のらり      大好評連載中   
 
2014/08/28掲載

■新・汽車旅日記
〜平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第524回「
煤けたレッドカーペット - 宮崎空港線 -」 
JR九州の宮崎空港駅は、空港ターミナルの正面玄関を出て右を向いたところにある。高架駅で、階段とエスカレーターで上る形だ。予定のなかった場所に、後から線路と駅を作ったからこんな形になってしまう。空港隣接駅ではよく見かける形だけど、本当は地平のまま徒歩で乗り換えられたら便利だったろう。宮崎空港は日本海軍の航空基地だった。1954年に航空大学の訓練飛行場として転用し、1961年に旅客機用の空港となった。高度成長期で、“南国、宮崎”は新婚旅行の定番となった。宮崎市中心部に近く、空港敷地の西側にJR日南線の線路が通っている。街と駅に近い空港を、もっと便利にしたい。そこで日南線に田吉駅を作り、そこから線路を分岐して、空港敷地内に高架で引き込んだ。これが宮崎空港線で、開業は1996年であった。開港の35年後に乗り入れた鉄道だから、なるべく既存の施設の邪魔にならないように高架駅として作られた。ガラスとコンクリートでデザインされ、都会的な雰囲気だ。エスカレーターを上ると正面に改札口があり、その奧へとホームが伸びている。島式ホーム1本で、その両側に特急電車の787系と普通列車用の817系が停まっている。どちらも水戸岡鋭治氏による独特のデザインで、異国情緒を感じる。

杉山 淳一

杉山 淳一 

バックナンバー

2014/08/28掲載
■店主の分け前
〜バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第264回「流行り歌に寄せて No.74 「東京ドドンパ娘」〜昭和36年(1961年)」
 
「ドドンパ」とは、都々逸とルンバを足した和製造語だと言われている。あの独特の「ゥン チャ チャララ ラッチャ」(私にはそう聞こえるが)の、四拍子の2拍目にアクセントを置いて、3、4拍目は三連符とした。リズムは、聴いていてとても心地が良いと思う。反面、歌うときには、そのリズムをとるのが難しい気がする。後に出てくる、松尾和子・和田弘とマヒナスターズの『お座敷小唄』や、北原謙二の『若い二人』もドドンパ・スタイルの代表曲である。前回登場のアイ・ジョージが、ドドンパという言葉を考えついたとも言われているが、ドドンパという概念を世間に広く知らしめたのは、パンチの効いた歌声の渡辺マリが歌ったこの歌が最初だろう。彼女は昭和35年、17歳の時にのど自慢に出ているときにスカウトされ、レコード歌手になっている。翌昭和36年に出されたこの『東京ドドンパ娘』は、セールス15万枚を越える大ヒットになり、彼女への周囲の期待も高まった。大人気にあやかり、彼女は同名のタイトル映画を含め、昭和36年だけで5本の映画に出演している。しかし、その後はドドンパや、それとは曲調を変えたレコードをいくつかリリースしたが、ヒット曲に恵まれず、映画の方も翌年からはまったく声がかからず、そのうちに引退していった。

金井 和宏 金井 和宏

バックナンバー
2014/08/28掲載

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
〜西部アウトロー列伝 Part 5
 
第101回「ジェシー・ジェイムス〜創られた英雄 その101 ジェイムス農園襲撃 その3 

頭部に鋳物の破片が突き刺さった状態で、吹き飛ばされたサムエルと黒人奴隷のアンブローズは、火事場のバカチカラ的活躍をした。どちらかが倒れたままだったら、家は全焼、重症者はそのまま死んでいたことだろう。二人は小さなアーチを外に運び出し、それから火を消し止め、大女のゼラルダをベッドまで運び、それからアーチを同じ部屋にしつらえた寝床に運び込み寝かせた。サムエル自身外科医であり、農事のかたわら近隣の人たちを診ていたので、それだけに、アーチとゼラルダの傷の深さを理解し、もっと専門の医者が必要だと即座に判断した。彼は、一番近い隣りの住人、それがピンカートンの依頼を受けてジェイムス家の動向を探り、報告していたダニエル・アスキューの家に助けを求めたのだ。サムエルが表に出たとき、彼は漆黒の林の中から何発かの銃声と馬具が立てる音、そして何頭かの馬がギャロップで走り去る蹄の音を聞いている。スパイ役だったダニエル・アスキューは、ジェイムス家の惨劇救助のため馬を飛ばし、カーニーの村の医者、ジェイムス・V・スクラッグスとウイリアム・イエーツ医師を呼び、その足でグリーンビルの外科医シーツのドアをノックし、さらに、リバティーまで足を延ばし、ドクター・アレンのところまで行き…

佐野 草介 佐野 草介 

バックナンバー
2014/08/28掲載

■亜米利加よもやま通信
〜コロラドロッキーの山裾の町から
 
第377回「夏のノースリーブ・ファッションの敵」
  
お金持ち、貧乏な人、有名な人、無名の人、映画スターから市場で働いているオネーサンまで、誰彼分け隔てなく歳になれば必ず付くのが贅肉です。とりわけ、夏になり、袖のない、腕を肩までムキダシにするノースリーブでは、袖のある服を着ていた時には隠れていた上腕筋の下の方がゆらゆら、ダブダブ揺らいでいるのが目立ってしまいます。それまで、やせ型でとてもカッコいい、スタイルのいい人だと思い込んでいた人のイメージを一挙に覆すような現実にお目にかかることも珍しくありません。上腕筋の下の肉が揺れているなら、きっと彼女のありとあらゆる部分もタルミ、揺れている……と連想が働いてしまいます。日本人は言葉の遊び、自分自身をチャカして表現することに天才的なものがあります。初めて、"振袖"という表現を聞いたとき、「ウーム、ウマイ!」と感心してしまいました。これほど、腕のたるんだ肉と皮がヒラヒラと揺れる状態をピッタリと言い表す表現は他にないでしょう。 腕だけでなく、体全体の贅肉のことを"はみ出した肉"を縮めて、"はみ肉"と言っているようですが…

グレース・ジョイ Grace Joy
(グレース・ジョイ)
バックナンバー
2014/08/28掲載

■現代語訳『方丈記』
〜鴨長明の『方丈記』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳
 
第12回 方丈記  
庵のある場所について言えば、南のほうに、岩で流水を溜めて竹の樋で水を引く懸樋(かけひ)があり、近くには林もあるので、火を焚く爪木(つまぎ)を拾うのに苦労はない。林は音羽山の一角で、まさきの葛の木がたくさん生えている。谷間のほうは木々が生い茂っているけれども、西のほうは眺望が開けていて、瞑想をして仏さまや浄土のことを心のうちに想い描く観念を行ったりするのに良いと言えなくもない。春には紫色の花房が風に吹かれて揺れ動く藤波が見える。そのさまは、まるでお釈迦様が冥土に行かれる時に乗ったといわれている紫雲のようであり、花々が咲き匂う西方(さいほう)のことを想わせるほどに、西の方は一面、紫色の藤の花でおおわれる。夏にはほととぎすの声が聞こえる。その声と言葉を交わすようにして、自分が死んでこの場を離れ、山を越えて逝く時には、道案内をしてくれるようにとの約束を交わす。秋には、あたり一面に日暮(ひぐらし)の声が満ちて、まるで蝉(せみ)が、このはかない世を哀しんで鳴いているかのように聞こえる。冬は雪をあわれ慈しむ。

谷口 江里也

バックナンバー
2014/07/17掲載

■よりみち〜編集後記  

ブラジルで開催されたFIFAワールドカップは、準決勝でのブラジルの世紀の大敗(7−1でドイツに完敗)と、それと対照的で見事なゲームを展開した決勝ドイツVSアルゼンチン戦は、1−0でドイツの勝利で幕を閉じたのだが、いつもワールドカップの試合を見る度に、自分の中に流れる血にもナショナリズムが宿っていることを知らされるのだが、まさに国旗を背負った選手たちが死に物狂いでボールに向かい、自分の祖国のためにゴールをひたむきに狙う姿は、人々に文句なしの感動を与える。試合後に負けた国の選手に歩み寄り互いの健闘を讃え合い、相手を慰める姿にスポーツマンシップの素晴らしさを感じる瞬間である。あり得ない話だろうが、イスラエルとパレスチナが、今も続く爆撃やミサイル攻撃を中止して、武器をすべて捨てて、サッカーで思う存分フェアプレイの試合でケリをつけられたら、どんなに平和な社会になるだろうと夢想してしまう。試合終了後、互いに相手の健闘を讃え合い、次の試合は負けないぞと、笑顔で握手することができたならどんなに素晴らしい未来が見えてくるだろう。夢とは分っていても、希望は捨て去ることができない。

よりみち 「のらり」編集部

バックナンバー

  バックナンバー インタビュー
のらりギャラリー
A garden of the spring

 


杉山淳一
最新刊
好評発売中!


  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] 〜西部アウトロー列伝 Part1:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] 〜アメリカ中西部今昔物語
Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] 〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] 〜移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/〜イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] 〜西海岸修行編
中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 〜世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 〜谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] 〜谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] 〜谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] 〜my United Stars of Atlantis
谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
         メールアドレス

  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち Part4
 【亜米利加よもやま通信 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]   [岩の記憶、風の夢 ] 
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [随想『奥の細道』という試み ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2014 Norari