■拳銃稼業~西海岸修行編

中井クニヒコ
(なかい・くにひこ)


1966年大阪府生まれ。高校卒業後、陸上自衛隊中部方面隊第三師団入隊、レインジャー隊員陸士長で'90年除隊、その後米国に渡る。在米12年、射撃・銃器インストラクター。米国法人(株)デザート・シューティング・ツアー代表取締役。


第1回:日本脱出…南無八幡大菩薩
第2回:夢を紡ぎ出すマシーン
第3回:ストリート・ファイトの一夜
第4回:さらば、ロサンジェルス!その1
第5回:さらば、ロサンジェルス!その2
第6回:オーシャン・ハイウエイ
第7回:ビーチ・バレー三国同盟
第8回:沙漠の星空の下で
第9回: マシン・トラブル
第10回: アリゾナの夕焼け
第11回: 墓標の町にて
第12回:真昼の決闘!?
第13回:さらばアリゾナ
第14回:キャラバン・ターミナル
第15回:コンボイ・スピリット その1
第16回:コンボイ・スピリット その2
第17回:砂漠の不夜城

■更新予定日:毎週木曜日

第18回:ギャンブルへのプロローグ   

更新日2002/07/11 


平日で夜12時過ぎのカジノは随分人も少なく、席もまばらに空いてきていた。ビル爺さんの64歳とは思えないくらい、ピンと背筋を伸ばして歩くうしろ姿は、これから挑むカジノに対して、余裕の表情となっている。まるで、西部のならず者が集う賭博場に入った保安官のようである。

爺さんは、ブラックジャックで他の客のいないテーブルに、ゆっくりと腰を下ろした。
「ボーイ。ワシの右側に座れ」
と席を指さされ、言われた通りにする。
「どう調子は?」
と挨拶もそこそこに、客がなく暇をもてあましていたディーラー(親)が、カードを華麗な手つきでシャッフル(混ぜる)し始めた。

どのテーブルのディーラーの胸にもネームタッグが付いていて、出身地が書かれている。全米から集まった色んな人たちが、客の相手をしているのが分る。中にはアジア系の人もいたが、私たちのディーラーは地元ベガス出身の神経質そうなメガネの若い白人であった。

テーブルによって最小のベット(賭け額)が決まっていて、1ドル~5ドルのテーブルには、庶民的な客層が多く、10ドル以上になると金持ちやプレーに慣れた人が多い。いきなり10ドルの場所に腰を据えた爺さんは、大声で、
「$100をすべてレッドに両替!」
と気合を入れて叫んだ。レッドとは、$5チップの別称である。要するに100ドル札を5ドルチップ20枚に両替してもらったわけだ。

今までに旅費が嵩み、余裕のない私も爺さんの真似をして大声で、
「50ドルを両替!」
と叫び、テーブルにお札を叩きつけた。ルールは、よく分かっているのだが、初出陣なのでさすがに緊張の色は隠せない。しかし、老練な爺さんの余裕の表情にすべてを賭けてみることにしたのだ。

前半は、様子を見るために大きくは張らないようだ。しかも、下座に座る爺さんは、私の止めた札を横目でチラッと見て最終判断をしているらしく、ディーラーがよくバースト(22以上)してしまう。

われわれは眠そうなディーラーに対して、15分くらいで出費の2倍を稼いでしまったのだ。これは、いわゆるカード・カウンティングというテクニックを使うためらしい。そんな爺さんの余裕の表情を横目に、10ドル張る都度、私の心臓は今にも張り裂けんばかりだったが、チップが多くなれば次第に笑う余裕も出てくるものだ。

暫くするとその雰囲気を見て、
「どうだい?」
と太った中年の白人男性が私たちのテーブルに座ってきたのだ。彼の声は大きく、かなり酔っている様子であった。100ドルのチップを20枚ほど持っている。しかも彼は、両替をしないでそのままプレーしようとしていた。

5分もしない内に、その2,000ドルのチップは半減してしまっている。しかも私たちのチップも増える気配がない。そんな様子を見た爺さんは、首を横に振りながら私に小声で囁いた。
「ボーイ。ワシが葉巻2回叩いたら、$100を一度にベットしろ。そしたら今日はお開きだ」
えっ! と驚くが、言う通りにしてもこの爺さんなら信用はできた。そのタイミングを計りながら、最少額でゲームを続けた。そしてディーラーの残りのカードが半分になった時、遂に合図が出た。彼は100ドルをポーンとベットしたのだ。私も半信半疑で100ドルをベットした。

「チェック・プレー」とディーラーは、ピットボス(マネージャー)に急に賭け金を上げた私たちのプレーを見張るように指示が飛んだ。

さすがにこの時は緊張する。しかもディーラーの見せ札「6」対して、ビルの持ち札を見てがく然とした。スタンド(止めた)したカードの合計は、弱い手の「12」であった。私の手も「17」決して強いカードではない。

すぐに私の視線は、裏返されたディーラーの2枚目のカードに集中した。そして2枚目が裏返された「キング」のカードを見た時、爺さんは勝利を確信した様子で、「イエス」と小声で言った。

そしてついにディーラーは、3枚目に「10」を引いてしまい、バーストし、我々は勝利したのだ。その勝ち金をもらい、われわれは早々とチップをキャッシュアウト(換金)した。結局、われわれはたった30分ほどで300ドル近い収入を得たのだ。

何故爺さんがそんな行動を取ったのか? 私なりに彼の勝負師のセンスに驚いたものである。それはギャンブルは楽しい、そして儲かる、という危険な囁きを私に教えてくれてしまったのだ。

その日は、ビルとダウンタウンのカジノホテル、フィッツジェネルドに宿をとった。
「今日はラッキーなだけだよ。博打は長時間やれば負けるぞ」
と言い残しビルはさっさと寝てしまった。私も長時間のドライブで疲れたのか知らぬ間に寝入った。私が大人のためのドリームシティで記念すべき勝利を収めた最初の一夜だった。

部屋の冷房がいささかききすぎて寒かったが、今夜のこの興奮はしばらく私の中で冷めることはなかった。

 

 

第19回:ラス・ベガス症候群

 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち~西部女傑列伝5
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari