■拳銃稼業~西海岸修行編

中井クニヒコ
(なかい・くにひこ)


1966年大阪府生まれ。高校卒業後、陸上自衛隊中部方面隊第三師団入隊、レインジャー隊員陸士長で'90年除隊、その後米国に渡る。在米12年、射撃・銃器インストラクター。米国法人(株)デザート・シューティング・ツアー代表取締役。


第1回:日本脱出…南無八幡大菩薩
第2回:夢を紡ぎ出すマシーン
第3回:ストリート・ファイトの一夜
第4回:さらば、ロサンジェルス!その1
第5回:さらば、ロサンジェルス!その2
第6回:オーシャン・ハイウエイ
第7回:ビーチ・バレー三国同盟
第8回:沙漠の星空の下で
第9回: マシン・トラブル
第10回: アリゾナの夕焼け
第11回: 墓標の町にて
第12回:真昼の決闘!?
第13回:さらばアリゾナ
第14回:キャラバン・ターミナル
第15回:コンボイ・スピリット その1

■更新予定日:毎週木曜日

第16回:コンボイ・スピリット その2   

更新日2002/06/27 


ビル爺さんが、全部で15段もあるギアーをセカンドに入れると、巨大な車体にズシンと振動が伝わった。トラック・ターミナルを出る時には、挨拶代わりに天井にあるエア・クラクションのレバーを引いた。船の汽笛のような豪快なサウンドが辺りにこだまする。40トン積みの積荷はすでに満載されているらしく、トラックは気が遠くなるくらいゆっくりと加速を始めた。

彼の名前は、ビル・クロフォード。今年64歳で、4年前に保険屋を引退し、今は半分趣味として、全米をコンボイで走っているそうだ。19歳の時に志願して太平洋戦争に参加する。1944年には沖縄上陸作戦に参加して、首に戦傷を負い、その後朝鮮戦争までを沖縄で過ごしている。妻はすでに20年前に他界したという。曲がったことが大嫌いな生粋のテキサス魂の持ち主だ。

砂漠は今日も晴天で、車高の高いトラックからはサボテン群が遠くまでよく見えた。恐らく今日でこのアリゾナ州ともお別れである。ラス・ベガスまでは、フェニックスを経由して約650Kmのキャラバンである。

トラックの中のFMラジオからゆったりとしたテンポのカントリーミュージックが流れている。強力なCB無線機から頻繁に無線が入ってくる。トラック仲間たちから、われわれのワイルド・ホース3に「元気か?」「スモ―キー(警察)が、60号線で見張ってるぞ!」「事故でフェニックス市内は渋滞中」などと次々に新しい情報が入ってくる。

ビル爺さんはその都度、無線のマイクを握りながら長々と喋っている。中には、トラック専用の売春婦からの無線が入ったりして驚いた。爺さんも年のせいか、ゆっくりとした速度でフリーウエイを走るので、10,000CCのデトロイト・エンジンの振動がユリカゴの如く私を眠りに誘う。知り合いのトラックとすれ違うと、クラクションをガンガン鳴らして挨拶をするので、その都度目が覚めた。

フェニックスを通過した後は、道も単調になり、陽炎が立ちのぼる砂漠の地平線には草や木も見えない。冷房が効いた車内ではあるが、窓から差し込む太陽は痛いくらいに熱い。外は恐らく50度近い灼熱地獄であろう。この辺りは気温の下がる夜に走った方が無難だと思うのだが、あえて堂々と昼間走るのが爺さんのポリシーらしい。

爺さんは葉巻を薫らせながら、テキサス訛の英語で私に色んなことを話して来る。孫のことや昔の戦争のこと、ギャンブル話などで、同じ話を何度も繰り返すのは万国共通であった。

しかし、ことギャンブルを語る時は、皺だらけの瞼の奥で青い目が、生き生きとしていた。ラス・ベガスに行って、博打をすることは、彼の唯一の楽しみであるように見えた。

 

第17回:砂漠の不夜城

 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち~西部女傑列伝5
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari