のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 

第400回:流行り歌に寄せて No.200 「風」~昭和44年(1969年)

更新日2020/07/23


TBSテレビ系列の『TBS歌のグランプリ』だったか、フジテレビ系列の『ザ・ヒットパレード』だったかは残念ながら記憶にないが、どちらかの歌謡番組に、この曲がヒットしたとき、はしだのりひことシューべルツが出演したのを見た記憶がある。

司会者が「グループの名前は、あの楽聖シューベルトからとったのですか?」と質問したのに対し、はしだは「それもあるけど、靴紐の意味ですよ」と答えた後、「それでは、『かじぇ』を歌ってきますね」と言ってスタンバイしていた。

ザ・フォーク・クルセダーズの時代からそう感じていたが、実に人を食ったようなところがある人だと思ったものである。そのはしだも、2年半前に帰らぬ人になっている。

シューベルツのメンバーは、はしだの他には、越智友嗣、杉田二郎、そして井上博である。越智と杉田は、現在でも音楽活動を続けている。当時、私はよく知らなかったが、ベースの井上博は長身の二枚目で、女性ファンがたいへん多かったようだ。今その写真を見ても、なるほどこの人は本当にモテるだろなと思えるルックスで、ウッドベースを弾く姿も決まっていて、小憎らしいほどである。

しかし、彼は『風』のヒットからわずか1年あまり、昭和45年の3月に、持病の腎臓病が悪化し、23歳になったばかりでこの世を去ってしまう。多くのファンが悲痛な面持ちで彼を見送り、今やフォーク界では伝説となっている話だそうだ。そして、井上の死から3ヵ月ほどで、はしだのりひことシューベルツは解散を余儀なくされたのである。

 

「風」  北山修:作詞  端田宣彦:作曲  青木望:編曲  はしだのりひことシューベルツ:歌
 

人は誰もただ一人 旅に出て

人は誰もふるさとを 振りかえる

ちょっぴりさみしくて 振りかえっても

そこにはただ風が 吹いているだけ

人は誰も人生に つまづいて

人は誰も耐えきれず 振りかえる

 

プラタナスの枯葉舞う 冬の道で

プラタナスの散る音に 振りかえる

帰っておいでよと 振りかえっても

そこにはただ風が 吹いているだけ

人は誰も恋をした 切なさに 

人は誰も耐えきれず 振りかえる

 

何かをもとめて 振りかえっても

そこにはただ風が 吹いているだけ

振りかえらずただ一人 一歩ずつ

振りかえらず 泣かないで 歩くんだ

何かをもとめて 振りかえっても

そこにはただ風が 吹いているだけ

吹いているだけ 吹いているだけ

吹いているだけ・・・

 

2番の「プラタナスの枯葉舞う 冬の道で プラタナスの散る音に 振りかえる」という詞がとても好きである。私はある時から、ある場所にある一本のスズカケノキに深い印象を持つようになったが、以前から鈴懸即ち、プラタナスという樹との縁を感じている。

岡谷市にある小学校に通っていたときの校歌の3番が『あおぎり いちょう プラタナス 歴史を誇る 自主の庭』であって、初めて実際の樹とともに、その名を知ることになる。

その後、ザ・ランチャーズの『真冬の帰り道』や、小椋佳の『小さな街のプラタナス』など、いくつかの曲に登場する。鈴懸の方では、灰田勝彦の『鈴懸の径』は、私の最も大切な曲であり、鈴木章治とリズム・エースの名演は愛聴盤である。

話がかなり逸れてしまった。さて、編曲の青木望は、実に印象深いアレンジメントをする人である。
はしだが次に作ったグループの大ヒット曲『花嫁』、清楚なイメージのチューインガムの『風と落ち葉と旅びと』や、やまがたすみこの『風に吹かれて行こう』、チューリップの名曲の中の名曲『青春の影』、丸山圭子のアンニュイな『どうぞこのまま』、松山千春のスケール感のある『大空と大地の中で』、そして哀切な雅夢の『愛はかげろう 』、東京フィルの演奏による沢田研二の『AMAPORA』などなど、その曲のイメージを何倍にも膨らませるように、編み出してゆく。

曲名を書き連ねて行って、自分の大好きなアレンジの曲ばかりだったことに気づいた。まだまだ私がずっと耳にしていながら、その業績を知らない方々が本当に多いことを今更ながら実感している。

今回から、昭和44年の曲のご紹介に入る。途中ラグビー・ワールド・カップを挟んだが、1年以上をかけて昭和43年は23回に渡って書かせていただいた。昭和44年と言えば、1960年代の終わり近く、人類が初めて月面に降り立った年である。

そして私の中では、印象に残る女性歌手が何人も現れて、ひとつの時代の終焉を感じさせるような、そんな曲が数多く出てきた年だと位置付けられる。さて、何曲ご紹介できるだろうか。


-…つづく

 

 

