のらり 大好評連載中   
 

■ジャック・カロを知っていますか? ~バロックの時代に銅版画のあらゆる可能性を展開した天才版画家とその作品を巡る随想



更新日2022/03/24
 

 

第22回:ロレーヌ公国での仕事


トスカーナ大公のコジモ二世の死去によって、お抱え版画師としての職を失いナンシーに戻ってきたカロでしたけれども、それは単にナンシーが故郷だからということだけではなかったでしょう。

花の都のフィレンツェを舞台に大公に気に入られて活躍してきたカロであってみれば、またナンシーで宮廷のお抱え紋章官の仕事をしていた父を持つカロであってみれば、ロレーヌ大公が自分をお抱えの版画師として雇ってくれるに違いないと、当然のことながら思ったでしょう。

ところが現実は、カロの思惑通りにはなりませんでした。すでにそのような仕事についていた人がいたからということもあって、カロには一向にお声がかかりませんでした。

第一、ルネサンスという歴史的な文化ムーヴメントの中心だったフィレンツェのコジモ二世と、大国の狭間で衰退し、しかも跡を継ぐべき男子がいなかったために後継問題で何かと悩みの多かったナンシーのアンリ二世とでは、文化や芸術に対する関心そのものが比較になりませんでした。

カロの実家もすでに傾いていましたから、食べていくためには自分でなんとかするしかありません。そんなわけでカロは、フィレンツェ時代の版画を大量に復刻して売ったり、自分の関心を引いたテーマを作品化したりしていました。幸いなことに物乞いをする人たちなどを描いた前作が、人々の間でことのほか評判になり、独立した版画家として生きていく目処も多少はたち、またロレーヌ公国の現状や内部事情などが次第に分かってきたからでしょう、カロは自分を売り込むために、ちょっとしたプロモーションを行いました。

大公の側近で多大な影響力を持ち、アンリ二世から公爵の称号を授けられて公国の軍事司令官に任命されていたファルスブール公が前線で指揮をとる華麗な騎馬姿の特大サイズの版画『ファルスブール公の肖像』(28.8㎝×33.9㎝)をカロは1622年に描いたのです。

ファルスブール公、ルイ・ド・ロレーヌはアンリ二世の信任が厚く、後継がいなかったアンリ二世は、彼と娘のニコルを結婚させて次期大公にしようとしていたくらいですから、ファルスブール公はプリンスと呼ばれ、統治手腕がなかったアンリ二世に代わって宮廷の実権を掌握していた人物です。

この版画の効果はてきめんでした。華麗な姿に描かれたファルスブール公の進言があったからでしょう。カロは1623年に大公から、3年間の期限付きとはいえ、かなりの額の年金をもらえることになりました。年金は実際には大量の麦で支払われましたが、カロはそれをすぐに売り、これでなんとかなると思ったのか、市内の中心部に家を借り、良家の娘カトリーヌ・キュタンジュと結婚までしました。

ファルスブール公に気に入られ、大公から年金までもらえるという身分になったわけですから、人々のカロに対する評価も、たちまち大きく変わったに違いありません。芸は身を助けるとはまさにこのことですが、この版画にはカロの得意技がしっかりと用いられていてサービス精神も満載です。

22-01
ファルスブール公の肖像


近景には躍動的な馬を駆る華麗な騎馬姿のファルスブール公を描き、遠景では無数の兵士たちが戦いを繰り広げている様子を描いています。絵の下には公爵への献辞が彫り込まれていますが、その中にちゃっかり「偉大かつ賢明なアンリ大公」という文言を入れる程のサービスぶりです。でもそれで年金を頂けることになったのですから十分すぎるほどの見返りです。カロの作戦勝ちというところでしょうか。

しかしそれでフィレンツェ時代のようにいろんな仕事を宮廷から依頼されたかといえば、全くそうではありませんでした。何しろロレーヌ公国は衰退しきっていました。そんなわけでカロが依頼されたのは、偽の貨幣をつかまされないよう大公が公国内の両替屋に配った、公式の貨幣を正確に彫った版画の制作でした。


22-02
公式貨幣の版画制作



カロほどの技術があればこんな仕事は朝飯前です、というか、カロの技術を評価したからこその依頼で、これはこれで公国にとって重要な仕事ではあったかもしれませんが、しかしカロにしてみれば、特に面白みのある仕事というわけではなかったでしょう。

同じ公国を名乗ってはいても、トスカーナと故郷のロレーヌの現実と文化度の違いにカロは呆然としたでしょう。だから若くしてフィレンツェに行ったのだとも思い、過ぎ去ってしまった良き時代のことが、しばしば脳裏をよぎりもしたでしょう。

それに加えて、まがりなりにも自分に年金をくれたアンリ大公が1624年に亡くなってしまい、公国は大公の娘のニコルが継ぎますが、その正当性を巡って内輪揉めが始まり、カロが請け負う仕事などあるはずもありません。

ナンシーに戻ってからしばらくは猛烈な勢いでフィレンツェ時代の作品を復刻して自らの技量を周囲に示したり、『男爵大将』のように現実に密着した、この時期ならではの作品を創ったりしたカロでしたが、これ以降しばらく、あまり仕事をしていません。


-…つづく


 

 

 back第23回:ロレーヌの貴族たち

このコラムの感想を書く


谷口 江里也
(たにぐち・えりや)
著者にメールを送る

本や歌や建築、さらには自治体や企業のシンボリックプロジェクトなどの、広い意味での空間創造を仕事とする表現哲学詩人、ヴィジョンアーキテクト。
主な著作に『鏡の向こうのつづれ織り』『鳥たちの夜』『空間構想事始』『天才たちのスペイン』、主な建築作品に『東京銀座資生堂ビル』『ラゾーナ川崎プラザ』『レストランikra』などがある。
なお音楽作品として、シンガーソングライター音羽信の作品として、アルバム『わすれがたみ』『OTOWA SHIN 2』などがある。

アローAmazon 谷口江里也 著作リスト

アロー未知谷 刊行物の検索 谷口江里也
アローElia's Web Site [E.C.S]


■連載完了コラム
明日の大人ちのためのお話[全12回]

鏡花水月 ~ 私の心をつくっていることなど (→改題『メモリア少年時代』[全9回+緊急特番3回] *出版済み

ギュスターヴ・ドレとの対話 ~谷口 江里也[全17回]

『ひとつひとつの確かさ』~表現哲学詩人 谷口江里也の映像詩(→改題『いまここで  Here and Now』) [全48回] *出版済み

現代語訳『枕草子』 ~清少納言の『枕草子』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳 [全17回]

現代語訳『方丈記』~鴨長明の『方丈記』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語訳に翻訳 [全18回]

現代語訳『風姿花伝』~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳 [全63回]


岩の記憶、風の夢~my United Stars of Atlantis [全57回]
*出版済み

もう一つの世界との対話~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ [全24回]
*出版済み

鏡の向こうのつづれ織り~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空 [全24回]
*出版済み

随想『奥の細道』という試み ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ [全48回]
*出版済み

バックナンバー
第1回:ジャック・カロを知っていますか?
第2回:カロの最初の版画
第3回:ローマでのカロ
第4回:フィレンツェでの幸運な出会い
第5回:最初の公的な仕事
第6回:地獄絵図
第7回:愛のキューピットがトスカーナにやってくる
第8回:祝祭都市フィレンツェ
第9回:ジャック・カロの発見
第10回:独自の路を歩み始めたカロ
第11回:劇的空間
第12回:聖アントニウスの誘惑
第13回:版画集『きまぐれ』
第14回:トスカーナの風景
第15回:三人の役者
第16回:聖地巡礼報告書
第17回:トスカーナの暮らし
第18回:ボヘミアン
第19回:スフェサニアの舞踏
第20回:異形の人々
第21回:男爵大将

■更新予定日:隔週木曜日