のらり 大好評連載中
2018/05/10掲載

■新・汽車旅日記
~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第661回「石山寺ハイキング -京阪電鉄石山坂本線 浜大津駅~石山寺駅-」
 
浜大津駅は京阪電鉄石山坂本線の中間駅だ。ここに京津線が接続する形で全体が大津線と称され、路線略図で丁の字になっている。"石山坂""本線"ならば、京津線が支線だろうか、と勘違いしそうだけど"石山""坂本""線"である。先に"石山"側へ行く。駅名は"石山寺"である。京津線の電車を降りたプラットホームでしばらく待つと、濃淡の緑色に塗られた細身の電車がやってきた。腰から下が濃緑色、窓から上が黄緑色、かつての京阪電鉄の標準色だ。抹茶ババロアの上に抹茶ソフトクリームをのせたような、私の好きな緑色。2016年現在、大津線のみ残されている。 比叡山のある坂本からやってきた電車で、車内は混雑していた。私は運転台の後ろに立った。電車はまっすぐな複線区間を揺れながら走る。京津線に比べて、かなり整った線路だと思う。じつは、浜大津から京阪膳所までは、かつて官営鉄道だったそうだ。

杉山 淳一

杉山 淳一 ※今週休載です。

バックナンバー

2018/05/10掲載

■店主の分け前
~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第351回「流行り歌に寄せて No.156 「僕らの町は川っぷち」~昭和42年(1967年)」

名古屋市港区一州町 中電(中部電力)アパートH401号。これが私たちの住まいだった。生まれてこのかた平屋住まいで、階段のある家に住んだことのない私たち家族にとって、いきなりアパートの最上階での生活が始まった。(考えてみれば、私自身はそれ以来35年間は、ずっと2階以上の住居で暮らし続けた) アパートのそばには、名港火力発電所という、5本の大きな煙突をもつ発電所があった。その規模はかなりのもので、かつては東洋一の巨大な火力発電所であったらしい。だだっ広い(名古屋弁に翻訳すれば“どえりゃあ ひれい”)土地に、変電所も二つ設けられているという、大変なスケールであった。 今回調べてみると、昭和12年に起工されたものということで、当時としても30年稼働していた発電所で、最大時には5号機までがフル稼働していた。昭和57年に廃止されるまでほぼ半世紀弱、中部電力の火力発電事業の…

金井 和宏

金井 和宏  

バックナンバー

2018/05/17掲載

■イビサ物語
~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 
第20回「“元ナチスドイツSS隊員”のクルツさん」 up
イビサには固定したファンのようなリピーター避暑客の外国人が多い。島に自分の別荘を持っている人たちは当然だとしても、毎年のように2週間、3週間のヴァカンスをイビサで過ごす人たちがたくさんいるのだ。彼ら、ドイツ、イギリス、北欧の人たちは、毎年どこか違う避暑地、ギリシャの島々やマルタ島、スペイン南部のコスタ・デル・ソル、それにアリカンテ、カナリア諸島、ポルトガル、南イタリアなどで過ごした末、自分に最も合ったヴァケーションランドとしてイビサを選らんだことのようだった。 よって、イビサに毎年来て、20年、30年という、いわばイビサ大べテラン組が大勢生まれることになる。ドイツ、イギリス、北欧の人たちの太陽に対する憧れは信仰に近いものがある。彼らの太陽信仰は北の国の低い雲がどんよりと空を覆い尽くす、寒く湿った長い冬場を何年か過ごさなければ理解できないのだろう。

佐野 草介

佐野 草介 

バックナンバー

2018/05/17掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から
 
第562回「アメリカではあり得ない“掃除当番”」
 up
私が勤めているのは生徒数が1万人少々の中規模な大学です。アイヴィーリーグや大きな州立、私立の大学のように大木が森のように茂り、緑に覆われたキャンパスにはとても及びませんが、田舎町の中心に南北に8ブロック、東西に4ブロックを占め、大小合わせると20ほどのビルディングがあります。 私の研究室、といっても大きな机が二つ、椅子が4脚、本棚が二つで一杯になってしまうくらいの広さ(狭さ?)ですが、毎日、掃除のエミリー叔母さんがゴミ箱を空にし、バキューム掃除機をかけてくれ、建物自体がまだ2年しか経っていないこともあり、とても清潔です。 エミリー叔母さんは、と言っても、私と同じくらいの歳でしょうけど、私の事務所のあるエスカランテビルの掃除を幾人かで受け持っています。このビルに大小の教室が十幾つかあり、他に私の部屋の…

グレース・ジョイ

Grace Joy 
(グレース・ジョイ)
バックナンバー

2018/05/17掲載

■『ひとつひとつの確かさ』
~表現哲学詩人 谷口江里也の映像詩
 
第30回「いつでも飛べる ~Ready to Fly」
 up

30_ts


いつでも飛べる。
少し強めの風がもうひと吹きすれば
風に乗って種とともに
はるかかなたへと飛んでいける。
……

elia

谷口 江里也 

バックナンバー

2018/05/10掲載

■よりみち~編集後記  

平昌冬季オリンピック以来、北朝鮮のカリアゲ君(金正恩;34歳)に世界が振り回されている。オリンピック前まで長距離ミサイルを何度も発射してアメリカに挑発を繰り返し(2017年だけでも失敗を含め16回打ち上げ)、さらに核実験も2017年9月3日には6回目の最大規模実験を実行し、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)装着用の水素爆弾の実験で完全に成功した」と発表している。アメリカはこの発表に対しては懐疑的なコメントしか出してはいないが、大陸間弾道弾がアメリカ本土に到達する可能性が高くなっていることを危険視していて、カリアゲ君とトランプ大統領による罵り合戦まで繰り広げられ、「オレの核のボタンの方がデカイ!」とか言う、まるで冗談のようなチキンレースを発展していた。このままエスカレートして、本気で武力攻撃まであるのではと、米軍基地の本拠地がある日本としてはビビるような情勢になっていたのだ。<北朝鮮略歴付き>

よりみち

「のらり」編集部

バックナンバー


【のらり文庫】電子書籍販売中

mail お問合せ・ご意見はこちらから

バックナンバー
インタビュー
jun_gallery


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 1
amazon cover
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Kindle版
 
<<佐野 草介の著書>>
アウトローシリーズ 2
amazon2 amazonPO8 Cover
ブラック・バート“PO8”
駅馬車専門の紳士的怪盗

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 3
amazonEarp Cover
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 4
amazonKid Cover
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 5
amazonjjames_cover
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Kindle版


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 6-10
amazonjyoketsu_s
西部女傑列伝
伝説の女性アウトローたち

Kindle版



<<佐野 草介の著書>>
kindle版
貿易風の吹く島から
カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Kindle版


<<Grace Joyの著書>>
joy_coveramazon
グレートプレーンズのそよ風
アメリカ中西部今昔物語

Kindle版


<<谷口 江里也の著書>>
amazon01

ibiza-catamazon
イビサ島のネコ
Los Gatos de Ibiza



<<杉山淳一の著書>>
amazon

amazon01
ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。
日本全国列車旅、
達人のとっておき33選

  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] ~西部アウトロー列伝 Part1:Butch&Sandance
 佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] ~アメリカ中西部今昔物語
 Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] ~カリブ海のヨットマンからの電子メール
 佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] ~移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/~イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
 湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] ~西海岸修行編
 中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 ~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

 谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

 谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] ~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
 谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
 海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] ~my United Stars of Atlantis
 谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
※注意:現在、ジャンクメール増加のため自動登録を中止しています。こちらから「ニュース希望」とご連絡ください。



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari