のらり      大好評連載中   
 
2014/07/18掲載

■新・汽車旅日記
〜平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第521回「
トンネルと高架と - ぐるり貨物線大宮号4 -  
茅ヶ崎で進行方向が逆転して、私の席は進行方向左側になった。ここから大船まではやってきた道を逆戻り。大船の大観音様を見上げる。行ってすぐに戻ってきた私たちにも表情を変えず、にこやかに見つめられる。大渡りが右手に離れていき、ここからは東海道本線、横須賀線と並んだ。工場があり、広大な土地があり、大規模なマンションがある。工場が移転して、更地になり、マンションが建つという順番だ。京浜工業地帯だけではない。内陸部でも物作りの拠点が減っている。戸塚駅を通過。こちらは貨物線だからホームかない。これも珍しい経験だ。こちらの線路は寝台特急サンライズが遅延したときに通るという。私が乗ったサンライズは幸か不幸か定時運転だった。続いて東戸塚駅を通過。ホームは横須賀線しかない。東海道線と横須賀線は鶴見から大船まで並んでいるけれど、この付近だけは離れる。東海道線が切り通し、横須賀線がトンネルの中だ。その構造のせいで、横須賀線だけの駅ができた。貨物線は横須賀線と並び、ほぼ同時にトンネルに入る。トンネルの中でお互いの方向は変わり、横須賀線は東海道線と並ぶため北東へ。

杉山 淳一

杉山 淳一 ※多忙のため今週休載

バックナンバー

2014/07/24掲載
■店主の分け前
〜バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第262回「流行り歌に寄せて No.72 「有難や節」〜昭和35年(1960年)」
 
第253回での水原弘、第257回での井上ひろしに続く、最後の「三人ひろし」の一人、守屋浩のご紹介である。 「チイタカタッタ チイタカタッタ 笛の音が」の『夜空の笛』や、「僕の恋人 東京へ行っちっち」の『僕は泣いちっち』といったリズミカルな言葉遊びの達人、浜口庫之助という師を得て、大ヒット曲を歌い、堀プロダクション(現在のホリプロ)の最初のスターとなったのが守屋浩だった。(浜口庫之助については、第109回『ビバ、ハマクラ先生!』をご参照いただければ) 前出の二人の「ひろし」が情感あふれる曲で人気を博したのとは少し異なり、どちらかと言えばとっぽく軽い感じの歌い手として、守屋は歌謡界に登場した。いわゆる「C調」という言葉が、とても似合う人である。 ところで、私はこの曲には忘れがたい思い出がある。昭和37年、私が小学1年生の秋のことだ思うが、父の会社の慰安会が長野県諏訪市の「北澤会館」というホールで催された。 これは父の務めていた電力会社の諏訪地区の社員、家族が、年に一度大きな舞台のある会館に集まり、社員が歌や踊り、楽器演奏などの芸を披露し、それを観ながら酒を飲んだり、弁当をつついたりする・・・
金井 和宏 金井 和宏 

バックナンバー
2014/07/24掲載

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
〜西部アウトロー列伝 Part 5
 
第96回「ジェシー・ジェイムス〜創られた英雄 その96 インフレと加熱報道 

ジェイムス&ヤンガーグループがギネスブック的な列車強盗をやってのけ、そのニュースは一躍アメリカ全土にセンセーショナルに広がった。1874年、まだアメリカに確固たるジャーナリズムが根付いてはいない時代のことだ。コマーシャリズムといえば聞こえはよいが、ともかく売れるニュースネタなら、裏付けを取ることなど歯牙にかけない大小の地方紙、ゴッシプ紙が無数と言ってよいほど発行されていた。その当時(今でもそうだが)アメリカには読売、朝日のような全国紙がなく、すべて地方紙だったので、ヒットメーカーが書いた記事は全米の各地方新聞に転載された。ジェシー・ジェイムスのスポークスマン、エドワーズはまさに八面六臂の活躍だった。"ユスティシアー"という筆名で、"セントルイス・ディスパッチ"に長大なジェシー讃歌を載せている。例によっていつものごとく、ジェシーとフランクは北部の大資本に牛耳られたミズーリー州で他に生きる術がない云々…、そして彼らが今まで北軍から受けた弾圧、被害の詳細なリストを書き連ね、現在の政権がいかに贈収賄にまみれ汚れているかを弾劾している。

佐野 草介 佐野 草介 

バックナンバー
2014/07/24掲載

■亜米利加よもやま通信
〜コロラドロッキーの山裾の町から
 
第372回「「日本で団地暮らしを始めました…」
  
日本で年末まで暮らすことになりました。借りたのは元の日本住宅公団、今はUR都市機構という物々しいタイトルの付いた公の賃貸し団地アパートです。40数年たった古い8階建ての集合住宅、マンションですが、畳もふすまも新しく壁も塗り替えたばかりで、とても清潔で住みやすそうなところです。ところが、見事なくらいガランドウで、天井の電灯もなければガスコンロも何もないのに驚かされました。面倒な契約を終え、鍵をもらいようやくそのアパートで生活し始めたのですが、初日、電灯がないので日が暮れると同時に良い香りのする新しい畳の上に横になり寝るよりほかありませんでした。ところが、いったん新居?が決まり、私たちが住み始めたとなると、今まで持ったことない大型のテレビ、ブルーレイのDVDプレイヤー、冷蔵庫、ガスコンロ、食堂テーブル、椅子、布団、食器などがまさにアッという間に集まったのです。それはまさに天から降ってきたように、うちのダンナさんのお姉さんたち、甥っ子、友達が必要なものはなんでも持って行って…とばかり運び込んでくれたのです。

グレース・ジョイ Grace Joy
(グレース・ジョイ)
バックナンバー
2014/07/24掲載

■現代語訳『方丈記』
〜鴨長明の『方丈記』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳
 
第11回 方丈記  
その小さな家は別に、この場所でなくてはと思ってつくったわけではないので、わざわざ土地を買ったわけではない。造りも、木で土台を組んで、その上を、雨をしのぐためだけの簡単な屋根で覆い、継ぎ目を金物で留めただけの簡易なもので、これはもし、この場所に住んで気に入らないことなどが起きた場合には、簡単に、ほかの場所へ移り住むためにほかならない。もちろん、その移築の際には、多少面倒くさいことなどもいくらかはあるだろうけれども、あったところで知れたもので、部材にしても、そのまま一切合切運んだところで、二台の荷車があれば十分。車夫の手間賃程度はいるだろうけれども、それ以外に特別な費用がかかるわけでもない。そんなわけで、今度こうして伏見の日野山の奥に、もろもろのことを隠して、ひっそりと移り住んでからは、東のほうに三尺ほど出した庇の下で、周りで取って来た柴を小さく折って燃やし、それで炊事をしたりもする。南には、竹の簀子(すのこ)を敷いて、その西に仏さまにお供えする供物や仏具を置く棚を備えた。

谷口 江里也

バックナンバー
2014/07/17掲載

■よりみち〜編集後記  

ブラジルで開催されたFIFAワールドカップは、準決勝でのブラジルの世紀の大敗(7−1でドイツに完敗)と、それと対照的で見事なゲームを展開した決勝ドイツVSアルゼンチン戦は、1−0でドイツの勝利で幕を閉じたのだが、いつもワールドカップの試合を見る度に、自分の中に流れる血にもナショナリズムが宿っていることを知らされるのだが、まさに国旗を背負った選手たちが死に物狂いでボールに向かい、自分の祖国のためにゴールをひたむきに狙う姿は、人々に文句なしの感動を与える。試合後に負けた国の選手に歩み寄り互いの健闘を讃え合い、相手を慰める姿にスポーツマンシップの素晴らしさを感じる瞬間である。あり得ない話だろうが、イスラエルとパレスチナが、今も続く爆撃やミサイル攻撃を中止して、武器をすべて捨てて、サッカーで思う存分フェアプレイの試合でケリをつけられたら、どんなに平和な社会になるだろうと夢想してしまう。試合終了後、互いに相手の健闘を讃え合い、次の試合は負けないぞと、笑顔で握手することができたならどんなに素晴らしい未来が見えてくるだろう。夢とは分っていても、希望は捨て去ることができない。

よりみち 「のらり」編集部

バックナンバー

  バックナンバー インタビュー
のらりギャラリー
A garden of the spring

 


杉山淳一
最新刊
好評発売中!


  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] 〜西部アウトロー列伝 Part1:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] 〜アメリカ中西部今昔物語
Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] 〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] 〜移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/〜イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] 〜西海岸修行編
中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 〜世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 〜谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] 〜谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] 〜谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] 〜my United Stars of Atlantis
谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュース を毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)はご登録ください。 サンプル
         メールアドレス

  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち Part4
 【亜米利加よもやま通信 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]   [岩の記憶、風の夢 ] 
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [随想『奥の細道』という試み ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2014 Norari