のらり 大好評連載中
2020/04/09掲載

■新・汽車旅日記
~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第708回「東海道新幹線と並んで - 近江鉄道本線 米原駅~彦根駅 -」
 up
2017年末、東京から神奈川へ転居した。高齢の母が住む実家に戻り、そのうちに始まる老人介護、老犬介護に備えるためだ。最寄り駅がJR京浜東北線の大森から、東急田園都市線のたまプラーザ、またはあざみ野になった。駅から徒歩40分、バス15分だから、最寄りと言うにはおこがましいけれども。東海道新幹線の最寄り駅は品川から新横浜になった。あざみ野から横浜市営地下鉄で直行できる。あるいは、田園都市線で長津田に出てJR横浜線だ。クルマで新横浜駅まで行き、駅のウラの駐車場に駐めてもいい。駐車料金の1日上限金額はバスと電車の往復運賃より安い。これは意外な穴場で、東京駅や品川駅ではこうはいかない。どれも面白そうだから、いろいろ試してみようと思う。2018年2月24日土曜日。米原へ向かうため、07時52分発の「ひかり503号」に乗るつもりで新横浜駅へ。今回は素直に、乗り換え検索アプリ…

杉山 淳一

杉山 淳一  

バックナンバー

2020/03/26掲載

■店主の分け前
~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第392回「流行り歌に寄せて No.192 「今は幸せかい」~昭和43年(1968年)」 
 
佐川満男。不思議な雰囲気を醸し出す人である。昭和30年代、20歳前から音楽の世界に入り、昨年80歳を迎えているので、60年以上のキャリアを持つ。最初は、大阪は難波の坂町(阪町?)にあるジャズ喫茶「銀馬車」のオーディションに合格して「クレイジー・バブルス」というバンドに入る。そこで内田裕也とのツイン・ボーカルを組んで人気を博した。昭和33年4月1日に神田共立講堂で行なわれた「東西対抗ロッカビリィ大会」で知り合った堀威夫(後にホリプロを創立)に誘われて「ザ・スイング・ウエスト」に加入するために上京をする。昭和35年4月、ニール・セダカが来日した際、ザ・スイング・ウエストが、彼のバンドを担当した縁から、何と本人が歌う予定で未発表だった『二人の並木道』を、セダカから佐川はプレゼントをされるのである。この曲で、ビクターレコードから「佐川ミツオ」の名前で…

金井 和宏

金井 和宏  ※今週休載します
   
バックナンバー

2020/04/09掲載

■イビサ物語
~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 
第112回「イビサ上下水道事情 その3」
 up
中近東の砂漠のアラブ諸国ほどではないにしろ、地中海の国々でも、水は生命線だ。大きな川のないところに文明は育ちようがない。古代から中世、そしてほんの百年ほど前まで、イビサでは飲料水は雨水に頼っていた。イビサの農家はもとより、城砦を取り巻くダル・ヴィラ、港に面した旧市街の家には雨水を貯めるために地下を掘り下げたシステルナと呼ばれる貯水槽があり、そこへ緩やかな傾斜をつけた屋上で集めた雨水を流し込み蓄えるのだ。イビサの城砦には何箇所も深い井戸があるが、それらはいずれも城砦の全表面を網羅する雨水を流し込み、溜めておくためのシステルナ=貯水槽から水を汲み上げるためのもので、岩山の上に建った城に地下水、井戸はない。いくら乾燥した地中海でも、秋から冬にかけて雨が降る。時には豪雨と呼びたくなるほど、ドバッとばかり驟雨が襲う。そんな雨水を一滴でも…

佐野 草介

佐野 草介 

バックナンバー

2020/04/09掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から
 
第653回「スキーの悲劇~エリーズさんの死」
 up
私たちが2ヵ月、スキー三昧で過ごすと言うと、ワーッ羨ましいという人が半分、後の半分は骨折らないで、怪我しないで、と私たちの老齢を思い起こさせるような注意をしてくれます。スキーでの事故、怪我率は、他のスポーツ、幾つになってもできる運動、ゲーム、ゴルフやテニス、ハイキング、ゲートボールに比べ高いのは事実です。旅行保険をかける時に、危険なスポーツはしないという条項があり、スキーはロッククライミングなどと同様に危険スポーツに分類されています。 私たちがべースにしていたスキー場『モナーク』を去ったのは3月1日です。その3日後の3月4日に、我々モナーク老体スキーグループ“雪ヤギ会”を揺るがす事件が起こりました。大ベテランのエリーズさんが木に激突して亡くなったのです。 “雪ヤギ会”といっても正式のメンバー登録があるわけでなし、朝ロッジでスノーブーツを脱いで、重くて硬いスキー靴に履き替えるため(これが結構な一仕事なのです)、ピクニックルームで顔を合わせる面々のことで、総勢20人ほどです。

グレース・ジョイ

Grace Joy  
(グレース・ジョイ)
バックナンバー

2020/04/09掲載

■鏡 花 水 月
~ 私の心をつくっていることなど
 
【緊急特番 02】
「ヒトと言葉」
 
up
せっかく桜が綺麗に咲いたのに、なぜか昨日、季節外れの雪が降って、今日にはもう雪は溶けていたけれど、心なしか桜の花の色がくすんでしまったように見える公園の、それでもまだまだ美しい桜の樹の下で、四、五歳くらいの子どもがブランコに乗って遊んでいる。向かいのベンチには母親が座って子どもを見守っている。「ママー、見て」。子どもが嬉しそうな声を上げる。子どもが勢いよくブランコを漕ぐ。大きく揺れるブランコに乗る子どもの嬉しそうな笑顔。気をつけてね、と母親が言いながら子どもの方に近づいて行く。 ヒトは他者と力を合わせることで生きてきた。何万年か、何十万年かは知らないけれど、遠い遠い昔からヒトは寄り集まり助け合って生きてきた。地球がつくりだした自然の中で生まれたヒトは、信じられないことに、それから絶えることなく命をつないできた。自然の恵みを糧にして命を養い、愛し合って子どもをつくり、営々と命をつないできた。鳥も獣も虫も人も、命あるものはみんなそうして命をつなぎ続けてきた。獅子のような…

elia

谷口 江里也 

バックナンバー

2020/04/09掲載

■よりみち~編集後記  up   
新型コロナウイルス感染症のニュースばかりの毎日がこれほど続くとは誰が想像していたでしょうか? 欧州では戦争にたとえている国もあり、正に目に見えぬ敵との地球規模の闘いが始まっている。もはや北朝鮮がミサイルを発射しようが、中国とアメリカが派遣争いをしようが、イスラム国がまた息を吹き返してアフリカで金鉱山に目をつけているとかのニュースを聞いても、それどころではなく、緊急事態宣言がどうなるのか、会社は休業しなくていいのか、医療崩壊は本当に起こる可能性があって、人工呼吸器の増産はどうなっている、医療用マスクが無くてどうするんだ、陽性でも軽症者は自宅隔離だと言うが、誰にも感染させないことがホントに可能なのか、それよりも休業補償や失職者補償がこんなことでよいはずがない、などなど、もう生活とコロナウイルスを切り離すことが困難な状況になっています。すでに世界では150万人が感染し、8万人が死亡している(4月8日現在)。中国・武漢から始まった新型コロナウイルスも、今では欧州とアメリカが感染爆発の震源地に替わっており、特にニューヨークでの感染者の激増、イタリア、スペインの医療崩壊による死亡者の激増が特に増えている。

よりみち

「のらり」編集部

バックナンバー


【のらり文庫】電子書籍販売中

mail お問合せ・ご意見はこちらから

バックナンバー
インタビュー
jun_gallery


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 1
amazon cover
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Kindle版
 
<<佐野 草介の著書>>
アウトローシリーズ 2
amazon2 amazonPO8 Cover
ブラック・バート“PO8”
駅馬車専門の紳士的怪盗

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 3
amazonEarp Cover
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 4
amazonKid Cover
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 5
amazonjjames_cover
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Kindle版


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 6-10
amazonjyoketsu_s
西部女傑列伝
伝説の女性アウトローたち

Kindle版



<<佐野 草介の著書>>
kindle版
貿易風の吹く島から
カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Kindle版


<<Grace Joyの著書>>
joy_coveramazon
グレートプレーンズのそよ風
アメリカ中西部今昔物語

Kindle版


<<谷口 江里也の著書>>
amazon01

ibiza-catamazon
イビサ島のネコ
Los Gatos de Ibiza



<<杉山淳一の著書>>
amazon

amazon01
ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。
日本全国列車旅、
達人のとっておき33選

  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] ~西部アウトロー列伝 Part1:Butch&Sandance
 佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] ~アメリカ中西部今昔物語
 Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] ~カリブ海のヨットマンからの電子メール
 佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] ~移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/~イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
 湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] ~西海岸修行編
 中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 ~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

 谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

 谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] ~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
 谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
 海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] ~my United Stars of Atlantis
 谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
※注意:現在、ジャンクメール増加のため自動登録を中止しています。こちらから「ニュース希望」とご連絡ください。



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【鏡花水月~私の心をつくっていることなど 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [ギュスターヴ・ドレとの対話]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2020 Norari