のらり 大好評連載中
2019/05/23掲載

■新・汽車旅日記
~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第686回「電飾のオーケストラ - 烏山線 宝積寺駅 -」
 up
郡山駅から乗った電車は、黒磯駅に14時53分についた。黒磯から南下する電車は4分後の14時57分発。こんどは余裕がない。そして相変わらず跨線橋の向こうのプラットホームだ。長距離客が少ないとはいえ、わざわざ不親切にしなくてもいいのに……。仙台で初乗り区間を踏破して、トロトロと東北本線を南下している。青春18きっぷ利用だから、という理由もあるけれども、もうひとつ寄りたい路線があった。烏山線だ。烏山線は宇都宮駅から北へ二つめの宝積寺駅を起点とし、東へ約16kmの烏山駅を結ぶ。路線距離は20.4kmで、直線距離との差を比較すれば素直なルートである。すべての列車は東北本線に直通し、宇都宮駅を発着する。昭和40年代生まれの私にとって、烏山駅と言えばアニメ『銀河鉄道999』のアンドロメダ終着駅だ。私が12歳の頃。テレビアニメ『銀河鉄道999』の劇場版が公開された。

杉山 淳一

杉山 淳一  

バックナンバー

2019/05/16掲載

■店主の分け前
~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第373回「流行り歌に寄せて No.178 「星のプリンス」「落ち葉の物語」「銀河のロマンス」〜昭和43年(1968年)」
ザ・タイガースの『B面メルヘン三部作』と、私が勝手に名付けた3曲で、今でも耳にするとジーンとくるような、印象深く、愛おしいナンバーである。 もっとも、このネーミングは微妙に正確さを欠いている。3月25日リリースの『銀河のロマンス』は、最初A面として発売されたが、B面の『花の首飾り』がたいへんな人気曲になり、A、B面を入れ替えて再発売された。オリコン・チャートの上では両A面になっているようだ。 『星のプリンス』は前年の昭和42年5月5日リリースの『シーサイド・バウンド』の、『落ち葉の物語』は昭和43年1月5日リリースの『君だけに愛を』のそれぞれB面として発売されている。 3曲とも、橋本淳:作詞 すぎやまこういち:作・編曲の作品である。メルヘンと感じたその理由は、この頃のGSの曲にはビートルズの影響が強いと言われ…

金井 和宏

金井 和宏 
   
バックナンバー

2019/05/23掲載

■イビサ物語
~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 
第69回「イビサの合気道 その2」
 up
ツダ先生に対するイビサ合気道仲間の信頼、尊敬は、ほとんど崇拝と呼びたくなるほどのものだった。ツダ先生は確かにそれに値する人物だったのだろう。 ツダ先生ご自身は、常に自然体で、ゆったりと動き、私に対しても、人生の甘い、辛いを知り尽くし、山村に棲む古老か仙人が、下界の人を相手にでもするように、ゆっくりと低い声で丁寧語を使って話すのだった。御付きのグループとテーブルを囲んでいる時も、ツダ先生は口数が少なく、それでいて周囲の会話はよく聞いておられる様子だった。私は『カサ・デ・バンブー』へやってきたツダ先生しか知らないのだが、10人以上の合気道グループの会話はフランス語で、ツダ先生の日本人の奥さんと、パリから先生に同行してきた御付きの数人が取り仕切っている様子だった。私はツダ先生の著作を読んだこともなく、合気道の講習を受けたこともないのだが、彼が意識せずに体の中から放っている“気”のようなものを時折…

佐野 草介

佐野 草介 

バックナンバー

2019/05/23日掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から
 
第610回「チーフ・エグゼクティブ・オフィサーとは何か?」
up
英語で書くとChief Executive Officer となり、逐語訳的に訳せば、執行行政長官となり、なんだか軍隊のエライサン、良くてお役人のトップ、大臣の次位の役職に聞こえます。これを頭文字だけ取って、本来ならC.E.O.とピリオドを打ってスペースを空けて書くところ、今ではCEOと書くのが当たり前になってきました。早く言えば、会社の社長さんのことです。逆に、今では本来の President of the Company=会社の社長さん、という呼び方は耳にしなくなりました。アメリカのCEOが莫大な給料、ボーナス、ストック オプションをもらっていることは有名です。トップ350企業のCEOは、その会社で働いている労働者、工員、事務員などの平均300倍もの給料を貰っています。大雑把に均すと、年に18.9ミリオンドル(20億8,000万円相当)の給料を貰っています。まさに天文学的な給料です。 ビル・ゲイツやアマゾンのジェフ・ベゾスのように、自分で会社を創設した、社主兼CEOの場合は、さらに想像を絶するような年収になります。

グレース・ジョイ

Grace Joy  
(グレース・ジョイ)
バックナンバー

2019/05/23掲載

■ギュスターヴ・ドレとの対話
~谷口 江里也
 

第11回「ドン・キホーテ」
up
これは『ドン・キホーテ』の巻頭を飾った作品です。あなたの夢を満載した野心作『神曲 地獄篇』の大成功に気を良くしたあなたは、翌年1862年、新たなアトリエを開設し、さらなる大作に挑みます。歴史的に見て『聖書』に次いで発行部数が多いといわれている『ドン・キホーテ』です。 同じ年にあなたは『ぺローの昔話』を発表していますが、それと並行して『ドン・キホーテ』の構想を練り、スペインに詳しいダビジェール男爵とともにスペインを旅しました。スペインへは1855年にも、テオフィール・ゴーティエと共に旅をしていて、どうやらあなたは絵画的(ピトレスク)な要素に富んだスペインが気に入っていたようです。 翌年、重ねて三ヶ月もの間スペインを旅して膨大なスケッチを描いたあなたは、『ドン・キホーテ』では実に大胆な試みをしています。 それは397点もの挿絵を版画化するにあたって、その版刻の全てを、ドレのアトリエの中でも最も信頼する優れた彫り師、盟友ピサンに託したことです。最初そのことを告げられ、しかもその仕事を一年でやる約束を…

elia

谷口 江里也 

バックナンバー

2019/05/09掲載

■よりみち~編集後記  
昔から旅が好きで、大学時代には『何でも見てやろう』(小田実著;1961年刊)に感化され、バックパックを背負って(と言いながらボストンバック専門だったが…)世界各地を歩き回るのが生きがいになっていた時期があった。当時(初の海外は1974年)はとにかく海外の情報が少なく、特に地方在住者(当時、高崎市)にとっては、格安航空券の存在もまだまだ知られておらず、その入手にとても苦労した覚えがある。海外旅行の書籍もジャルパック系の旅行本ばかりで貧乏旅行を志す若者向けのモノはとても少なかった。やっと調べて辿り着いたのが『世界ケチケチ旅行研究会(世界ケチ研、後の「ザ・個性的な旅」)』で、即決で参加を申し込んだ。情報を求めて多くの渡航参加者が事前ブリーフィングに集合した。貧乏旅行の方法を経験者から直接アドバイスを受けることができて、何だ結構安く旅行できそうだと安心できた。今では笑ってしまいそうな話なのだが、それほど海外の情報に飢えていたわけで、1979年に創刊されたダイヤモンド社の『地球の歩き方』が日本における個人旅行のバイブルになったのはそれほど待たれていたガイドブックだったからだ。

よりみち

「のらり」編集部

バックナンバー

【のらり文庫】電子書籍販売中

mail お問合せ・ご意見はこちらから

バックナンバー
インタビュー
jun_gallery


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 1
amazon cover
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Kindle版
 
<<佐野 草介の著書>>
アウトローシリーズ 2
amazon2 amazonPO8 Cover
ブラック・バート“PO8”
駅馬車専門の紳士的怪盗

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 3
amazonEarp Cover
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 4
amazonKid Cover
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 5
amazonjjames_cover
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Kindle版


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 6-10
amazonjyoketsu_s
西部女傑列伝
伝説の女性アウトローたち

Kindle版



<<佐野 草介の著書>>
kindle版
貿易風の吹く島から
カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Kindle版


<<Grace Joyの著書>>
joy_coveramazon
グレートプレーンズのそよ風
アメリカ中西部今昔物語

Kindle版


<<谷口 江里也の著書>>
amazon01

ibiza-catamazon
イビサ島のネコ
Los Gatos de Ibiza



<<杉山淳一の著書>>
amazon

amazon01
ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。
日本全国列車旅、
達人のとっておき33選

  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] ~西部アウトロー列伝 Part1:Butch&Sandance
 佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] ~アメリカ中西部今昔物語
 Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] ~カリブ海のヨットマンからの電子メール
 佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] ~移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/~イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
 湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] ~西海岸修行編
 中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 ~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

 谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

 谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] ~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
 谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
 海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] ~my United Stars of Atlantis
 谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
※注意:現在、ジャンクメール増加のため自動登録を中止しています。こちらから「ニュース希望」とご連絡ください。



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari