のらり 大好評連載中   
 
■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から

第641回:年頭から暗い話題ですが…

更新日2020/01/16


明けましておめでとうございます。
コロラドの山から、新年のお喜びを申し上げます。
日本の年越しとお正月を懐かしみを込めて思い出しています。

新年早々、こちらアメリカには明るい話題が少なく、今年もまた引き続き行われる大統領の弾劾裁判、それから目を逸らせるためでしょうか、いきなりイランの革命防衛隊司令官の殺害、毎週のように起こる大量殺人、パワハラ、セクハラ事件とクラ~イ話題が続きそうです。

それならいっそのこと、最悪の話題で新年を始めてやれ…と、これより悪いことは起こりようがないという気持ちになり、FBIの殺人未解決事件のサイトを覗いてみました。

銃の乱射などの大量殺人、殺戮は4人以上死ぬと、そのカテゴリーに入ることを始めて知りました。たとえば3人殺され50人重軽傷でも大量殺人とは呼ばないことのようです。また、連続殺人事件は、同一犯人が時間を置いて、二人以上殺した場合にだけ当てはまります。言葉の定義というのは、どこかに基準を設けなければなりませんが、大量殺人と連続殺人にこんな定義があるとは想像していませんでした。 

それはまだ良いのですが、1980年から現在まで未解決の殺人事件が22万件もあり、ということは22万の殺人犯がチマタをうろついていることになります。アメリカの逮捕率が低いことは世に知れ渡っていますが、それにしてもなんと多くの殺人鬼が放置されているのでしょう。

その中に、3,000件の連続殺人事件が含まれており、1万人が殺されているのです。中には、世間の注目を集めたいばかりに殺人を繰り返す御仁もいます。デニス・レイダー(Dennis Rader)はカンサス州で10人以上の殺人を犯しましたが、テレビ局に手紙を書き、「一体全体、何人殺せば全米のマスコミ、テレビのモーニングショー、全国紙が取り上げてくれるのだ!」と、とんでもない愚痴をこぼしています。

さて、ギネスブックものの最多連続殺人はサミュエル・リトル(Samuel Little)の93人でしょうか、しかしこれも、彼がやったと警察が確定できた数字で、彼自身は200人は殺したと言っています。1970年から終身刑を受けた2005年まで、35年間次々と殺人を犯し、それでいて捕まらなかったのですから(捕まってもすぐに釈放されたり、極短い刑期で出所しています)、お巡りさん、FBIは一体何をやっていたのと言いたくもなります。これだけ人を殺していながら、死刑にならなかったのは、アメリカ独特の司法取引で、彼がすべてを告白したからです。

殺した数なら、俺の方が多いぞというのはロバート・デイル・セギィー(Robert Dale Segee) で、彼は放火で大量に人を殺しています。今までに判明しただけで168人です。

2017年だけですが、殺人の逮捕率は61%で、未だに逃げている犯人は3,000人から4,000人と言われています。これ1年間だけですよ…。

ところが、12歳の少女が中学校内で、手の平でピストルを撃つジェスチャーをしたところ、学校側が警察に連絡し、彼女を逮捕し、後ろ手錠で連行しているのです。彼女は1年間の青少年鑑別所に入れられる刑に直面しています。これはカンサス州でのことです。

またフロリダ州の中学校では、11歳の少女が退学になりました。というのは、彼女がバターナイフを使って桃を切った罪です。彼女はその桃を半分にして友達にあげようとしたのですが、学校の規則でバター以外の他のモノに使ってはいけないことになっており、そのバターナイフは刃の入っていない、りんごの皮も剥けないものであったにしろ、「武器使用禁規則違反」になるというのです。

他の州のことばかり言ってはいられません。我がコロラド州でも、子供の弁当箱にお母さんが気を利かせて食卓で使うナイフとフォークを持たせてやったところ、フォークはいいけど、ナイフ(刃の付いていないテーブルナイフですよ)は、武器になりうる危険な凶器とみなされ、それを学校に持ち込んだとして、警察に連行されています。

彼女自身、ナイフ、フォークが弁当箱に入っているとは知らなかったのですが…。幸い何日かの停学処分で学校に戻ることができました。その時、その少女は、「知らなかったにしろ、テーブルナイフを学校に持ち込んだのは校則に反することでした。それに対し、先生が取った態度、警察に連絡したことは、義務の一つだから、当然の処置だったと思います。私は先生に対して、すこしも恨みは持っていません」と、まるでどちらが大人、教育者だか分からない、立派な態度を取っています。

こんな学校内での取るに足りない小さな事件で泣かされている子供たちはたくさんいるでしょう。学校側、生活指導の先生、警察を呼んだ校長先生の方こそ、精神鑑定を受けるべきです。これらの事件とも呼べない茶飯事は、その子を職員室、校長室に呼び、チョット説教をすれば済むことです。

第一に野放しなっているピストル、ライフル、自動小銃、そして万単位の殺人犯がアメリカを徘徊している現実を見つめるべきです。自分の保身だけに執着し、手でピストルの形を作った少女、バターナイフで桃を切った少女を学校からはじき出す非寛容な態度を改めるべきなのです。

こんな、極端な事件を並べてみると、いかにアメリカが狂っているが分かるような気がしませんか…。

-…つづく

 

 

バックナンバー

このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Grace Joy
(グレース・ジョイ)
著者にメールを送る

中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。

■連載完了コラム■
■グレートプレーンズのそよ風■
~アメリカ中西部今昔物語
[全28回]


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第100回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで

第501回~第550回まで

第551回~第600回まで

第601回:車がなければ生きられない!
第602回:メキシコからの越境通学
第603回:難民の黒人が市長になったお話
第604回:警察に車を止められる確率の件
第605回:日本と世界の浮気事情を比べてみる
第606回:寄付金と裏口入学の現実
第607回:狩猟シーズンと全米高校射撃大会
第608回:アルビーノの引退生活
第609回:人間が作った地震の怪
第610回:チーフ・エグゼクティブ・オフィサーとは何か?
第611回:ホワイトハウス・ボーイズの悲劇
第612回:Hate Crime“憎悪による犯罪”の時代
第613回:ルーサー叔父さんとアトランタでのこと
第614回:“恥の文化” は死滅した?
第615回:経済大国と小国主義、どっちが幸せ?
第616回:“Liar, Liar. Pants on Fire!”
(嘘つき、嘘つき、お前のお尻に火がついた!)

第617回:オーバーツーリズムの時代
第618回:天井知らずのプロスポーツ契約金
第619回:私は神だ、キリストの再来だ!
第620回:両親の老後と老人ホーム
第621回:現在も続く人身売買と性奴隷
第622回:高原大地のフライデー・ナイト・フィーバー
第623回:山は呼んでる? ~100マイル耐久山岳レース
第624回:ウッドストック・コンサート
第625回:セクハラ、強姦、少女売春、人身売買
第626回:学期始めのパーティー
第627回:西洋の庭、日本の庭
第628回:引退前の密かな楽しみ
第629回:ご贈答文化の不思議
第630回:グレード・パークのコミュニティー活動
第631回:“煙が目に沁みる”
第632回:堕胎禁止法とハリウッド映画界
第633回:キチガイに刃物、オマワリに拳銃
第634回:ハンターが殺到する狩猟解禁日
第635回:妊娠は穢れたもの、恥ずかしいこと?
第636回:ウルトラ肥満の経済学
第637回:旨いモノと動物愛護
第638回:世界遺産が地域をダメにする
第639回:家元制の怪 1
第640回:家元制の怪 2

■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2020 Norari