クラプトン(イギリスのロック・ギターリスト)は、ビートルズのジョージ・ハリソンの奥さんと結婚し、その後もエリック・クラプトンとジョージ・ハリソンは一緒に演奏活動を続けている。

1896年の冬、ロバーズルーストでブッチと一緒だった女性が、後にサンダンス・キッズの愛人となり、3人連れで南米まで行ったのがエッタ・プレイスだった可能性はある。多くのアウトロー学者は1896年の冬、ブッチの元にいたこの女性がエッタであったかどうか懐疑的である。それならば誰だったのか、バセット家のアンではなかったかという意見が多いが、確証はない。

確かにアンは向こう見ずな冒険好きな性格を持ち、後にクイーン・アンとして知れ渡たったようにアウトローの生活を送ったので、アンがブッチの居るロバーズルーストに飛び込んで行った可能性が高いというのだ。いずれにせよ、アン、エッタ、ブッチに直接訊くことができない今、一冬の女性が誰であったか証明することは不可能なことだ。


アン・バセット。
東部の全寮制の女学校で教育を受けたにもかかわらず、
ブラウンズパークに戻ってから、アウトローシンパとなり、
自らも牛や馬の泥棒にかかわっていた。
この写真がいつ撮られたものか不明だ。
恐らくは東部から持ち帰った羽根付きの帽子をかぶっている。

もう20世紀に入ろうという世紀末になっても、西部ではとりわけ大きな町から一歩離れると女性の数は極端に少なかった。はっきりとした男女の比率などは分からないが推定で5対1くらいだったと言われている。そのような不均衡はどんな動物の世界でも闘争を生むものだ。

カウボーイたち、金山銀山や炭鉱の鉱夫たち、フロンティアに詰める騎兵隊など、いずれも男だけの世界だった。一夫多妻とは逆の一妻多夫は珍しいことではなかったし、メインストリートが一本走るだけのちっぽけな町にも必ず娼婦がたむろするサロンバーがあり、血走った男どもの欲求を満たしていた。若い女性の誘拐売買も行われていた。

娼婦は当然のことだが、自分の過去を語りたがらない。結婚し子供や孫ができるとことさら、私はどこそこで娼婦だったとは言わないものだ。そしてアウトローたちが付き合っていた女性の大半は娼婦だった。アン・バセットやエルジーと結婚したマウド・デイビス、マットと結婚したローズなどは例外中の例外といってよい。

ブッチは1896年の冬、"謎の女性"と過ごし、春が訪れるとともに、シーズン到来とばかりに、本業の銀行列車強盗に乗り出していった。

 

-つづく

 

 

第50回:Butch Cassidy_キャスル・ゲイト その1


TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部女傑列伝4
亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari