のらり 大好評連載中
2019/10/24掲載

■新・汽車旅日記
~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第701回「黄色の国電 - 宇部線 宇部~宇部新川 -」

昨夜は19時過ぎに新山口の駅前ホテルにチェックインした。昼に食べ過ぎたせいで腹も減らず、夕食はコンビニのおにぎり一つ。ポメラで原稿を1本書いて、21時過ぎに就寝。したがって5時起床は苦にならない。むしろふだんよりよく眠れた。幼い頃、ふだん遅起きの父が、接待ゴルフのときだけは日の出と同時に出かけた。ゴルフ好きと仕事好きの両方だと呆れたけれど、いまの私は父を笑えない。乗り鉄も日の出に出発し、日没にプレー終了だ。夜明け前の新山口駅、構内に旧型客車が停まっている。珍しいなと観察したらピカピカの新車だ。来月からSLやまぐち号に使われる車両で、オハ35系の形式を残して4000番台とした。茶色い車体が懐かしい。しかし耐火基準などが変わり、古い規格のままでは作れないから、新設計、新素材を使っている。新技術を活用して、わざと古めかしい車両を作る。銀河鉄道スリーナインのようだ。

杉山 淳一

杉山 淳一 ※今週も休載です

バックナンバー

2019/11/07掲載

■店主の分け前
~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第384回「緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕 ~決勝、そしてアジア初の大会ついに閉幕」  
南アフリカの優勝の瞬間を、チェスター・ウィリアムズ氏が目の当たりにすることができたら、どれだけ感慨深いものがあったのだろう。ウィリアムズ氏は、24年前の第3回W杯、初参加で初優勝した南アフリカで唯一の黒人選手だったが、今回のW杯開幕の2週間前の9月6日に心臓発作により49歳の若さで、急逝してしまった。今回は日本のラグビー関係者からの招待もあり、本人も来日を心から楽しみにしていたと聞く。アパルトヘイト政策が廃止され、ネルソン・マンデラ大統領が就任、国際ラグビー界復帰を果たしたとはいえ、1995年当時、9割を白人選手で占める南アフリカ代表の持っていた差別意識は、決して払拭されてはいなかった。「こちらにボールを回してくれ」というのを、英語圏のラグビー選手たちは “Yes!!”と、ひとこと発声するのが決まりごとらしい。ところが、ゲーム中にウィリアムズ氏が…

金井 和宏

金井 和宏 
   
バックナンバー

2019/11/14掲載

■イビサ物語
~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 
第93回「出版社の御曹司、へニングのこと」
up
『カサ・デ・バンブー』を通して、普通なら知り合うチャンスが全くない、異種の人間とたくさん知り合いになった。こんな小さなカフェテリアをやっているというだけで、特別待遇を受けていたようなものだ。ヘニングは、ドイツ人にしては小柄な、あごの尖った小さな顔、頭髪がないのでは…と思わせるほど薄い金髪で、決してモテモテのマッチョタイプではない。だが、『カサ・デ・バンブー』にはいつもグラビア雑誌から抜け出てきたような女性を連れてきた。ファッションモデルのような女性の横にいるヘニングが貧相に見えるほどだった。当時のイビサでは目立ちすぎるほどの真っ白いベンツのオープンカーの助手席には、いつも絵になるグラマーな女性を乗せていた。ヘニングはとても静かな声できれいな英語を話した。連れてくる女性たちとドイツ語(自国語だが)、フランス語も流暢に話していたから、若い時、子供の時から外国語を学んでいた、しかもどこか…

佐野 草介

佐野 草介 

バックナンバー

2019/11/14掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から
 
第634回「ハンターが殺到する狩猟解禁日」 up 

ここに住むまで、狩猟がこれほど盛んで、ハンターたちがモノ狂いしているように解禁日を待ち望み、その日を待って、ソレッとばかり一斉に繰り出すことを知りませんでした。そして、狩猟がこれほど大きなビジネスだとは想像もしていませんでした。 解禁になる数ヵ月前から、新聞やインターネット、通販に大きなスペースを割いてライフル、ピストル、散弾銃、ハンティング用のボウガン(石弓)、コンパウンドボウ(弓の上と下に輪のついた強力なもの)、そして弾丸の宣伝が出るようになります。街中でも、銃砲店、スポーツ用品店だけなく、スーパー、石黒ホーマーのような工具店、金物屋、農機具販売店まで、鉄砲、弾丸、皮を剥ぐためのナイフ、アウトフィット(カモフラージュ服、まるで戦争にでかけるような服装、ブーツ、帽子、バックパックなど)、カモフラージュの服装と相反するように、他のハンターに間違って撃たれないように、彩度の高いオレンジ色のベストと帽子などを売る狩猟コーナーを大きく設け、大売出し風にショーバイに励むのです。ハンターさんたち、鹿やエルクにはカモフラージュ・アウトフィットで近づき…

グレース・ジョイ

Grace Joy  
(グレース・ジョイ)
バックナンバー

2019/11/07掲載

■ギュスターヴ・ドレとの対話
~谷口 江里也
 
第23回「スペイン」

相変わらず仕事が山積し、上流階級とのお付き合いがますます増えていたにも関わらず、『ドン・キホーテ』に膨大なネルギーを投入したことでも明らかなようにスペインが大好きだったあなたは、『ロンドン巡礼』を発表した翌年の1873年に、スペイン通のダヴィジェール男爵とスペインを探訪しています。男爵とはそれ以前にも何度も一緒にスペインを旅していますが、今回の旅にはスペインに関する総合的な本を創るという明確な目的がありました。 ダヴィジェール男爵によれば、それはあなたのかつてからの念願でもありましたから、訪れた場所も極めて多く、ピレネー、カタルニア、サラゴサ、バルセロナ、バレンシア、マドリッド、ムルシア、グラナダ、ハエン、マラガ、ジブラルタル、アルヘシラス、セビージャ、コルドバ、エストレマドゥーラ、トレド、アビラ、オビエド、ブルゴス、グアダラハラ、バスク、バレアレス諸島などなど、あなたが訪れた主な場所をあげただけでも、この旅がスペイン全土を巡る大旅行だったことがわかります。もちろん闘牛やフラメンコなどもしばしば観ていて、要するにあなたはスペインを知り尽くそう、あるいはスペインを描き尽くそうとしたのでしょう。

elia

谷口 江里也 

バックナンバー

2019/11/14掲載

■よりみち~編集後記 up  
11月8日(金)参議院予算委員会の国会中継で共産党・田村智子議員が、毎年開催されて年々その規模が大きくなっている「桜を見る会」について厳しく追求。この「桜を見る会」は、1952年の吉田内閣総理大臣時代から始まっている首相主催による半世紀も続く伝統的なイベントで、各界で功労・功績のある方を各府省が推薦して招待しているはずが、安倍首相や閣僚らが地元後援会員を多数招待しており、実態は国費を使った後援会活動に過ぎないのではないかと糺した。安倍首相は自分が直接人選をしたり招待したりすることはないと回答してすべて内閣府がやっていることとして逃げ回ったのだが、安倍首相の地元山口県の後援会役員など850名が招待され、前夜祭と称して都内のホテルにてパーティーが開催され、安倍夫妻との記念撮影、そして当日は会場の新宿御苑の開門前の午前7時半からバス17台に分乗して乗り付け、そこにもまた安倍夫妻が記念撮影のために合流しており、これは首相動静コラムでも確認済みなのである。安部首相にとっての「桜を見る会」は国費の税金を使って合法的にできる安倍晋三後援会行事となっていることは明白である。合法的と思っているのは自民党幹部も同様のようで、11月12日(火)の記者会見で、自民党の二階俊博幹事長は…

よりみち

「のらり」編集部

バックナンバー

【のらり文庫】電子書籍販売中

mail お問合せ・ご意見はこちらから

バックナンバー
インタビュー
jun_gallery


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 1
amazon cover
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Kindle版
 
<<佐野 草介の著書>>
アウトローシリーズ 2
amazon2 amazonPO8 Cover
ブラック・バート“PO8”
駅馬車専門の紳士的怪盗

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 3
amazonEarp Cover
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 4
amazonKid Cover
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 5
amazonjjames_cover
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Kindle版


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 6-10
amazonjyoketsu_s
西部女傑列伝
伝説の女性アウトローたち

Kindle版



<<佐野 草介の著書>>
kindle版
貿易風の吹く島から
カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Kindle版


<<Grace Joyの著書>>
joy_coveramazon
グレートプレーンズのそよ風
アメリカ中西部今昔物語

Kindle版


<<谷口 江里也の著書>>
amazon01

ibiza-catamazon
イビサ島のネコ
Los Gatos de Ibiza



<<杉山淳一の著書>>
amazon

amazon01
ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。
日本全国列車旅、
達人のとっておき33選

  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] ~西部アウトロー列伝 Part1:Butch&Sandance
 佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] ~アメリカ中西部今昔物語
 Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] ~カリブ海のヨットマンからの電子メール
 佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] ~移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/~イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
 湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] ~西海岸修行編
 中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 ~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

 谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

 谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] ~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
 谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
 海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] ~my United Stars of Atlantis
 谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
※注意:現在、ジャンクメール増加のため自動登録を中止しています。こちらから「ニュース希望」とご連絡ください。



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari