のらり 大好評連載中   
 
■イビサ物語~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 

第51回:3組のペペとカルメン

更新日2019/01/17

 

“ペペ”はホセ(Jose)の愛称で、スペインでは非常に多い名前だ。マドリッドやバルセロナの繁華街で、「オイ、ペペ!」と叫んだら、10人以上のペペが振り向くことは間違いない。アーネスト・へミングウェイの小説の書き出しに、“ぺぺ、すべて解決した。すぐにドコソコに帰れ!”と新聞に3行広告を出したら、何十人かのぺぺが集まったことが書いてあったが、それほどコモンな名前なのだ。

一方の“カルメン”もオペラを引き合いに出すまでもなく、そこいらじゅうカルメンだらけだ。だが、カルメンは恐らく“マリア”に負け、2番目くらいの位置だろうか。それにしても、実際にカルメンがたくさんいることにスペインに着いた当初驚かされた。マリアとカルメン両方を合わせた“マリカルメン”も多い。

イビサでイビセンコ(イビサ生粋の人)への窓を開けてくれたのは、ペペとカルメンというイビセンコ、イビセンカだった。ところが、この同じ名前の組み合わせ、ペペとカルメンのカップルは私が親しくしているだけで3組もいるのだ。

一組はアンダルシアから来た肉屋の若いカップルで、こちらのぺぺは小柄ながら大変な男前、カルメンの方もアンダルシア美人を絵に描いたような美形で、まさにビユーティフルカップルだ。もう一組は町からトンネルを抜け『カサ・ デ・バンブー』へ降りる最初の建物の一階にある合気道の道場に通っているペペとカルメンで、このカップルは相当合気道にのめり込んでいた。イビセンコのぺぺとカルメンはそのまま、肉屋の方は肉屋のぺぺとカルメン、もう一組は合気道のペペとカルメンと呼び分けていた。

この3組のペペとカルメンはお互いに相当仲の良い友達で、連れ立って『カサ・ デ・バンブー』に来てくれるのだった。そして、彼らはペペ、カルメンには何の意味もない呼び方で、むしろ番号でも付けてくれた方が良かったと、名付け親を冗談交じりに非難するのだった。いたずらで、「オジェ、ペペ!」(Oye Pepe!;オイ、ペペ!)と呼び掛けたら、3人のペペが反射的にハッと私に顔を向けた。

Es vedra
人気がある神秘的な無人島、エス・ベドラ(Es Vedra)

彼らの名前の全部、姓、ミドルネームが一致しているわけではない。しかし、よほどの公式の立場でない限り、セニョール・メレンデスとか、セニョーラ、もしくはドーニャ・ヴィアッジと姓で呼ぶことはない。通常、名前だけで呼び合う。孫が自分のお爺さんを名前で呼び捨てにするのだ。これには最初ショックを受けたことだ。いくらなんでも5、6歳のガキが、お婆さんが長年連れ添ったダンナであるお爺さんを呼ぶのと同じように、“リカルド”などと名前で呼び捨てにするわけで、これに慣れるにはちょっと時間がかかった。

スペイン人は100%と言い切ってよいと思うが、ミドルネームを持っている。結婚と同時に奥さんはダンナの苗字になるので、子供のミドルネームに母方の苗字を持ってくる例が多い。だが、子沢山のスペイン人は、母方の姓だけではすぐに足りなくなり、爺さんや婆さんの名前、聖人や偉人、聖書、ギリシャ神話から名前を借り、スペイン語読みにして持ってくることになる。

スペインでフランコが徹底して行った国民総背番号制のため、スペインに生まれた以上、移民の子でもジプシーでも100%身分証明書を持たされる。IDカードだが、これに顔写真、右手の人差し指の指紋、生年月日、名前が載っている。このIDカード=カルネ・デ・イデンティダ(Carne de Identidad)はどこへ行くにも必ず携帯していなくてはならず、官憲がまず要求するのがカルネ(IDカード)を見せることだ。官憲を異様に恐れる体質が長く続いたフランコ時代を通じて、スペイン人すべてに浸み込んでいて、カルネを持ち歩くことに滑稽なほど神経を使う。

カルネ不携帯は日本での運転免許証不携帯のように罰金で済むようなナマ易しい違反ではなく、犯罪とみなされる。当時の官憲は、疑わしきはまずショッピケ、そしてブチノメシ、それから取り調べるのをモットーにしていたから、スペイン人が官憲を恐れる理由は十分あった。

そのカルネに載っているフルネームは、イビセンコの場合、ジュゲムジュゲムほどとは言わないが、異状に長いのだ。ぺぺとカルメンのカルネを見せられた時、何かの冗談だと思ったほどだ。カルメンのフルネームは、“カルメン・トーレス・ヴィアッジ・フンケイラ・クラスポ・デ・カン・レアル・サンタ・ヘルツーデス”で、母方と父方の苗字がすべて入り、おまけに先祖代々のフィンカ(農園)の名称も付くのだから、長くなるのは当然と言えば当然だ。

さらに、爺さん、親父、本人と代々同じ名前をつけることが多い。そうなると、一家に3、4人のホセ(愛称ペペ)が同居することになる。第三者が話す時に、爺さんの方のペペとか、息子の方のペペとか呼ばないと個人を確定できないのだ。

結婚式に3回列席し、裁判も2回傍聴した。そんな場合は、長ったらしい名前をすべて呼ぶ。一息で読み上げられないような長ったらしい名前を、丁寧に呼び上げるのだから大変なことになる。

逆に、私がスペインの官憲に取り調べを受けた時に、「なんだ、お前の名前はこれだけか?ミドルネーム、母方の姓はないのか?」と、自分がなんだか苗字を持たない未開の民族になったような気にさせられたものだ。

その後、イビセンコのぺぺとカルメンは離婚したが、ぺぺと同居した次の女性もカルメンという名前だった。

hierbas01
イビサはハーブ酒でも有名
(イエルバス・イビセンカス;Hierbas ibizencas)

-…つづく

 

 

バックナンバー

このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 


佐野 草介
(さの そうすけ)
著者にメールを送る

海から陸(おか)にあがり、コロラドロッキーも山間の田舎町に移り棲み、中西部をキャンプしながら山に登り、歩き回る生活をしています。

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 5
[全28回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 4
[全7回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 3
[全7回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 2
[全39回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 1
[全39回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝 Part5
[全146回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝 Part4
[全82回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝 Part3
[全43回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝 Part2
[全18回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝
[全151回]

■貿易風の吹く島から
~カリブ海のヨットマンからの電子メール
[全157回]


バックナンバー
第1回:白い島“イビサ”との出会い
第2回:ヴィッキー 1 “ヴィーナスの誕生”
第3回:ヴィッキー 2 “カフェの常連とツケ”
第4回:ヴィッキー 3 “悪い友達グループ”
第5回:ヴィッキー 4 “カフェテリアができるまで”
第6回:ヴィッキー 5 “誕生日パーティー”
第7回:ヴィッキー 6 “コルネリア”
第8回:ヴィッキー 7 “増えすぎた居候”
第9回:ヴィッキー 8 “変わり果てた姿”
第10回:ヴィッキー 9 “コルネリアからの絵葉書”
第11回:カサ・デ・バンブー ~グランド・オープニング 1
第12回:カサ・デ・バンブー ~グランド・オープニング 2
第13回:グラン・イナグラシオン(開店祝いパーティー)
第14回:ギュンター 1 “上階のドイツ人演劇監督”
第15回:ギュンター 2 “ホモセクシュアル御用達のバー”
第16回:ギュンター 3 “VIP招待しての昼食会”
第17回:ギュンター 4 “引退とイビサ永住の相談”
第18回:ギュンター 5 “暖炉とガスボンベ事件”
第19回:ギュンター 6 “引退の現実と無言の別れ”
第20回: “元ナチスドイツSS隊員”のクルツさん
第21回: オスカー VS クルツさん、“過去は水に流すな”
第22回:“ドイツ女性はラテン系のマッチョがお好き”
第23回:ヒターノは踊る その1
第24回: ヒターノは踊る その2
第25回: ヒターノ集団は荒らし、逃げる?
第26回: 公爵夫人とアントニオ
第27回: イビサの皇族たち ~ユーゴの王女様
第28回:ユーゴの闘争 ~大男のホアン
第29回:“ヒッピーマーケット”~イビサ・テキヤ事情
第30回:“天才贋作画家” エルミア・デ・ホーリー 1
第31回:“天才贋作画家” エルミア・デ・ホーリー 2
第32回:“天才贋作画家” エルミア・デ・ホーリー 3
第33回:客層が異なる老舗カフェテリア
第34回:寡黙な老紳士、X卿の休暇
第35回:よそ者には寛容だが頑固なイビセンコ気質
第36回:イビサの農家(フィンカ)と田舎料理
第37回:ビノ・パジェスとお婆さんの手
第38回:イビサ商売事情~ウチの人とソトの人 1
第39回:イビサ商売事情~ウチの人とソトの人 2
第40回:フアナ・ラ・ロカ ~イビサのキチガイ皇女
第41回:孤島のソフトボール元年
第42回:酒利き大会~人はいかにして優秀なソムリエになるか?
第43回:デイヴィッド・ハミルトンの少女たち その1
第44回:デイヴィッド・ハミルトンの少女たち その2
第45回:バスク語と日本語、そしてスペイン語
第46回:占い師マイオンと従者の青年
第47回:マッチョの国のトイレ・バス事情
第48回:ドイツ人医師、フアン・カルロス先生
第49回:イビサ流船釣り体験の顛末
第50回:イビサ流ビーチパーティーの楽しみ方

■更新予定日:毎週木曜日


  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari