のらり 大好評連載中
2019/03/07掲載

■新・汽車旅日記
~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第682回「六丁の目のナゾ - 仙台市営地下鉄東西線 仙台~荒井 -」
 
始発列車に乗る人が、みな、1日の始まりというわけではない。仙台市営地下鉄の仙台駅。東西線のプラットホームで電車を待っていたら、若い男性グループが大声で話しながら現れた。黒いスーツ。振り回すネクタイは白。結婚式の二次会、あるいは三次会の帰り道といったところか。始発列車は夜の続き。都内の駅も同じだ。釣り竿を持った男たちがいると思えば、けだるそうに柱に寄りかかる若い女がいる。私はどうだったか。会社勤めの頃は、夜の続きの電車で帰ったこともあった。始発電車で1日を始められるとは、幸せなことかもしれない。夜通し遊ぶ幸せもあるけれど、あれは若さの特権だ。もう遊びで徹夜はできない。昨日は仙石東北ラインで仙台に戻って泊まり、今日は始発電車に乗る。開業して1年の仙台市営地下鉄東西線だ。

杉山 淳一

杉山 淳一 ※今週は休載します

バックナンバー

2019/03/14掲載

■店主の分け前
~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第369回「流行り歌に寄せて No.174 「小樽のひとよ」~昭和42年(1967年)」 up 

『お笑い頭の体操』という番組があった。昭和43年から50年にかけて放映されていたので、ちょうど私のティーンエイジャーの頃だった。中学、高校時代、土曜日の夜7時30分からTBS系で放映されたもので、毎週のように家族で観ていた記憶がある。司会の大橋巨泉もレギュラー解答者の月の家円鏡も、『替え歌コーナー』のアコーディオン奏者の横森良造も、皆あんなにお元気だったのに、今はもはや故人である。昭和44、5年の頃だったと思う。鶴岡雅義がゲストで出演した日があった。巨泉さんが「日頃から思ったり、希望していることを替え歌の中で歌ってみよう」と提案したところ、鶴岡が「僕のところは、三條君ばかりが目立ってテレビに映るので、こっちが全く目立たない。僕のアップもぜひ多く映してほしいと思っている」…

金井 和宏

金井 和宏  
 
バックナンバー

2019/03/14掲載

■イビサ物語
~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 
第59回「“ディア・デ・マタンサ”(堵殺の日) その1」
 up
今でこそ冷蔵庫のない生活は想像もできないが、イビサでは、私が住み始めるほんの十数年前まで、田舎にはまだ電気が届いていなかった。私が初めて島を訪れた時ですら、電気のない家は珍しくなく、チョット町から外れた田舎では、ケロシンランプ、ローソクだけが光源の生活をしていた。それがまた我らがヒッピー世代にウケ、片田舎の電気なしの家をバカ安値で借り、田舎暮らしをしている若者同胞が結構いたものだ。電気なし、冷蔵庫なしの時代は何千年も続いていたのだから、当然、食料の保存方法は工夫され、それなりに豊かだったのだろう。食料はすべて乾燥させるかオリーブ油に漬ける、塩漬けにして保存していた。あとは、豆、麦、米が主だったのではないか。イビサは季節ごとに採れる野菜は異なるが、一年中何らかのミドリを畑から…

佐野 草介

佐野 草介 

バックナンバー

2019/03/14日掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から
 
第600回「ローマ字とカタカナ語」
 up
もう長い間この『のらり』にコラム、雑文を書いていますが、日本語の最終点検はウチのダンナさんが盛大にアカを入れて校正してくれています。「お前、まだこんな間違いを犯すのか?」という表情をアリアリと見せることもあり、私としては、大いに落ち込むところです。でも、主題の掴み方、話題の展開の仕方、視点は面白い、独特だ…と褒められ、励まされることもあります。たまにですが…。ウチのダンナさんにいつも言われるのは、ローマ字や外来語、カタカナ語をできるだけ使うな…、もし日本語で表現できるなら日本語を優先しろ…ということです。その程度の日本語ですから、インターネットの日本語新聞、ニュースを見ていて、トンチンカンな読み違いをすることはショッチュウです。最近、日本女性の名前に“アナ”が増えたと思い込んでいたところ、男性にも“アナ”がいて、オカシイ、あっそうか、これはアナウサーの省略形だと気が付いた…

グレース・ジョイ

Grace Joy  
(グレース・ジョイ)
バックナンバー

2019/03/14掲載

■ギュスターヴ・ドレとの対話
~谷口 江里也
 

第6回「ドレの肖像写真」 
up
これは写真家のナダールが撮影したあなたの肖像写真です。写真の周りはあなたのスケッチで飾られています。写真というテクノロジーは、1826年にニエプスが紙に感光させた映像を定着させることに成功し、1838年にダゲールがダゲレオタイプと呼ばれることになる銀板写真を発明して以来、ヨーロッパで急激に進歩し、やがて世界中に広まっていきましたが、19世紀の半ば頃には、パリやロンドンなどに写真館が登場するまでに普及しました。フェリックス・ナダール(1820~1910)は、そんな写真家たちの中で最初にスターとなった人物の一人であり、16歳で知り合って以来の、あなたの親友でもありました。 写真の登場は、それまで視覚表現の王者だった絵画に強烈なインパクトを与えました。なにしろ画家が描く以上にそっくりな肖像画を、というより対象となる人物をそのままの姿で肖像写真にすることが可能になったからです。 それはまさしく革命でした。

elia

谷口 江里也 

バックナンバー

2019/03/07掲載

■よりみち~編集後記  
2019年2月27日-28日にベトナムのハノイで開催された第2回米朝首脳会談は、誰も予想していなかったまさかの結果となった。2018年6月12日にシンガポールで史上初めて開催された第1回米朝首脳会談では、「トランプ大統領は朝鮮民主主義人民共和国に安全の保証を与えると約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化に向けた断固とした揺るぎない決意を確認した」ことになっており、歴史的な米朝共同声明を発表した。この功績でトランプ大統領をノーベル平和賞に推薦すると言い出したどこかの総理大臣もいたほど、世界的なニュースになったのだった。それからほんの6ヵ月である。内外の報道機関は当然のごとく、北朝鮮の完全な非核化のスケジュールが示され、アメリカからは経済封鎖の部分的解除と経済支援の開始が宣言されるものと期待していた。朝鮮中央通信も28日に、金金正恩委員長のコメントとして、「今回の会談でみんなが喜ぶ立派な結果が出るだろう、最善を尽くす」と伝えていたわけだが、2日目の2月28日から…

よりみち

「のらり」編集部

バックナンバー

【のらり文庫】電子書籍販売中

mail お問合せ・ご意見はこちらから

バックナンバー
インタビュー
jun_gallery


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 1
amazon cover
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Kindle版
 
<<佐野 草介の著書>>
アウトローシリーズ 2
amazon2 amazonPO8 Cover
ブラック・バート“PO8”
駅馬車専門の紳士的怪盗

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 3
amazonEarp Cover
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 4
amazonKid Cover
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 5
amazonjjames_cover
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Kindle版


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 6-10
amazonjyoketsu_s
西部女傑列伝
伝説の女性アウトローたち

Kindle版



<<佐野 草介の著書>>
kindle版
貿易風の吹く島から
カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Kindle版


<<Grace Joyの著書>>
joy_coveramazon
グレートプレーンズのそよ風
アメリカ中西部今昔物語

Kindle版


<<谷口 江里也の著書>>
amazon01

ibiza-catamazon
イビサ島のネコ
Los Gatos de Ibiza



<<杉山淳一の著書>>
amazon

amazon01
ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。
日本全国列車旅、
達人のとっておき33選

  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] ~西部アウトロー列伝 Part1:Butch&Sandance
 佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] ~アメリカ中西部今昔物語
 Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] ~カリブ海のヨットマンからの電子メール
 佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] ~移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/~イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
 湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] ~西海岸修行編
 中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 ~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

 谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

 谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] ~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
 谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
 海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] ~my United Stars of Atlantis
 谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
※注意:現在、ジャンクメール増加のため自動登録を中止しています。こちらから「ニュース希望」とご連絡ください。



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari