のらり 大好評連載中
2018/10/11掲載

■新・汽車旅日記
~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第672回「亀甲と美女 - 津山線 津山~岡山 -
 up
津山駅前の交番に大きな看板が立っている。女子児童殺害事件の情報を求めているという。帰宅したばかりの9歳の女の子が、15時15分頃から35分頃までの20分間のうちに殺害されたと言う。まったく物騒な世の中だ。事件は平成16年と言うから、2004年。もう12年も前の事件だ。商店がいくつかあるけれども、コンビニ以外の店は閉まっている。9時を過ぎたばかりだし、日曜だから休みかもしれない。タイマーを15分にセットして、なんとなく大通りを歩いてみる。タイマーが鳴ったら引き返せばいい。ほどなく川と橋を見つけた。橋があれば渡ってみたくなる。水面は穏やかだ。クルマの通りは多いけれど、渋滞するほどではない。橋のいわれを書いた銘板を見つけた。今津屋橋という。津山は城下町で、城のまわり三方に川がある。お堀の代わりになってちょうど良いけれど…

杉山 淳一

杉山 淳一  

バックナンバー

2018/09/27掲載

■店主の分け前
~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第359回「流行り歌に寄せて No.164「世界の国からこんにちは」~昭和42年(1967年)」 

日本という国が、本当に勢いを持った時代だったのだと思う。3年前に東京オリンピックを成功させ、さあ3年後の昭和45年、1970年には、今度は日本第二の都市である大阪で万国博覧会を開いて大成功させてしまおう。そんな意気込みである。1851年、ロンドンで最初に開かれて以来、ニューヨーク、パリ、ウイーンなど欧米各国で開催され、開催が文化国家の証とされていた万国博覧会。それを日本で行なうことはオリンピックに続き、戦後復興を世界的にアピールし、国際社会の一員としての地位を確保する絶好の機会、そんな認識を当時の政府は持っていたはずだ。太陽の塔、お祭り広場、エキスポランド……。参加国数77ヵ国、4国際機関、そして30を数える企業が「パビリオン」という名の建物の中でさまざまな展示をした。

金井 和宏

金井 和宏 ※今週休載です 
 
バックナンバー

2018/10/11掲載

■イビサ物語
~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 
第40回「フアナ・ラ・ロカ ~イビサのキチガイ皇女」 up
ラテン系の人々、特にスペイン人は物事を直接的に表現する。慇懃に持って回った言い方、呼び方をしないし、それを嫌う。チビはチビ、ハゲはハゲで、髪の毛が薄いなどとは言わない。それを各人の感覚的なことにまで広げ、自分の判断を断定的に表現する。美女、美男というのは多分にその人の好き嫌い、感覚に左右され、絶対的な基準などないはずなのだが、自信を持って、彼女はブスだ、彼はブ男だとやるし、それを自分にまで当てはめ、私はとても美人だと臆面もなく言う。それがちっとも嫌味でなく、自然なこと、髪の毛の色が黒いか、茶色か、金髪かという事実の一部であるかのように言うのだ。確かに、スペイン女性の70~80%は美人ではある…。人間の肉体の外見を重んじる思想はギリシャ、ローマ時代の圧倒的肉体オンパレードの彫刻を持ち出すまでもなく…

佐野 草介

佐野 草介 

バックナンバー

2018/10/04掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から
 
第581回「オーティズム(自閉症)と人生相談室」
 
教職に就いてから40年近くになります。17、8歳の生徒さんから見れば、ほとんど彼らのお婆さんと同じ年齢になりました。この40年で生徒さんが大きく変わりました。精神的、心理的な問題を抱えた人が多くなったのです。一昔、イヤ四昔というべきでしょうか、以前は“オーティズム”(Autism;自閉症)の人は全くいなかったのでしょうか? それとも、まだ“オーティズム”という一種の精神病が認められていなかっただけでしょうか? 少なくとも、大学までは進学しなかったのか、教室にはいませんでした。今現在、25人の教室に“オーティズム”、もしくはそれに類する生徒さんが5人はいます。“オーティズム”ははっきりとした精神病で、時折理由なしにパニックに陥ったり、極々些細なことで感情が爆発したり、狭い自分の世界に閉じ篭る傾向があります。 自分の好きなことには異常な集中力をみせ、天才的な記憶力を示すことも…

グレース・ジョイ

Grace Joy  ※今週休載です
(グレース・ジョイ)
バックナンバー

2018/10/04掲載

■『ひとつひとつの確かさ』
~表現哲学詩人 谷口江里也の映像詩
 
第48回「水が流れていく ~Water Flows」
 
【最終回】

48_ts

水が流れていく。
いつも通る橋の下を流れる川を
水が流れていく。
この川は、ずっと遠くまで流れて
いろんな川と合流し合いながら
やがて太平洋に流れ込む。
……

elia

谷口 江里也 

バックナンバー

2018/10/11掲載

■よりみち~編集後記  up 

9月20日、自民党の総裁選挙がおおかたの予想通り、安倍ポチさんが三選を果たし、安倍政権の最後の3年が始まりました。その後の10月2日に発足した第四次安倍改造内閣の閣僚メンバーを見て呆れ果て、絶望感に襲われた方も多いはずだ。適材適所などとよく言えたものだと感心するほどである。もろに関係派閥へ大臣ポストでの論功行賞を授けているのはモロミエ状態で、あれだけ「女性が輝く日本」を売り文句にしていたにも関わらず、女性大臣の登用は片山さつき氏一名のみ。閣僚のほぼ全員が日本会議で固めた憲法改正を主眼とした組閣となっている。安倍ポチさんと麻生副総理、そして菅官房長官のトリオがさらに3年続くと思うと暗くなってきていたが、9月30日に投開票された沖縄知事選挙の結果は、まさに闇の中に一条の光明がさす状態となった。2018年8月8日に翁長雄志知事が死去したことに伴い執行された沖縄知事選だったが、翁長知事の支持母体である「オール沖縄」が擁立を全会一致で決めた

よりみち

「のらり」編集部

バックナンバー


【のらり文庫】電子書籍販売中

mail お問合せ・ご意見はこちらから

バックナンバー
インタビュー
jun_gallery


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 1
amazon cover
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Kindle版
 
<<佐野 草介の著書>>
アウトローシリーズ 2
amazon2 amazonPO8 Cover
ブラック・バート“PO8”
駅馬車専門の紳士的怪盗

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 3
amazonEarp Cover
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 4
amazonKid Cover
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 5
amazonjjames_cover
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Kindle版


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 6-10
amazonjyoketsu_s
西部女傑列伝
伝説の女性アウトローたち

Kindle版



<<佐野 草介の著書>>
kindle版
貿易風の吹く島から
カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Kindle版


<<Grace Joyの著書>>
joy_coveramazon
グレートプレーンズのそよ風
アメリカ中西部今昔物語

Kindle版


<<谷口 江里也の著書>>
amazon01

ibiza-catamazon
イビサ島のネコ
Los Gatos de Ibiza



<<杉山淳一の著書>>
amazon

amazon01
ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。
日本全国列車旅、
達人のとっておき33選

  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] ~西部アウトロー列伝 Part1:Butch&Sandance
 佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] ~アメリカ中西部今昔物語
 Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] ~カリブ海のヨットマンからの電子メール
 佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] ~移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/~イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
 湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] ~西海岸修行編
 中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 ~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

 谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

 谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] ~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
 谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
 海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] ~my United Stars of Atlantis
 谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
※注意:現在、ジャンクメール増加のため自動登録を中止しています。こちらから「ニュース希望」とご連絡ください。



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari