のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと

第362回:流行り歌に寄せて No.167 「花と小父さん」~昭和42年(1967年)

更新日2018/11/15


不思議なテイストの作品である。私の中では、ハマクラ先生の作品の中で、最も難解な曲という気がしている。

タイトルからして、何か妙である。「花」と、「小父さん」(この表記も、最近ではほとんど見かけない)というのが、どうも結びつかない。多くの解説を読むと『バラが咲いた』の姉妹曲であるフォーク調の作品と位置付けられたりしているが、その詞の内容には、猟奇的なエロスさえ感じる曲だと私には思える。

1番の最初の2行と2番については、小父さんの語りになっているが、1番の3行目以降は、ずっと花が語っている形になっているのも、型破りな作り方だと思う。

最初は、植木等の初ソロアルバム『ハイおよびです!!』のために、ハマクラ先生がもう1曲の『笑えピエロ』とともに提供した曲であるという。植木はこの頃、コミカルな歌を歌い、そのような役の映画に数多く出演し、大変な人気者になっていたが、そのあり方に疑問を感じていたという。

そこで、六輔・八大コンビやハマクラ先生など、著名な作家たちが手掛け、コミカルなものとは距離を置いた曲を提供して、このアルバムが作られたという。

植木等はこの時、不惑40歳で、当時としては立派に小父さんと呼ばれる年齢になっていたが、のびやかに、また丁寧に歌唱しており、大変に好感の持てる歌い方で、私の頭でっかちな曲の解釈など、撥ね退けられてしまうようだ。

「花と小父さん」  浜口庫之助:作詞・作曲  中村五郎:編曲  伊東きよ子:歌 

 

<歌詞削除>

 


編曲家の中村五郎は、ハマクラ先生との仕事の他にも、多くの人と組み編曲をしている。また、作詞を手掛けたり、海外の曲の訳詞などもこなす多才な人でもある。

伊東きよ子は、私は不勉強ながらデビュー曲であるこの『花と小父さん』だけでしかその名を記憶していないが、この後も9枚のシングルを出し続け、70年代の前半まで活動していた。

発売されたシングルも、ハマクラ先生の他にも、作詞家では、橋本淳、山上路夫、寺山修司、安井かずみ、岩谷時子、千家和也、作曲・編曲家では、すぎやまこういち、筒美京平、村井邦彦、宮川泰、平尾昌晃、森岡賢一郎、クニ河内、馬飼野俊一、馬飼野康二、小谷充、渋谷毅など、歌謡界を代表する錚々たるメンバーによって作られており、所属の渡辺プロダクションの力の入れ方が、ひしひしと伝わってくるようである。

目鼻立ちがくっきりとした、相当な美貌の持ち主である。昭和22年1月24日、北海道札幌市出身。宝塚音楽学校に入学し、東宝のインターナショナル・ダンシング・チームのオーディションにも合格してダンスの世界に踏み出すが、まもなくアキレス腱を痛め、その世界を断念して宝塚も退学した。

その後、アメリカのフォークグループ “The New Christy Minstrels”への加入を経て、渡辺プロダクションと契約し、踊りから歌の世界への転身を見事に果たして、『花と小父さん』でデビューをしたということである。このデビュー・シングル盤のB面『愛のかけら』は伊東きよ子本人の作詞作曲による曲であった。

『花と小父さん』はその後、同じナベプロの天地真理がカバーし、藤圭子、畠田理恵がそれに続いている。そして、みのもんたが還暦の年、里見浩太朗が76歳の年になってカバーをし、今や小父さんを超えた、おじいさんたちによる愛唱歌の体をなしているようである。

-…つづく

 

 

第363回:流行り歌に寄せて No.168 「真赤な太陽」~昭和42年(1967年)


このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー


第301回:流行り歌に寄せて No.106
第350回:流行り歌に寄せて No.155
までのバックナンバー


第351回:流行り歌に寄せて No.156
「僕らの町は川っぷち」~昭和42年(1967年)

第352回:流行り歌に寄せて No.157
「この広い野原いっぱい」~昭和42年(1967年)

第353回:流行り歌に寄せて No.158
「小指の想い出」~昭和42年(1967年)

第354回:流行り歌に寄せて No.159
特別篇 「森田童子の訃報に接して その1」

第355回:流行り歌に寄せて No.160
特別篇 「森田童子の訃報に接して その2」

第356回:流行り歌に寄せて No.161
「僕のマリー」~昭和42年(1967年)

第357回:流行り歌に寄せて No.162
「夜霧よ今夜も有難う」~昭和42年(1967年)

第358回:流行り歌に寄せて No.163
「花はおそかった」~昭和42年(1967年)

第359回:流行り歌に寄せて No.164
「世界の国からこんにちは」~昭和42年(1967年)
第360回:流行り歌に寄せて No.165
「ブルー・シャトウ」~昭和42年(1967年)

第361回:流行り歌に寄せて No.166
「あなたのすべてを」~昭和42年(1967年)


■更新予定日:隔週木曜日