のらり 大好評連載中   
 
■のらりメールマガジン <サンプル>

=========================================================
【のらり】更新ニュース …………………… 2020.02.27
  ~各界異彩のコラム満載~ http://www.norari.net/
=========================================================
◎今週から新連載がスタートしました。
新連載コラム『鏡花水月~私の心をつくっていることなど』
当コラムの『ギュスターヴ・ドレとの対話』の著者である谷口 江里也氏が
日々の中でふと想い出したことなどをエッセイの形式で、独自のELIAワー
ルドに誘ってくれます。隔週木曜日更新予定です。乞うご期待!(編集部)
---------------------------------------------------------
■新・汽車旅日記
  ~平成ニッポン、いい日々旅立ち 
  第705回「真夏に美味しい、ほうれん草の…… - 美祢線 厚狭~於福 -」
宇部から海沿いを遠回りして新山口駅に着いて、また山陽本線の下り電車に
乗った。こんどは宇部より先、小野田よりも先の厚狭へ行く。09時41分発の
電車に乗って、厚狭着は10時13分。約30分の車中は気を抜いて休憩だ。ぼ
んやりと景色を眺める。田園地帯から谷に入る。日差しが強まって森の緑色
が鮮やかになる。何度も通って、何度も良い景色だ。この電車の車掌は女性
で、車内放送の声がハスキー気味でカッコいい。ジャズを歌ったら人気が出
そうだ。三度目の宇部を過ぎ、二度目の小野田も過ぎて厚狭に着く。ここか
ら美祢線で中国山地へ向かう。跨線橋を渡った先、1番のりばに1両のディー
ゼルカーが停まっている。これが美祢線の長門市行きだ。乗降口から車内を
覗けば、すでに満席であった。発車まで約20分あるから、いったん改札を出
て厚狭駅の写真を撮って戻った。頬を叩いて眠気を飛ばす。未乗区間だから
ちゃんと景色を観たい。しかし左右の窓の日よけはすべて降りている。
杉山 淳一      2020/02/27掲載

■イビサ物語
~ロスモリーノスの夕陽カフェにて 
第106回「ハマると怖い“カジノ狂騒曲”」
イビサにカジノを持ち込む計画が持ち上がった時、それはそれは賑やかに世
論が沸きました。第一、カジノなどはヨーロッパ中どこにでもあり、とてもカジノ
で観光客を呼べる可能性は微塵もなく、太陽とビーチ、ナイトライフはディスコ、
クラブと申し分ないほど整っているのだから、何を今更カジノでもないだろう、
それにイビサに来る北ヨーロッパ人の誰がワザワザそんなところに行くものか…
と、反対論の方が圧倒的に強かったのですが、隣の島マジョルカにも、アンダ
ルシアのマルベージャにも、マドリッド、バルセローナにも、続々とオープンした
のに、イビサも時勢に乗り遅れまいとしたのでしょうか、港の対岸、ディスコ『パ
チャ』と『チャーリー・マックス』の間に割り込むように、カジノ、サラ・デ・フィエス
タ(フラメンコや奇術を観ながら食事ができるパーティールーム)、レストランを
含んだ立派なカジノが建てられたのでした。どこから回ってきたのか記憶にな
いのだが、地元で観光客相手の…
佐野 草介      2020/02/27掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から  
第647回「日常的なアメリカの悲劇……」
日本でも、コンビニ強盗は、誰も注意を払わない日常茶飯事で、新聞にも載ら
ず、アッ、またかで終わる事件でしょうね。アメリカでも毎日何百件と発生して
いることなので、全米の統計とか、町ごとに年に何回そんな事件が起こってい
るのか正確な統計すらありません。時折、監視カメラに映った間抜けなコンビ
ニ強盗が、タバコだけ盗って逃げようとしたところ、緊急ボタンで施錠されたガ
ラスドアに頭をぶつけ、ノビテしまった映像がテレビのトピックスで笑いの種の
ように放映されるだけです。コンビニ強盗はレベルが低い犯罪で、知能の低い
人が衝動的に犯すことが多いのだそうです。お店の方も、モノを壊されたり、
キャッシャーが怪我をするより、スンナリと現金を渡すよう指導していると言い
ます。あまりにも何度も強盗に入られるので、怒り天に達したコンビニのオー
ナ ーが、万引き犯をピストルで撃ち殺す事件が起こり、犯人が黒人の未成年
者、撃った店のオーナーが韓国系のアメリカ人だったので、奇妙な人種問題
に発展した例もあります。私が勤めていた大学のある町は人口12万人、主な
産業が…
Grace Joy(グレース・ジョイ)   2020/02/27掲載

※【新連載】 スタート!
■鏡 花 水 月
~ 私の心をつくっていることなど  
第1回「ベージュのすみか」
ベージュが、今日も満足げな表情で得意そうに、穴から出てあたりを見わたし
ていた。ベージュというのは、身長が十センチくらいの小さなトカゲで、体の色
がベージュ色なので私が勝手に付けた名前だが、ベージュは人間たちがひし
めきあって住む十五階建てのマンションの、舗装された駐車場にあいた小さな
穴をねぐらにしていて、ほとんどいつでもその回りにいる。その穴の上を一日に
何台の車が通るのかはわからない。穴は駐車場からマンションの外に出るた
めの通路のあたりにあるので、おそらくその近くに車を停めているおよそ三十
台程度の車が、出入りのたびに穴の上を通ることになる。危険はないのかと
思ってもみるが、しかし考えてみれば、朝晩を除いて昼間の間、駐車場には
ほとんど動きはないので、その時間さえ気をつければ特に危険はないのかも
しれない。車から出た人とマンションをつなぐ路は別にあるので、ベージュのす
みかのあたりを人が通ることは日中ほとんどなく、そのあたりで子どもが遊ん
でいるのも見たことはない。穴の大きさは直径がせいぜい二、三センチくらい
で、まわりはコンクリート舗装だから…
谷口 江里也      2020/02/27掲載

「のらり」http://www.norari.net/ <毎週木曜日更新>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※「のらり」更新ニュースの配信中止希望は下記のサイトで
http://www.norari.net/ →更新ニュース→メールアドレス入力→「退会」
【ご意見・お問合せ】mail@norari.net
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行:のらり編集部 mail@norari.net  http://www.norari.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコラムの感想を書く


バックナンバー

■更新予定日:毎週木曜日