バックナンバー


このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー


第301回:流行り歌に寄せて No.106
第350回:流行り歌に寄せて No.155
までのバックナンバー


第351回:流行り歌に寄せて No.156
「僕らの町は川っぷち」~昭和42年(1967年)

第352回:流行り歌に寄せて No.157
「この広い野原いっぱい」~昭和42年(1967年)

第353回:流行り歌に寄せて No.158
「小指の想い出」~昭和42年(1967年)

第354回:流行り歌に寄せて No.159
特別篇 「森田童子の訃報に接して その1」

第355回:流行り歌に寄せて No.160
特別篇 「森田童子の訃報に接して その2」

第356回:流行り歌に寄せて No.161
「僕のマリー」~昭和42年(1967年)

第357回:流行り歌に寄せて No.162
「夜霧よ今夜も有難う」~昭和42年(1967年)

第358回:流行り歌に寄せて No.163
「花はおそかった」~昭和42年(1967年)

第359回:流行り歌に寄せて No.164
「世界の国からこんにちは」~昭和42年(1967年)
第360回:流行り歌に寄せて No.165
「ブルー・シャトウ」~昭和42年(1967年)

第361回:流行り歌に寄せて No.166
「あなたのすべてを」~昭和42年(1967年)
第362回:流行り歌に寄せて No.167
「花と小父さん」~昭和42年(1967年)

第363回:流行り歌に寄せて No.168
「真赤な太陽」~昭和42年(1967年)

第364回:流行り歌に寄せて No.169
「好きさ好きさ好きさ」~昭和42年(1967年)

第365回:流行り歌に寄せて No.170
「君に会いたい」~昭和42年(1967年)
第366回:流行り歌に寄せて No.171
「バラ色の雲」~昭和42年(1967年)

第367回:流行り歌に寄せて No.172
「新宿そだち」~昭和42年(1967年)

第368回:流行り歌に寄せて No.173
「虹色の湖」~昭和42年(1967年)

第369回:流行り歌に寄せて No.174
「小樽のひとよ」~昭和42年(1967年)

第370回:流行り歌に寄せて No.175
「帰って来たヨッパライ」〜昭和42年(1967年)

第371回:流行り歌に寄せて No.176
「伊勢佐木町ブルース」~昭和43年(1968年)

第372回:流行り歌に寄せて No.177
「ゆうべの秘密」~昭和43年(1968年)

第373回:流行り歌に寄せて No.178
「星のプリンス」「落ち葉の物語」「銀河のロマンス」〜昭和43年(1968年)

第374回:流行り歌に寄せて No.179
「小さなスナック」~昭和43年(1968年)

第375回:流行り歌に寄せて No.180
「悲しくてやりきれない」~昭和43年(1968年)

第376回:流行り歌に寄せて No.181
「長い髪の少女」~昭和43年(1968年)

第377回:流行り歌に寄せて No.182 「天使の誘惑」~昭和43年(1968年)
第378回:流行り歌に寄せて No.183
「エメラルドの伝説」~昭和43年(1968年)

第379回:流行り歌に寄せて No.184
「ちょっと番外編~テープレコーダー購入」~昭和43年(1968年)

第380回:流行り歌に寄せて No.185
「グッド・ナイト・ベイビー」~昭和43年(1968年)
第381回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019 開幕!!
第382回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕
~予選プール前半戦を終えて

第383回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕 
予選プール戦終了~決勝トーナメントへ

第384回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕 
~決勝、そしてアジア初の大会ついに閉幕

第385回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019閉幕
~印象に残った選手、プレーぶりなど

第386回:流行り歌に寄せて No.186
「海は恋してる」~昭和43年(1968年)

第387回:流行り歌に寄せて No.187
「長崎ブルース」~昭和43年(1968年)

第388回:流行り歌に寄せて No.188
「恋の季節」~昭和43年(1968年)

第389回:流行り歌に寄せて No.189
「好きになった人」~昭和43年(1968年)

第390回:流行り歌に寄せて No.190
「夕月」~昭和43年(1968年)

第391回:流行り歌に寄せて No.191
「愛の奇跡」~昭和43年(1968年)

第392回:流行り歌に寄せて No.192
「今は幸せかい」~昭和43年(1968年)

第393回:流行り歌に寄せて No.193
「山谷ブルース」「友よ」-その1~昭和43年(1968年)

第394回:流行り歌に寄せて No.194
「山谷ブルース」「友よ」-その2~昭和43年(1968年)

第395回:流行り歌に寄せて No.195
「花の首飾り」「廃虚の鳩」~昭和43年(1968年)

第396回:流行り歌に寄せて No.196
「男はつらいよ」~昭和43年(1968年)

第397回:流行り歌に寄せて No.197
「スワンの涙」~昭和43年(1968年)

第398回:流行り歌に寄せて No.198
「ブルー・ライト・ヨコハマ」~昭和43年(1968年)

第399回:流行り歌に寄せて No.199
「青年は荒野をめざす」~昭和43年(1968年)


■更新予定日:隔週木曜日