■もう一つの世界との対話 〜谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ
第一話 スカートの向こうの海との対話  1/4
更新日2005/08/04
 
海の中は素敵だよ
君のような女の子がたくさんいるよ
もちろん海の中のことだから、人間じゃないよ

正直言ってこの世はとても退屈だけれど、それでもたまには
やっぱり生まれてきてよかったと、そう思えることだってある
このまえも、わたしが自分の部屋の鏡の前で、柔らかなスカートをはいて
軽くダンスを踊りながら、そんな自分の姿に、何となくうっとりしていると
突然スカートが青く透明な海になり、そこから一匹の魚が
ぴょんと飛び出してきて言った
 
それにしてもまいったね
かわいい女の子を見かけて、ちょっと海の外を覗いてみたけど
この空気とやらの息苦しいのなんの、全く息が詰まっちゃう

どうして魚が? とは思わなかった
だって私は、不思議なことが嫌いじゃない
というより、不思議なことの方がずっとリアルだと思えることがよくある
すべてが、まるであたりまえのような顔をしているけれど
どうして? と一度考え始めると
なんだか訳が分からなくなってくる普通のことと比べれば
不思議なことはいつだって、いきなり始まってしまうのでむしろ気楽だ
だから私のスカートが突然海になって
そこから魚が飛び出してきて、私に話しかけてきたときも
不思議というより、オオツ、なんだか面白いことになってきたなと
そう思った瞬間から、何もかも、すっかり忘れて
私の体は、魚に聞きたいことでいっぱいになってしまった
海の中は何がどんなふうに素敵なの? 私はそこでもかわいいの?
私みたいな魚が、ほんとにそこにいるの? 
私もそこに行けるの?


TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | BACK

 


『もう一つの世界との対話』
定価 2,415円(税込み)
著者 :谷口江里也/TEXT 
カイトウハルキ/クレイドール
発行:(株)エスプレ
項数:247頁


◎「Elia's Creative Book Store」
◎Amazon.co.jp
◎楽天ブックス

◎7&Yブックス


TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部女傑列伝4
亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari