のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと

第358回:流行り歌に寄せて No.163 「花はおそかった」~昭和42年(1967年)

更新日2018/09/13


波瀾万丈な来し方をしている、そして才気溢れる人である。美樹克彦、昭和23年10月22日生まれ、もうすぐ古稀を迎える。

5歳の時に、生まれ育った京都の劇団「ペチカ」に入団したのが、この人の芸能活動のスタートだった。小学校から中学校にかけて、子役として映画に70本ほど出演するほどの才覚を発揮した。

その他に歌のレッスンにも通い始め、中学2年生の時に上京し、四谷一中に転校した。それからまもなく、本名の目方誠名義で『トランジスター・シスター』でビクターレコードからデビューしている。(これは洋楽曲で、他にも飯田久彦がカヴァーして歌った)また並行して、役者として多くのテレビ映画にも出演していた。

その後、日大鶴ヶ丘高校2年生の時に、日本クラウンから、初めて美樹克彦名義で『俺の涙は俺がふく』で再デビューを果たす。そして『回転禁止の青春』のヒットで世の中の多くの人々に、その存在を知られるようになった。

すでに3回結婚して、3番目の奥さんともに別居中。本当にモテるタイプだと思う。あのヤンチャぶりに女性は彼を放っておかないし、ヤンチャゆえ、自分からも女性を放っておけず、追いかけるのだろう。

現在でも日焼けサロン通いを日課にしているという。いつまでも、自分に花があることを大切に守り続ける、芯からの芸能人気質の人のようだ。


「花はおそかった」 星野哲郎:作詞  米山正夫:作曲  重松岩雄:編曲  美樹克彦:歌

1.

<歌詞削除>

2.

<歌詞削除>


「君と夢みたクロッカスの想い出」とは、どんな意味なのだろう。
ギリシア神話の中にもクロッカスが登場する話が何通りかあって、イメージをしっかり持つことができない。話によってクロッカスに変わる前の姿が、男性のものもあり女性のものもあるという。

しかし、それらはいずれも悲恋であることは共通で、花言葉もそれに呼応するように暗く、悲しいものが多い。

クロッカスの花言葉、それは花の色によってまちまちのようだ。黄色のクロッカスの花言葉は「私を信じて」、紫色では「愛の後悔」、そして、白や赤などその他の色は「青春の喜び」「切望」「裏切らないで」「あなたを待っています」など。

『花はおそかった』が、もし花言葉を意識しているとすれば、「裏切らないで」「あなたを待っています」あたりだろうか。しかし、その花を探していたことによって臨終に立ち会えなかったというのは、悲しすぎる気がする。作詞家の星野哲郎はどこまで意識していたのだろうか。

さて、長い間テレビ出演のなかった美樹克彦が、久しぶりに元気な姿を見せてくれたのは、昭和57年、『オレたちひょうきん族』の中の“タケちゃんマン”のコーナーだった。ビートたけし演じるタケちゃんマンの、敵役である明石家さんまのブラックデビル。彼のテーマ曲『好きさブラックデビル』を山田太郎とともに歌っていた。

-…つづく

 

 

第359回:流行り歌に寄せて No.164「世界の国からこんにちは」~昭和42年(1967年)


このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー


第301回:流行り歌に寄せて No.106
第350回:流行り歌に寄せて No.155
までのバックナンバー


第351回:流行り歌に寄せて No.156
「僕らの町は川っぷち」~昭和42年(1967年)

第352回:流行り歌に寄せて No.157
「この広い野原いっぱい」~昭和42年(1967年)

第353回:流行り歌に寄せて No.158
「小指の想い出」~昭和42年(1967年)

第354回:流行り歌に寄せて No.159
特別篇 「森田童子の訃報に接して その1」

第355回:流行り歌に寄せて No.160
特別篇 「森田童子の訃報に接して その2」

第356回:流行り歌に寄せて No.161
「僕のマリー」~昭和42年(1967年)

第357回:流行り歌に寄せて No.162
「夜霧よ今夜も有難う」~昭和42年(1967年)


■更新予定日:隔週木曜日