のらり 大好評連載中
2018/09/20掲載

■新・汽車旅日記
~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第670回「朝の盆地 - 姫新線 新見~中国勝山 -」
 up
ベッドサイドに備え付けの目覚ましアラームが鳴る前に目覚めた。リモコンでテレビのスイッチを入れる。画面の隅に6:05と表示されていた。昨夜は23時ごろ横になったから、たっぷりと7時間ほど眠れたようだ。いつものニュース番組ではなく、ドキュメンタリー番組である。そうか。今日は日曜日だ。岩手県岩泉の台風被害の様子。しばらく見ていたらCMになった。NHKではなかった。ナレーションはNHKで聞く女性の声だと思う。名前は知らないが、フリーランスか、いや、そもそも人違いか。台風被害から4ヵ月になろうとしている。身支度しながら聞く。新見は山の中の街だ。中国山地だからわかっていたことだけれども、昨夜は駅からホテルまで暗い街を歩いた。明るい新見の街を初めて歩く。土地勘がないから、スマートホンの地図に道案内を頼む。小雨。アスファルトはしっかり濡れている。

杉山 淳一

杉山 淳一 

バックナンバー

2018/09/13掲載

■店主の分け前
~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第358回「流行り歌に寄せて No.163 「花はおそかった」~昭和42年(1967年)」 

波瀾万丈な来し方をしている、そして才気溢れる人である。美樹克彦、昭和23年10月22日生まれ、もうすぐ古稀を迎える。 5歳の時に、生まれ育った京都の劇団「ペチカ」に入団したのが、この人の芸能活動のスタートだった。小学校から中学校にかけて、子役として映画に70本ほど出演するほどの才覚を発揮した。 その他に歌のレッスンにも通い始め、中学2年生の時に上京し、四谷一中に転校した。それからまもなく、本名の目方誠名義で『トランジスター・シスター』でビクターレコードからデビューしている。(これは洋楽曲で、他にも飯田久彦がカヴァーして歌った)また並行して、役者として多くのテレビ映画にも出演していた。 その後、日大鶴ヶ丘高校2年生の時に、日本クラウンから、初めて美樹克彦名義で『俺の涙は俺がふく』で再デビューを果たす。そして『回転禁止の青春』のヒットで世の中の…

金井 和宏

金井 和宏  
 
バックナンバー

2018/09/20掲載

■イビサ物語
~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 
第37回「ビノ・パジェスとお婆さんの手」 up
オリーブオイル、ニンニク、しかも濃い味付けのごった煮はワインを、地酒ビノ・パジェスを飲みながら食べるものなのだ。地ワインの酸味の残った渋さが、油分を中和するのだろう。食卓の上のコモを被せた5リットル入り大瓶ワインの大半は胃袋に消えたと思う。 イビセンコが普段飲んでいる自家製ワインは“ビノ・パジェス”と呼ばれ、ブドウを搾って樽に保存はするが、1年で飲み切ってしまう若いワインだ。ブドウの種類、シャルドネ(Chardonnay)、ピノ・グリージオ(Pinot Grigio)、カベルネ・ソーヴィニヨン(Cabernet Sauvignon)、メルロー(Merlot)などと言うファンシーな名前はビノ・パジェスに存在しないし、知られていない。 イビサのブドウの木はもう何代にも渡って、接木され、剪定され、どういう種類のブドウなのか誰も知らないことだろうし、誰も拘泥しない。違いが出るのはブドウ畑の土と天候…

佐野 草介

佐野 草介 

バックナンバー

2018/09/20掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から
 
第579回「由々しきアメリカの教育問題」
 up
歴代の大統領たちは口を揃えて学校教育の大切さをオマジナイのように唱え、年頭の一般教書演説などで物々しく、あるいはもっともらしく指針を示します。ところが、大統領ご自身の教養が、国民に教訓をタレルほど高くないどころか、相当酷い低レベルのことが多いのです。 有名なのはブッシュ前大統領(ジョージ・W・ブッシュ)で、ブッシュイズム(Bushism)という新造語が生まれるほど、文法の間違いだらけの英語を話し、でたらめな英語で演説し、インタビューに応えており、インターネットの「SLATE」というサイトにこれでもかというくらいブッシュのトンチンカン、小学生でも犯さない間違いだらけの英語が載っています。 子供“child”は単数で、複数の子供たちは“children”になることは、英語を習い始めた日本の中学生なら誰でも知っていることでしょう。それを我が大統領は“childrens”と複数形にさらに”s”を付けてしゃべっている様子が…

グレース・ジョイ

Grace Joy
(グレース・ジョイ)
バックナンバー

2018/09/20掲載

■『ひとつひとつの確かさ』
~表現哲学詩人 谷口江里也の映像詩
 
第46回「小さな村の夏祭り ~Summer Festival of A Small Village」
 
up

46_ts

小さな村の夏祭り。
普段は人通りなどない路に人々がたむろしている。
見れば、二本の幟旗(*のぼりばた)まで立って。
配られた氷水を嬉しそうに食べる子どもたち。

……

elia

谷口 江里也 

バックナンバー

2018/09/13掲載

■よりみち~編集後記   

2018年9月6日(木)午前3時8分、前日の深夜に台風21号が北海道をかすめて通過して、その暴風圏に入ってからは家が風で揺れるほどの風圧で眠れない夜を過ごしていたので、寝不足のため熟睡していたのだったが、突然の振動音を伴う大きな揺れで一瞬で目が覚めた。今度は地震だ。それも地鳴りの大きさで通常の地震とは明らかに違い、東日本大震災時のような大きくうねるような揺れが徐々に大きくなった。ベッドから起き上がり、ガラス窓が割れたら外に逃げ出さないとマズイと思った。本棚が倒れ、目の前にプリンターが落ちてきた。スリッパを探すがない。東日本大震災の時はこの揺れている時間が異様に長かった記憶があるが、意外と1分間程度で収まった。電気は点いているから、ネットで震源地と震度を確認する。苫小牧方面で、震度6強とある。自宅の場所は震度5強だった。震度6強であれば建物倒壊、地滑り、山崩れ、何でもあり得ると思った。LINEで家族に一応安全を伝えておき、台所や家の中をチェック

よりみち

「のらり」編集部

バックナンバー


【のらり文庫】電子書籍販売中

mail お問合せ・ご意見はこちらから

バックナンバー
インタビュー
jun_gallery


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 1
amazon cover
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Kindle版
 
<<佐野 草介の著書>>
アウトローシリーズ 2
amazon2 amazonPO8 Cover
ブラック・バート“PO8”
駅馬車専門の紳士的怪盗

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 3
amazonEarp Cover
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 4
amazonKid Cover
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 5
amazonjjames_cover
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Kindle版


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 6-10
amazonjyoketsu_s
西部女傑列伝
伝説の女性アウトローたち

Kindle版



<<佐野 草介の著書>>
kindle版
貿易風の吹く島から
カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Kindle版


<<Grace Joyの著書>>
joy_coveramazon
グレートプレーンズのそよ風
アメリカ中西部今昔物語

Kindle版


<<谷口 江里也の著書>>
amazon01

ibiza-catamazon
イビサ島のネコ
Los Gatos de Ibiza



<<杉山淳一の著書>>
amazon

amazon01
ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。
日本全国列車旅、
達人のとっておき33選

  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] ~西部アウトロー列伝 Part1:Butch&Sandance
 佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] ~アメリカ中西部今昔物語
 Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] ~カリブ海のヨットマンからの電子メール
 佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] ~移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/~イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
 湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] ~西海岸修行編
 中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 ~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

 谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

 谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] ~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
 谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
 海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] ~my United Stars of Atlantis
 谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
※注意:現在、ジャンクメール増加のため自動登録を中止しています。こちらから「ニュース希望」とご連絡ください。



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari