のらり 大好評連載中
 
2016/09/15掲載

■新・汽車旅日記
〜平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第601
回「来世ですれ違う − 伊予鉄道郡中線 −」  
5時起床。10分ほどで身支度を調えて、さあと気合いを入れたとたん、尻が反応する。トイレで2分。小便よりも短時間で快便だ。身軽になった。フーテンの寅さんに「早飯早ぐそ芸の内ってね。見せたいくらいだな。座ったと思ったらペロッとケツ拭いちゃう」という名台詞がある。私の場合は「座ったと思ったらシュッと洗っちゃう」だ。宿は洗浄機付きトイレにこだわる。時代は変わった。ホテルの向かいが宇和島駅。外は暗い。街路灯がキラキラと瞬いている。路面が濡れているせいだ。傘はいらない。私は小走りで駅舎に移った。時計は5時20分。改札口は開いている。始発列車は05時33分発の特急宇和海2号松山行き。私が乗る列車である。きっぷを窓口に示してグリーン券を発行してもらう。この時間は普通車も空いていると思うけれど、四国グリーン紀行の効力をありがたく使わせていただく。宇和海2号は2000系気動車の4両編成だ。グリーン車は私を含めて3人の客がいた。4両全体で15人。こんなに朝早くからどんな用事だろう。終点の松山着は06時58分だから通勤通学には早い。もっと先へ乗り継ぐ人か、松山空港行きリムジンバスに乗る人か。グリーン車のひとりは大きな旅行鞄を持っている。

杉山 淳一

杉山 淳一 ※今週も休載します

バックナンバー

2016/09/22掲載
■店主の分け前
〜バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第312回「流行り歌に寄せて No.117 「女心の唄」 〜昭和39年(1964年)」  

「顔じゃないよ、心だよ」は、バーブ佐竹の(私たちの年代にとっては)あまりにも有名なキャッチフレーズである。かなりごっつい顔立ちで、少し口を曲げてニヤリと笑う、というのがこの人の印象だった。ところが、昭和39年12月に『女心の唄』で30歳になる少し前にキングレコードからデビューしたレコード・ジャケットの写真では、グレイのスーツに白いボタンダウンのワイシャツ、渋目のネクタイをキッチリ締めて、少しはにかんだような人懐っこい感じの笑顔を見せている。そして何より、その表情がとてもうれしそうである。北海道の釧路から、歌手になろうと22歳で上京し、デビューまでの約8年間は流しをしたりクラブで歌ったりなどの下積み生活が続いた。いつも思うことだが、同じような下積み時代を経験し、まったく芽が出ずに諦めて東京から去っていく人の方が、数十倍多くいるのだろう。 やはり生き残る人々というのは、実力とともに、最近はほとんど使われなくなった言葉だが「根性」をしっかり持っている。そして何より強い「運」があるのだ。長い下積み時代には、経験するいろいろなことがあるはずに違いない。酒や博打を覚たり、またそこには少なからぬ女性の存在もありそうだ。
金井 和宏 金井 和宏 

バックナンバー
2016/09/29掲載

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
〜西部女傑列伝 2
 
第20回「ベラ・スター 〜デトロイトの刑務所で」
 
ベラ・スターとサム・スターが受けた判決は、駄馬を盗んだにしては重く、しかし、ブルー・ダック盗賊団と関わった余罪を追及されずに済んだことでは運がよく、軽かった。ベラとサムがフォート・スミスからデトロイトへ移送されたのは、翌年1883年00月の18日か19日のことだった。その時、19人の徒刑囚が同時にデトロイトに向かったが、女性はベラ一人だった。刑務所内で一緒に暮らせるわけではないにしろ、ベラとサムを同じところに送ったのは一種の温情だったのだろう。出発に先立ち、ベラは娘のパールに心のこもった、感動的ですらある手紙を書き送っている。事件の経過とこれから牢屋で囚人として暮らすことを率直に語っているのだ。もちろん、娘を安心させるため、ベラ自身、知る以前なのにデトロイトの刑務所はアメリカの中でも最も立派な更正施設だと書いている。この手紙を英語のエキスパートらしき私の連れ合いに見せたところ、彼女を呻らせるほど立派な英語だとの御墨付きを貰った。だが、この手紙の元本は存在しない。ハーマン(Harman)が彼の本『地獄の国境』の中で、正確にコピーした?とされているものだ。残念ながら、この手紙の真偽は定かでない。

佐野 草介 佐野 草介 

バックナンバー
2016/09/29掲載

■亜米利加よもやま通信
〜コロラドロッキーの山裾の町から
 
第482回「地球温暖化で得をすること」
 
地球の温暖化を防ぐことが人類の滅亡を防ぐ道だとばかり、御題目を唱えるように危機感を煽るのが正義!みたいな時代です。確かに大変な勢いで氷河が融け、南極、北極の氷山が崩れ落ち、地球が暖かくなっている事実はあります。北極で白熊が絶滅の危機に瀕している、海水温の上昇で珊瑚礁が死んでいくと言われても、なかなか実感がわきません。そんな映像を観すぎたせいか、逆にシリアやチュニジア、リビアの難民を救う方が先じゃないか…と、どちらか一つを選択するような問題ではないのを承知の上で、思いたくなります。早く言えば、白熊が全滅しても実際の生活には困らないけど、行き場のない何百万の難民を放っておくことはできない…と思ってしまうのです。素人考えですが、地球が暖かくなれば、今まで耕作できなかったような地域でも農耕が可能になり、耕地面積が増え、従って食料の生産量も増える…、結果、飢えた人たちへの恩恵につながる…と思うのですが、事実は逆のようで・・・

グレース・ジョイ Grace Joy
(グレース・ジョイ)
バックナンバー
2015/10/15掲載

■現代語訳『枕草子』
〜表現哲学詩人谷口江里也が翻訳

第17回「市は、辰の市」  
市は、たつの市、さとの市、海石榴(つば)市など、大和には市のついた町がたくさんあるけれども、長谷寺にお参りをした人が、必ずのようにこの地に泊るのは、観音さまとのご縁を大切にしたいという、特別の気持があるからだろう。ほかにもこのあたりには、おふさの市や、しかまの市や、もちろん飛鳥の市もある。峰といえば---峰といえば、ゆづる葉の峰、阿弥陀の峰、そしていやたかの峰。原には---原には、みかの原、あしたの原、園原なんていうのもある。淵には---淵には、かしこ淵というのがあるけれども、一体どういう気持で、どなたがそうと教えて、そんな名前になったのだろう。青色の淵なんていうのも面白い。まるで蔵人が着るお召しのよう。ほかにも、隠れの淵や、いな淵なんていうのもあって面白い。海といえば---琵琶湖のみずうみ、与謝の海、そして、かはふちの海。陵には---陵みささぎには、うぐいすの陵、かじはぎの陵、そして、あめの陵などがあって、どれも歌に歌われして風情がある。       

谷口 江里也 谷口 江里也

バックナンバー
2016/09/29掲載

■よりみち〜編集後記  

あの舛添要一氏の辞任に伴う都知事選に自民党からの推薦が得られないまま立候補し、291万票を獲得して大勝利し、8月2日に女性として初めて就任した小池百合子都知事の快進撃が続いている。その第一弾はもちろん「築地市場の豊洲移転問題」である。いきなり豊洲市場の安全性の疑問をつきつけ、「盛り土」がされているはずの建物の地下空間を指摘し、何故に安全対策のために「盛り土」工事がされていないかの徹底究明、さらに不可解な建設費の高騰の問題などを指摘し、築地からの11月移転を一旦中止することを宣言した。想像すると、小池都知事は都知事選前からこの豊洲市場の汚染対策の問題点を把握していたのだろう。「盛り土」がいつの間にか消え、地下空間となっていて、その変更工事を誰が指示したか、その変更工事により浮いた予算が何処に流れたか、ゼネコン主導の談合疑惑、その糸を引く自民党都議連の腐敗体質など、すでに小池都知事の改革目標は確実に進行している。この流れにより、東京五輪の実行予算が膨大に膨らみ3兆円に達する問題も同様に・・・

よりみち 「のらり」編集部

バックナンバー

  バックナンバー インタビュー
のらりギャラリー
A garden of the spring

 


  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] 〜西部アウトロー列伝 Part1:Butch Cassidy(ブッチ・キャサディ)
佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] 〜アメリカ中西部今昔物語
Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] 〜カリブ海のヨットマンからの電子メール
佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] 〜移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/〜イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] 〜西海岸修行編
中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 〜世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 〜谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] 〜谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] 〜谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] 〜my United Stars of Atlantis
谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
         メールアドレス

  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち Part5
 【亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]   [岩の記憶、風の夢 ] 
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [随想『奥の細道』という試み ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2016 Norari