のらり      大好評連載中   
 
2015/07/23掲載

■新・汽車旅日記
〜平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第556
回「きっかけはラジオ出演 − はやぶさ1号 東京〜仙台 −」  
2014年4月8日。06時32分。東北新幹線はやぶさ1号は定刻で東京駅を発車した。私の座席は2号車5番A席。海側である。もっとも東北新幹線から海は見えない。ただし景色を楽しむならE席がいい。安達太良山ほか、北関東や東北の名山が見える。A席のメリットは、すれ違う列車が見える。そして東向きだから朝日を浴びる。それが気持ちいい。ホットの缶コーヒーを開けた。微かな香り。旅の始まりである。車窓から建物が減り、列車は首都圏を脱しつつある。07時ちょうど。私は朝食の駅弁の包みを開く。東京から北へ向かう列車で、なぜか私の選択は“小倉のかしわ飯”だ。東京駅の駅弁屋は品数が豊富で楽しい。しかし、東京駅の名物駅弁は何だろう。そういえば深川飯もあったな。私は魚介類が苦手だから買えない。好物は山形県米沢駅の牛肉系だけど、これも東京駅では定番になりつつある。今回の選択は、私が牛肉よりも鶏肉好きであり、珍しいからであった。鶏肉駅弁はハズレがない。うまい。駅弁の箱を片付けて、私は財布からきっぷを出し、テーブルに並べた。

杉山 淳一

杉山 淳一

バックナンバー

2015/07/16掲載
■店主の分け前
〜バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第285回「流行り歌に寄せて No.95「長崎の女〈ひと〉」?昭和38年(1963年)」 

私は、今まで九州を何度か訪ねており、福岡、大分、宮崎、鹿児島県には行ったことがあるが、なぜか西側に位置する佐賀、長崎、熊本県には足を運び入れたことがない。長崎県には、以前勤務していた会社の事業所もあり、在職中、あるいは退職後もその事業所の方に何回か誘われたことがあった。また、私の妹の夫の実家が佐世保ということもあって、訪れるチャンスはあったにも関わらず未だに実現していないのだ。なかなか行けないということは、ある意味想像を逞しくする。異国情緒を感じる地に一人密かに佇む、長崎の女性には憧れを伴い、そんな印象を抱いている。この曲は私の心情を反映してくれる気がして、以前から大変好きな曲だったのである。作詞家のたなかゆきをは、明治大学商学部を卒業。印刷会社の取締役に就任したのちに、母校の付属校である明治大学付属明治高等学校、中学校で教師をしながら作詞家を目指したという、珍しい経歴の持ち主である。 昭和32年に石本美由起の門下生となり、彼の主催する歌謡同人誌「新歌謡界」の準同人として入会し、活動し始めた。
金井 和宏 金井 和宏

バックナンバー
2015/07/16掲載

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
〜西部アウトロー列伝 Part 5
 
第146回「ジェシー・ジェイムス〜創られた英雄 その146 エピローグ
  <最終回>
初めてジェシー・ジェイムスの育ったカーニィーの農園を訪ねたのは、40年近くも前のことになろうか。家は崩れかかった丸太小屋にコロニアル風の木造2階建ての家を無理に繋げた小さなもので、畑の向こうに奴隷小屋が並んでいた。私たちのほかに訪問者はなく、地元の大学で歴史を専攻する学生が順に当番に当たっているだけだった。その日はアメリカ南北戦争を専門にしている女学生が、寒そうにポツネンと居間の椅子に腰掛けて本を読んでいた。もちろん、入場料などなかった。まだ、カーニィーの町も、この観光資源を有効に生かそうとしていなかった。30年経ってから、もう一度カーニィーを訪れて驚いた。広々とした駐車場に迎えられ、大きな博物館が隣接されていたのだ。そこで入場料を払い、ジェシーのピストルやライフル(だと伝えられているものだが)、ゼラルダやサムエルの大きなパネル、ジェイムス家とは関係のない、ただその当時のモノというだけの、家具や馬具が展示された狭い会場を回らなければ、オリジナルの家に入れないようになっていたのだ。

佐野 草介 佐野 草介 

バックナンバー
2015/07/23掲載
 

■亜米利加よもやま通信
〜コロラドロッキーの山裾の町から
 
第423回「"アフリカ系アメリカ人"受難の年」
  
一昔前まで、平然と"ニガー"と呼んでいたのが、"ブラック"も偏見用語で、今では"アフリカ系のアメリカ人"と書き、呼ばなくてはなりません。新聞でもテレビでも、記者やレポーターがブラックとかニガーと呼ぼうものなら、即座に首が飛ぶことでしょう。しかし、呼び方をどう変えようが、アメリカ人の心の中は変わっていないようで、まだ黒人イコール奴隷、怠け者、教育がないという見方は、一昔前と何ら変わっていないようなのです。この数年、黒人問題(アフリカ系アメリカ人と書かなければ、アメリカの出版、報道規定にひっかかり、仕事をさせてもらえなくなりますが、ここではノラリの編集者が寛大な心を持っていることを期待して、呼び慣れた黒人とします)が再燃し始めました。まるで、マーティン・ルーサー・キングが公民権運動を展開し、殺された1960年代に舞い戻った感じがします。最近のボルティモアでの戒厳令は、フレディー・グレイさんが逮捕され、護送車で警察署に連行される途中、具合が悪くなり、行き先変更をして病院に担ぎ込まれましたが・・・

グレース・ジョイ Grace Joy
(グレース・ジョイ)
バックナンバー
2015/07/09掲載

■現代語訳『枕草子』
〜表現哲学詩人谷口江里也が翻訳

第13回「その九の三 暗くなってから」  
暗くなってから、犬に食べ物をあげてみたけれど、ちっとも食べないので、私たちは、これはやっぱり翁丸じゃないわねと言って、もう、そのことについてあれこれ考えるのは止めることにした。朝になって、中宮さまが、髪を梳かれたり、お顔を洗われたりなど、朝の身支度をなさる時には、私がお鏡を持ってお手伝いをしたのだけれども、見れば、例の犬が柱の隅にいる。中宮さまに、昨日は本当に可哀相でしたね、翁丸が、さんざん打ち据えられて死んでしまったなんて、本当に可哀相なことでした。今度この世に生まれてくるときには、何に生まれ変わってくるのでしょう。つくづく胸の痛むことでしたね、と私が言うと、そこにいた犬が、なんと、体をわなわなと震わせ、目から涙をボロボロ落とし始めたので、心底、びっくりしてしまった。さてはおまえは翁丸ですね、きっとそうでしょう。昨日は、そうとはわからないように、翁丸ではない振りをしていたのでしょう。なんとまあ可哀相にと思ったけれども、同時に、なんだかそのいじらしさが、このうえなく可笑しくも思えてきた。お鏡を置き、犬を見つめて・・・

谷口 江里也 谷口 江里也

バックナンバー
2015/07/23掲載

■よりみち〜編集後記  

元最高裁判事や元内閣法制局長官、憲法学者300名以上(そのうち3名だけが合憲主張)、さらに「安全保障関連法案に反対する学者の会」(1万名以上の学者が登録済み)などなど、今回の「平和安全法制整備法案」に反対する人々が増加し続けている中、2015年7月15日、衆議院での強行採決を予定通り実施した安倍政権は、参議院での審議がたとえ終了しなくても、会期末の9月末には再度衆議院での強行採決により成立させようと、なりふり構わず強行突破しようとしている。これは第96代内閣総理大臣、安倍晋三の個人的で、怨念的なミッションであり、平和国家としての日本憲法を、狂信的な一人の政治家が歪めようとしているだけではなく、戦後大切に守ってきた憲法第9条の戦争放棄という日本の宝を無にしようとしている。すでにフランスやアメリカの雑誌や新聞などで安倍総理の狂信的な発言や行動が特集され、日本が戦前の軍国主義に戻ろうとしていることに警戒を強めており、その分析は日本国内よりも冷静に、そして的確に行われている。安倍自身も自由民主党としても、説明が足りないからまだ国民が理解していないだけで・・・

よりみち 「のらり」編集部

バックナンバー

  バックナンバー インタビュー
のらりギャラリー
A garden of the spring

 


  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] 〜西部アウトロー列伝 Part1:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] 〜アメリカ中西部今昔物語
Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] 〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] 〜移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/〜イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] 〜西海岸修行編
中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 〜世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 〜谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] 〜谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] 〜谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] 〜my United Stars of Atlantis
谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
         メールアドレス

  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち Part5
 【亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]   [岩の記憶、風の夢 ] 
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [随想『奥の細道』という試み ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2015 Norari