のらり      大好評連載中   
 
2015/05/14掲載

■新・汽車旅日記
〜平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第551
回「要塞海峡 - 火の山ロープウェイ・サンデンバス・関門汽船 -」  
関門トンネル人道の山口県側出入り口から船で福岡県に戻る。クローバーきっぷにはサンデンバスの片道きっぷが含まれている。区間は人道出口に接する御裳川停留所から港のある唐戸停留所まで。停留所の時刻表を確認すると、唐戸方面下関行きは1時間に10本以上も走っている。運行間隔が不揃いだから、各地から下関行きのバスが集まっているようだ。そのバスに乗る前に、ちょっと寄り道をしてみた。御裳川停留所から徒歩5分の場所に、火の山ロープウェイがある。高いところへ上って、今度は山口県側から関門海峡を眺めたい。関門トンネル人道の駐車場北側にロープウェイの看板がある。住宅街の小道を上り、看板の矢印に従って並木道を通り抜けると、10分ほどで鉄筋コンクリートの簡素な駅舎に着いた。火の山ロープウェイは下関市が運行している。市営の公共交通である。3月から11月まで稼働し、運休日は火曜日と水曜日。運行時間は10時から17時まで、00分、20分、40分に出発する。今日は水曜日だけど、調べてみたところ、ゴールデンウィークは運行している。それがあまり周知されていないか、あるいはカレンダー通りに・・・

杉山 淳一

杉山 淳一  ※今週休載

バックナンバー

2015/05/07掲載
■店主の分け前
〜バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第281回「流行り歌に寄せて No.91 「エリカの花散るとき」〜昭和38年(1963年)」 

私がお仕えしている中宮定子さまのご実家すじの、大進(だいじん)の職に就いておられる生昌(なりまさ)さまのお屋敷に、中宮さまが、出産のご準備をかねてお出向きになられたときのこと。当然、車で中まで入るところが、四脚門のところで、御車(おくるま)を降りて、興(おこし)に乗って入らなくてはならないことになってしまった。 行事があるときのように、お公家さまたちが列席されておられるということはないので、中宮さまも私も、女房たちも車に乗ってお屋敷に入ろうと思っておりました。だから、人目を気にして髪の毛をなで付け、ちゃんと化粧をしたりなどもせず、身なりも普段着のままできてしまったのに、お屋敷に車をつけて、誰にも見られずに車を降りて中に入るはずのところが、白い薄布で覆った檳榔毛(すくねげ)の車が、門が小さいために中に入れない。しかたなく、蓆むしろである筵道えんどうを敷いて家に入るはめになってしまったのが、苦々しくも憎らしく、ほんとうにもう、殿上人(てんじょうびと)の生昌さまともあろうお方が、いったいなんとしたことでしょう。車を降りて筵道を歩く姿を、ずらっと立ち並んだ下々の者に見られたりなどし・・・
金井 和宏 金井 和宏 ※今週休載

バックナンバー
2015/05/21掲載

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
〜西部アウトロー列伝 Part 5
 
第138回「ジェシー・ジェイムス〜創られた英雄 その138 残された者、兄フランク・ジェイムスのその後  

何度もアウトローから足を洗おうとし、その都度、弟のジェシー・ジェイムスに引きずられるように強盗を働き続けたフランクも、ジェシーの死に一つの時代が終わったことを観た一人だった。ジェシー・ジェイムスの暗殺を知った時、フランクは東部、ボルティモアで、妻のアニーと子供たちと隠れ棲んでいた。彼は40歳になろうとしていた。フランクは17歳で南軍に参加し、南北戦争後もブッシュワッカー・ゲリラとして過ごし、その後もコール・ヤンガーとともに、ジェイムス・ヤンガー=ギャング団の中心的役割を演じてきた。ミネソタ州、ノースフィールドの手痛い失敗から、アウトロー生活を打ち切ろうとしていたが、自分が犯罪者としての償いを、罰を公に受けることなしに、本当の意味での新しい生活に入れないと実感していたと思う。フランクは、ジェイムス・ヤンガー=ギャング団の中では群を抜いてインテリだったし、現実を直視できる冷徹な目も持っていた。彼がどのようにしてそんな教養を身につけたのか分からないが、フランス語は流暢だったし、ドイツ語もママ通じる程度に会話ができた。

佐野 草介 佐野 草介 

バックナンバー
2015/05/21掲載
 

■亜米利加よもやま通信
〜コロラドロッキーの山裾の町から
 
第414回「求職活動とジョブ・フェアー」
 
もうすぐ学年が終わり、卒業式の季節です。学生さんにとっても、私たち教職にある者にとっても一番忙しい季節です。学生さんが引きも切らさず私の事務所を訪れ、就職や他の大学の大学院に進学するための推薦状、奨励状を書いてくれ…と押しかけてきます。両手を挙げて推薦できる生徒さんばかりならいいのですが、どうしようもない、とても推薦できない生徒さんも沢山いますから、そんな生徒さんには学研的なことは言わず、触らず、性格がとても良い(勉強ができない)、人間関係を上手に保つ(授業中おしゃべりばかりしていて、集中力がない)、好きなことを一生懸命こなす潜在能力がある(ゲームをやり、アニメばかり見ている)と書いたりで、私にもそれなりの苦労があるのです。日本の大学では、就職のお世話をする専門の職員、課があり、そこへ企業も求人広告、内容を持ってきたり、教授のところへも優れた卒業生を回してもらえるよう企業がツテを求めてアイサツにきたりする…そうですが、アメリカの大学ではまず、全くと言ってよいほど就職の世話をしません。

グレース・ジョイ Grace Joy
(グレース・ジョイ)
バックナンバー
2015/05/21掲載

■現代語訳『枕草子』
〜表現哲学詩人谷口江里也が翻訳

第7回「その八の一 大進生昌」  
私がお仕えしている中宮定子さまのご実家すじの、大進(だいじん)の職に就いておられる生昌(なりまさ)さまのお屋敷に、中宮さまが、出産のご準備をかねてお出向きになられたときのこと。当然、車で中まで入るところが、四脚門のところで、御車(おくるま)を降りて、興(おこし)に乗って入らなくてはならないことになってしまった。行事があるときのように、お公家さまたちが列席されておられるということはないので、中宮さまも私も、女房たちも車に乗ってお屋敷に入ろうと思っておりました。だから、人目を気にして髪の毛をなで付け、ちゃんと化粧をしたりなどもせず、身なりも普段着のままできてしまったのに、お屋敷に車をつけて、誰にも見られずに車を降りて中に入るはずのところが、白い薄布で覆った檳榔毛(すくねげ)の車が、門が小さいために中に入れない。しかたなく、蓆むしろである筵道えんどうを敷いて家に入るはめになってしまったのが、苦々しくも憎らしく、ほんとうにもう、殿上人(てんじょうびと)の生昌さまともあろうお方が、いったいなんとしたことでしょう。車を降りて筵道を歩く姿を、ずらっと立ち並んだ下々の者に見られたりなどして・・・

谷口 江里也 谷口 江里也

バックナンバー
2015/02/19掲載

■よりみち〜編集後記  

2015年に入って、イスラム過激派組織のアルカイーダ系の風刺新聞社の襲撃事件や自称「イスラム国」(ISIL)による日本人2名の人質殺害事件、そしてデンマークでの風刺画家を狙った襲撃事件など、テロ事件が頻発している。日本人人質事件では、それに乗じた(?)のか、安倍総理は海外での人質事件等に自衛隊派遣を正当化させようとしたり、集団的自衛権行使容認の方向へと国民の関心を持っていき、憲法改正の流れをどうしてもつくりたいようで、その強引な手法に恐怖を覚える。安倍総理は一体何を考えているのだろう? 深読みをすると、この人質事件を契機にアメリカと相談をして勝負に出たのではないかとさえ思える。人質事件の発生を周知の上、身代金要求の事実まで分っていながら、イスラエルでのネタニエフ首相との握手や、ユダヤ人迫害の歴史をまとめたホロコースト博物館でのパフォーマンス、エジプトでのイスラム国を名指して、「ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します」と明言してしまっていること。人質事件が公になった後も、人命救助が最優先と発言して、あらゆる可能性を使って交渉する・・・

よりみち 「のらり」編集部

バックナンバー

  バックナンバー インタビュー
のらりギャラリー
A garden of the spring

 


  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] 〜西部アウトロー列伝 Part1:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] 〜アメリカ中西部今昔物語
Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] 〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] 〜移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/〜イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] 〜西海岸修行編
中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 〜世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 〜谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] 〜谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] 〜谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] 〜my United Stars of Atlantis
谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
         メールアドレス

  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち Part5
 【亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]   [岩の記憶、風の夢 ] 
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [随想『奥の細道』という試み ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2015 Norari