■鏡の向こうのつづれ織り 〜谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空
一. 天使の街が生まれる時  1/2
更新日2007/04/19
 




天使も時には失速し、あるいは、飛び損ねることがあるだろう
先日、溺れかかった天使を見た
天使は虚空に助けを求めており、私はその悲鳴のようなものを
一瞬、たしかに、聴いたような気がした
そしてそのとき、ふと思ったのだ
天使とは、その在りようとは、なんとはかなく
そして過酷なものだろうかと……
天と地、二つの全く異なる空間を飛び交う天使は
神でも人でもなく、性別すら定かではなく
いわばその両方の、意思をとりもつ使者である
神と共にあってはその意を解し
人と共にあってはその思いを汲む
しかし、神の言葉がそのまま人に伝わるわけはなく
人の言葉もまた容易には、遥かな天に届きはしない
かくして天使の役割は
天と地、あるいは、虚と実といった
本質的に異なる位相を繋ぎとめる媒体メディアとして働くことにある
天使の役割の過酷さは
この言語の変換という高度な作業を
まるで当然のようにやり遂げることにあり
そしてそのはかなさは
全ての媒体がそうであるように
もし、伝えるべき何かがなければ
その役割そのものが存在しないことである



TOP | 1 | 2 |BACK


鏡の向こうのつづれ織り
定価 2,310円(税込み)
著者 :谷口 江里也
<文/写真>
発行:(株)エスプレ

■販売サイト

◎Amazon.co.jp
◎楽天ブックス

◎7&Yブックス

TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部女傑列伝4
亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari