■フロンティア時代のアンチヒーローたち ~西部アウトロー列伝 Part2



佐野 草介
(さの そうすけ)



海から陸(おか)にあがり、コロラドロッキーも山間の田舎町に移り棲み、中西部をキャンプしながら山に登り、歩き回る生活をしています。


■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝

[全151回]

■貿易風の吹く島から
~カリブ海のヨットマンからの電子メール

[全157回]

■更新予定日:毎週木曜日



第1回:怪盗"PO8" その1

 

「のらり文庫」Kindle版
JJames
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Amazon Direct Publishing
価格 ¥400(税込)


billy
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Amazon Direct Publishing
価格 ¥400(税込)


Earp-covr
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Amazon Direct Publishing
価格 ¥300(税込)


butch&sandance
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Amazon Direct Publishing
価格 ¥500(税込)

carib
貿易風の吹く島から
~カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Amazon Direct Publishing
価格 ¥400(税込)

grace
グレートプレーンズのそよ風
~アメリカ中西部今昔物語

Amazon Direct Publishing
価格 ¥300(税込)

 

第2回:怪盗"PO8" その2

更新日2006/11/05


詩人の怪盗ブラック・バートが、犯行現場に残していった詩は……

   I've labored long and hard for bread
   for honor and for riches
   But on my corns too long you've tred
   You fine haired son of Bitches
   Black Bart
   The PO8
   Driver, give my respects to our friends, the other driver
   But I really had a notion to hang my old disguise hat
    on his weather eye

というようなもので、およそ詩心ない私でも、果たしてこれが詩と呼べるシロモノなのかどうか、大いに疑問に思う。

意訳すれば以下のようにでもなろうか……

   俺はパンと名誉そして金のために働きづめだった、
   だが、お前のような櫛を入れた頭のくそったれめに、

    長いこと俺様を踏みつけたので、俺にタコができてしまった
   俺はブラック・バート
   それが、PO8だ
   駅馬車の御者よ、俺の親愛の情をお前の同僚に伝えるがよい
   しかし、俺はお前たちの機敏な目を俺の古ぼけた
   ボロボロの帽子でふさいでやるだけだ

   親愛なる、B.B.

ウエルファーゴ社の探偵も郡のシェリフも傍観したわけではない、追跡団を組織し、足跡を辿り、犯人逮捕に躍起になった。だが、足取りがどうにも掴めなかった。どうも詩人の怪盗ブラック・バートは空中を飛ぶと思われるほど、足がかりを全く残さずに逃亡しているのだ。

捜査グループには、一つの凝り固まった概念があった。どの町からも離れた土地での犯罪は、馬が必要絶対条件である。犯行現場まで身を運ぶにも、逃亡するにも馬しかない。従って馬の足跡を辿れば見つけられると思い込んでいたのだ。馬は人間よりかなり速いスピードで、しかも長距離移動できる。しかし、酷使すると潰れる。

追跡団は、馬が通ることのできる間道を広範囲にチェックし、リレーの馬を用意する可能性のある近隣の牧場を洗ったが、足がかりは全くつかめなかった。必ず仲間が、逃走用の馬を確保していると確信していたのだ。

ブラック・バートは正に神出鬼没で、下手な詩を現場に残し、犯行を重ねて行った。

1875年12月28日に、カルフォルニアのユバ郡(Yuba County)で駅馬車が襲われた。犯行現場に急襲した追跡団が見つけたのは、銃に見せかけていた木の棒だった。御者はライフルで脅されたと証言しているのだが、実はただの棒切れだったのだ。

1976年6月2日に、シスキユウ郡(Siskiyou County)での犯行も、例によってブラック・バートのトレードマークである慇懃な紳士的態度で終始した。

ウエルファーゴの探偵たちは、同じルートで北上する駅馬車には大金が積み込まれていたにもかかわらず、それを襲わず、南下する便を襲っているところから、情報網をもったプロ集団の仕業ではなく、アマチュアのシゴトではないかと焦点を移したが、それまでだった。まだ複数、少なくと3、4人のグループの犯行だと信じていたし、馬を使っていると思い込んでいた。

単独で、しかも徒歩で駅馬車を襲うのは、想像外のことだったのだ。

-つづく

 

 

第3回:怪盗"PO8" その3


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2018 Norari