■もう一つの世界との対話 ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ
第一話 スカートの向こうの海との対話  4/4
更新日2005/08/04
 
もちろんウロコを剥がすのは痛かった、とてもとても痛かった、でも
何かをしたいと思った時、それに必要な痛みというのは、不思議と耐えられる
そうして夢中で剥がした何枚もの半透明の美しいウロコが
波に乗って花びらのように流れて行ったところまでは覚えている
気がついた時には、私はすでに、今の私になっていた
私は当たり前のようにそこにいて、日々を当たり前のように生きる自分がいた
こうして不意に思い出すまでは人魚だったということもすっかり忘れていた
今にして思えば、ときどき歩くことが嫌になるのは
二本の足にずしりとかかる自分の体重を、妙に煩わしく感じてしまうのは
体重を感じない海の中のことを、私の体が覚えているからかもしれない
ともかく、気がついた時には、私はすでに人間の女の子で
それも、したいことが、やたらとたくさんある女の子で
そして何かをするたびに、すぐに誰かに叱られる女の子で
しかもどうして叱られるのかが、ほんとうのところは全く分からない女の子で
いつのまにか、何をするにもとりあえず立ち止まってみる女の子になっていた
 
考えてみれば、すぐに誰かを好きになるのも、誰からも好かれたいと思うのも
むかし人魚だったからかもしれない
けれど、自分が必ずしも、みんなから愛されているというわけではないし
みんなを愛することが、必ずしもハッピーではないと思い始めてからは
いつのまにか、自分の気持ちに、薄くベールを被せる女の子になっていた

それは、下半身がウロコでおおわれているより、ずっとずっと不自由だったが
でもいつのまにか、それをあたりまえと思う女の子になっていた
だから、きっとそれを心配して、こうしてこの魚は
私のスカートを海にするという荒技まで駆使して私の前に現れたのだ
私が、私らしくなくなり始めているのが悲しかったのだ
むかしのように、あるいはそれ以上に、きれいな私になって欲しいのだ
ありがとう。私は思わずそうつぶやいていた
だってみんなが、もう一つの世界から私のことを見守ってくれている
もう心配しなくていいからね、私のスカートの中の、この小さな海が消えても
私は自分が、喜びのシンボルだったということを、もうきっと忘れないから

TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | BACK
 


『もう一つの世界との対話』
定価 2,415円(税込み)
著者 :谷口江里也/TEXT 
カイトウハルキ/クレイドール
発行:(株)エスプレ
項数:247頁


◎「Elia's Creative Book Store」
◎Amazon.co.jp
◎楽天ブックス

◎7&Yブックス


 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち~西部女傑列伝5
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari