のらり 大好評連載中
 
2017/03/23掲載

■新・汽車旅日記
〜平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第622
回「新技術の残骸と未来の電車 − 苗穂駅・札幌市電 −」 
札幌駅でSさんと別れ、Sさんの勧めに従って苗穂駅に来た。上りのトワイライトエクスプレスは札幌発14時05分。あと30分ほどで通過予定だ。ホームから見渡すと、札幌側の線路上に歩道橋が見えた。あそこが鉄道好きの展望台か。駅舎を出て右に曲がり歩道を歩く。雪がくるぶしの高さほど積もっていて、ひとり歩くぶんだけ路面が見えた。そこだけ除雪したか、獣道のように踏まれてできた自然の通路か。誰かとすれ違うときは私が避けた。相手は用事があって、私は物見遊山である。理由はそれだけではない。相手のほうが速く歩くから圧倒される。雪道に慣れた人は足が速い。大きなマンションの前を通り過ぎたところに階段があった。上っていくと、札幌方向は残念な景色。架線柱の桟に視界を遮られてしまう。そのかわり苗穂駅側は見晴らしがいい。駅も良いけれど、苗穂の車両基地の様子も見える。

杉山 淳一

杉山 淳一

バックナンバー

2017/03/16掲載
■店主の分け前
〜バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第323回「流行り歌に寄せて No.128 「赤坂の夜は更けて」「女の意地」〜昭和40年(1965年)」 

私が経営している店で、常に「僕は西田佐知子のファンです」と言い続けているので、ほとんどの常連客の方々は「はい、はい、よくわかっていますよ」と、軽く聞き流していらっしゃる。ところが時々、「マスター、じゃあ彼女のどこがそんなに良いの?」と聞いてくださる心優しい方も現れるので、私は待ってましたとばかりに、こう答えるのである。 「まず、あの声。他の人にはない、とても素敵な声質です。その声による歌唱力。そして何より、あの美しいお顔立ちです。戦前のことはよくわかりませんが、戦後の歌手の中では一番の美人ではないでしょうか」。しかし、お若い方々の中には彼女の顔を知っている人は少ないため、「『YouTube』で昭和40年の紅白に出場し『赤坂の夜は更けて』を歌っている彼女の姿を確認してください」とお話しすると、数日後…
金井 和宏 金井 和宏 

バックナンバー
2017/03/23掲載

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
〜西部女傑列伝 3
 
第4回「ポーカー・アリス 〜禁酒法執行前夜にギャンブルサロン開業」
 
ポーカーは賭け方、ハッタリのかまし方、相手がどのような手札を持ち、どこまで突っ張ってくるか、たいしたカードを持っていないのにハッタリだけで勝負しているのかを見極めるところに妙があり、自分の顔を読ませず(いわばポーカーフェイスをつくり)相手の小さな表情の変化を読むのがすべてだと言ってよい。ラスベガスで開催されるポーカー・ワールドシリーズでは、2016年の優勝者(Qui Nguyen、名前と顔から判断すると、ベトナム系のアメリカ人だろうか)は8ミリオンドル以上(9億円相当)を獲得している。その大会には6,737名が参加し、トーナメントの勝ち抜き戦で最終ラウンドに残ったプレイヤー50-60人の中に中国系の名前が多い。お隣の国にはなかなかギャンブル狂が多いようだ。日本人の名前はなかった。一応の年齢制限があるので、最年少は21歳だが、上限はないので最年長は95歳のご老体までいた。

佐野 草介 佐野 草介 

バックナンバー
2017/03/23掲載

■亜米利加よもやま通信
〜コロラドロッキーの山裾の町から
 
第505回「自分の仕事を知らない、できない人たち
 
映画のアカデミー賞授賞式は日本でも放映されたので、ご覧になった方も多いことと思います。と偉そうに書き出してしまいましたが、私たちの山の家ではテレビの電波が届かず、受信できませんので、翌日、新聞やインターネットのニューズで観たのですが、83年に及ぶ授賞式始まって以来、前代未聞の椿事が持ち上がりました。一番大きな賞、作品賞の受賞作品を間違って読み上げてしまったのです。プレゼンターのウォレン・ビューティーとフェイ・ダナウェイ(昔の名作『ボニー&クライド』で競演)が、作品賞は『ラ・ラ・ランド』とやり、オスカーの銅像を手渡してしまってから、舞台裏から係の人がヒョコヒョコ出てきて、その封筒は間違って手渡した、こちらが本当のモノだとやったのです。本当の作品賞は『ムーンライト』だったのです。『ラ・ラ・ランド』のプロデューサー、一旦手にしたオスカー銅像を実に潔く、しかもエレガントに『ムーンライト』のプロデューサーに手渡し、一件落着しました。

グレース・ジョイ Grace Joy
(グレース・ジョイ)
バックナンバー
2015/10/15掲載

■現代語訳『枕草子』
〜表現哲学詩人谷口江里也が翻訳

第17回「市は、辰の市」  
市は、たつの市、さとの市、海石榴(つば)市など、大和には市のついた町がたくさんあるけれども、長谷寺にお参りをした人が、必ずのようにこの地に泊るのは、観音さまとのご縁を大切にしたいという、特別の気持があるからだろう。ほかにもこのあたりには、おふさの市や、しかまの市や、もちろん飛鳥の市もある。峰といえば---峰といえば、ゆづる葉の峰、阿弥陀の峰、そしていやたかの峰。原には---原には、みかの原、あしたの原、園原なんていうのもある。淵には---淵には、かしこ淵というのがあるけれども、一体どういう気持で、どなたがそうと教えて、そんな名前になったのだろう。青色の淵なんていうのも面白い。まるで蔵人が着るお召しのよう。ほかにも、隠れの淵や、いな淵なんていうのもあって面白い。海といえば---琵琶湖のみずうみ、与謝の海、そして、かはふちの海。陵には---陵みささぎには、うぐいすの陵、かじはぎの陵、そして、あめの陵などがあって、どれも歌に歌われして風情がある。

谷口 江里也 谷口 江里也

バックナンバー
2017/01/12掲載

■よりみち〜編集後記  

2017年1月20日、来週にはトランプさんがアメリカ大統領に就任する。2017年の始まりは、このトランプづくしだった。トランプさんもどんどんと閣僚内定者を発表していく中、大統領選以来求めに応じていない記者会見をついに開くことになった。これほど次期大統領が会見を開かないのも初めてのことだという。トランプさんの使うメディアは、主に「Twitter」だ。ニュースに流れるトランプさんのコメントのほとんどはこのSNS(social networking service)から発せられたものだ。テレビやラジオや新聞・雑誌ではなく、トランプさん自らが発するSNSしかない。ネットで大統領になった最初のヒトかもしれない。その次期大統領の初めての記者会見のニュース番組を見て驚くばかりの展開で、皆が心配していたそのままのことが実際に起こっていた。これが世界のリーダーとしてのアメリカの大統領になるヒトだと、今になっても納得できない、悪夢を見ている光景が展開していた。感情を爆発させ、CNNを名指しで批判し、質問を拒否する最初の記者会見も前代未聞だろう。

よりみち 「のらり」編集部

バックナンバー

  バックナンバー インタビュー
のらりギャラリー
A garden of the spring

 


  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] 〜西部アウトロー列伝 Part1:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] 〜アメリカ中西部今昔物語
Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] 〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] 〜移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/〜イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] 〜西海岸修行編
中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 〜世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 〜谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] 〜谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] 〜谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] 〜my United Stars of Atlantis
谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
         メールアドレス

  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち Part5
 【亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]   [岩の記憶、風の夢 ] 
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [随想『奥の細道』という試み ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2016 Norari