■拳銃稼業~西海岸修行編

中井クニヒコ
(なかい・くにひこ)


1966年大阪府生まれ。高校卒業後、陸上自衛隊中部方面隊第三師団入隊、レインジャー隊員陸士長で'90年除隊、その後米国に渡る。在米12年、射撃・銃器インストラクター。米国法人(株)デザート・シューティング・ツアー代表取締役。


第1回:日本脱出…南無八幡大菩薩
第2回:夢を紡ぎ出すマシーン
第3回:ストリート・ファイトの一夜
第4回:さらば、ロサンジェルス!その1
第5回:さらば、ロサンジェルス!その2
第6回:オーシャン・ハイウエイ
第7回:ビーチ・バレー三国同盟
第8回:沙漠の星空の下で
第9回: マシン・トラブル
第10回: アリゾナの夕焼け
第11回: 墓標の町にて
第12回:真昼の決闘!?
第13回:さらばアリゾナ
第14回:キャラバン・ターミナル
第15回:コンボイ・スピリット その1
第16回:コンボイ・スピリット その2

■更新予定日:毎週木曜日

第17回:砂漠の不夜城   

更新日2002/07/04 


キングマンという小さな宿場街で、ビル爺さんと少し早い夕食を摂った。ここからラス・ベガスまでは2時間くらいだ。爺さんはベガスが近くなるにつれ、やれ60年にはフラミンゴホテルで、今は亡き妻の目を盗んで入れた5ドル・スロットが1枚目にジャック・ポットを出したとか、69年にホース・シューでロイヤル・ストレート・フラッシュを出して以来それっきりだとか…話が止まらない。どうも長旅で少し疲れたのせいなのか、そんな話に聞き入っているうちに寝てしまったようだ。

不意にトラックのエア・クラクションが鳴り出す。
「ボーイ! もうすぐシルバーステイトだぞ!」
夕日に燃えるような、真っ赤な砂漠の山々が遠くに見えるフリーウエイを相変わらず走っていたが、それが見えた時には思わず目をこすってしまった。

真昼のごとく凄まじいネオンサインや広告塔、上空を飛び交うヘリ、通りを走る車、人、熱気、立ち並ぶ巨大なホテルカジノの数。

それは、まるで寝起きの私には、まだ夢の途中のように思えるほどであった。正にそれらは、砂漠の中にひっくり返した宝石箱だった。
「相変わらず賑やかな町だな、こりゃ」
と爺さんは苦い表情だ。この砂漠の中のオアシスがあのラス・ベガスなのだ。この街の迫力は、アメリカの田舎町ばかり走ってきた私にとって、すごい衝撃であった。 そして私の新しいチャレンジへの始まりの予感がした。

トラックは、巨大カジノが立ち並ぶ"ストリップ"エリアを通り抜け、ダウンタウンの外れにあるトラック・ターミナルへと向かった。積み荷を降ろすためである。積み荷は冷凍食品で、ビルがヒューストンから運んできたのだ。これらはやがて、推定毎日5万人ともいわれる観光客の胃袋に瞬時に飲み込まれるのであろう。

積み下ろし手続きが終わると、彼とともにバスでダウンタウンへと向かった。ダウンタウンのホテルカジノ街も夜だというのに、西海岸に比べられないほど賑やかで、人出も多い。それもそのはず街自体、観光客が安心して遊べるように治安が確立されているのだ。

ダウンタウンのカジノの密集度はすごい。大小さまざまのなカジノが所狭しと並んでいる。それらのネオンは肌に熱いくらい眩しい。開きっ放しの出入り口からクーラーの冷たい風が、日中暑く火照った私たちの体を誘う。

夜も遅くなっていたので腹が減っていた。そんな私をビル爺さんは、フレモントカジノのビュッフェへ連れて行ってくれた。10ドルで食べ放題のレストランだった。ラス・ベガスではどのカジノでも大体ビュッフェがあるのだ。セルフサービスで肉、魚、野菜、飲み物、フルーツからデザートに至るまですべて揃っている。通常のレストランで言葉の問題で困っている日本人や、私のような大食漢には打ってつけであった。

胃袋を満たした我々は、腹ごなしにダウンタウンの大通り、フレモントストリートを散策した。メインストリートは全長300mくらいで、大小数々のカジノがひしめきあっている。 ビルはホース・シュー・カジノへ連れて行ってくれた。年季の入ったタバコ臭いカジノ内は、西部男の臭いをも感じさせる。どうもここが爺さんのお気に入りらしい。

まだ夜の10時過ぎで沢山の観光客がプレーしているので、ブラックジャックやルーレットのテーブルには座れそうにもない。客層は年配者が目立って多い。

「ボーイ。わしは疲れたから休む。ミッドナイト(深夜12時)にここへ来な」
ビルは言い残すと、バーで一人生ビールを飲み始めた。

その間、私はカジノの雰囲気に慣れるために散策を始めた。カジノ内は、私が予想していた以上に華やかだった。お客たちの服装はいたってカジュアルで、半ズボンに草履を履いている人もいる。スロットマシンから吐き出される1ドルコインは、ガンガンと派手な音を鳴らし、そしてクラップステーブルからはピットボスの大きな声やお客の歓声が聞こえてくる。

ハイレグの制服を着たカクテルウエイトレスが、お酒や飲み物の注文を聞きにくる。そう、これがラス・ベガスなのか。今私は、この世の物とは思えない大人のためのオアシスの中にいるのだ。 雰囲気に酔いしれてしまい、早くプレイをやりたいだけの私を横目に、ビル爺さんはバーでビールをあおりながら、バーテンとフットボールの結果などを話していた。

彼は、ここでは馴染みの客らしい。本当のギャンブルは、アフターミッドナイトに始まるから、と老練な彼は言う。恐らく、観光客などのにわかギャンブラーたちがたむろする時間には博打をやらないらしい。深夜12時からが勝負に最適と言う。

なるほど勝つために必要なのは、運、金、テクニックそして、プレーヤーが勝負する時間と場所を選ぶ権利を持つことであるらしい。なるほど、人が多ければその権利もなくなるわけである。

「そろそろ転がすか」
とバーカウンターからカジノを振り返ったビル爺さんが、ようやく重い腰を上げた。その戦いに臨む威風堂々としたうしろ姿は、ヤンキー魂の気質に満ち溢れていた。

 

 

第18回:ギャンブルへのプロローグ

 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち~西部女傑列伝5
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari