のらり 大好評連載中
2020/06/04掲載

■新・汽車旅日記
~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第712回「近江鉄道のシンボル - 近江鉄道八日市線 八日市~近江八幡 -」
up
近江八幡行きの電車は13時15分発だ。改札を出て大きな八日市駅舎を眺めたいけれど、5分では足りない。そういえば中線の奥に、ちょっと雰囲気の異なる電車が停まっている。もはや見慣れた三面鏡顔だけど、何かが違う。3番のりばへ降りて、プラットホームの先端まで見物に行く。 確かに三面鏡だけど、タテの桟が黒くて一枚窓風に見せる。上部が後退角を持つくさび形だ。ヘッドマーク部が字幕式で「あかね」と表示されている。車体はクリーム色の帯に水色の太い帯、赤く細い帯が2本。側面の窓も連続して一体感がある。車内は転換クロスシートだ。急行用か。ならば乗ってみたいと思うけれど、近江鉄道に急行列車はない。この車両を使う列車がわからなかった。団体用かもしれない。私が乗ってきたギャラリートレインはまだ対岸に停まっている。3番のりばには近江八幡行きが停車中だ。鮮やかなブルーに塗られているけれども、顔つきは西武鉄道で見かけた二枚窓である。三面鏡顔は近江鉄道の独立心の象徴だと…

杉山 淳一

杉山 淳一 

バックナンバー

2020/05/28掲載

■店主の分け前
~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第396回「流行り歌に寄せて No.196 「男はつらいよ」~昭和43年(1968年)」
今回の休業要請を受けて、約1ヵ月半ほどほとんど家にいたので、映画のビデオを何本か観た。大ファンであるイングリッド・バーグマンの主演作品をゆっくり鑑賞できたのは、やはりうれしかったし、日頃は気が急いていて、観たくてもつい遠慮してしまう作品も具に観ることができた。それでも、休業して最初に観た作品は、松竹映画『男はつらいよ』第1作目だった。このコラムに書くことは全く意識していなかったが、「そう言えば、第1作をちゃんと観たことあったかな?」という思いで、パソコンをフル画面にして観始めたのである。最初の作品を観たかどうかも覚えていないように、私は決して「寅さん」ファンではないが、映画『男はつらいよ』のうち数作はテレビの映画劇場などの番組で観ているはずである。けれども、大きな勘違いをしていた。さくらと博の「川甚」での結婚式は、映画の何作目かとばかり思っていたが、第1作目にすでに行なわれていたのだ。その勘違いの原因は、長年聴き慣れている主題歌の影響だろう。

金井 和宏

金井 和宏  
   
バックナンバー

2020/06/04掲載

■イビサ物語
~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 
第120回「モテる日本男児、モテない益荒男」
up
日本でどこからどう見てもモテナイであろう男が、スペインにやって来て、俄然モテ始めることがママある。本国でそれなりに研鑽を積み、女性の扱いに長けた男が多少なりともスペイン語の会話を身に付けると、更に大輪の花を咲かせるのは分かるし、当然だと思うが、日本で女性に見向きもされなかったヤツ(なかばヤッカミでそう呼ぶ)、チビでデブ、しかもぶ男が、次々と若きセニョリータと結婚するのには、唖然とするばかりだ。しかも、相手のセニョリータたちはいずれもすこぶるつきの美形で、揃いも揃ってまるで人形のような容貌の持ち主なのだ。個人的にセニョリータと結婚した日本男子を十数人知っているが、彼等の結婚には一つのパターンがあることに気が付いた。日本男児の方は20代半ばから後半のバックパッカーなのに対し、セニョリータたちは申し合わせたように10代、それも15、6歳で結婚しているのだ。成熟した大人が年端の行かない娘っこを手篭めにしている構図なのだ。言い換えれば、あいつらは好奇心が先走った…

佐野 草介

佐野 草介 

バックナンバー

2020/06/04掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から
 
第660回「もう止められない? 抗生物質の怪」
up
ヨット、ボートなどの遊び用の船だけでなく、漁船、貨物船、大型タンカーなど、水に浮かぶすべての大敵は、船底に付くフジツボなどの付着物です。船底に塗る塗料は大変な種類に及びます。ほんの少しでも貝や海草が付くと、ガクッとスピードが落ち、操船性が悪くなります。大型の貨物船やタンカーだと燃費が悪くなり、大きく経済、運行費用に影響してきます。船底塗料はどこのメーカーの何を使うか腐心する所以です。 船底塗料は早く言えば除草剤と同じような毒です。鉛ベースの塗料は毒性が強く、効果もあるけれど海を汚すということで、ボートやヨットには使用が禁止されていますが、貨物船、タンカー、軍艦などの大型の船はまだ、盛大に海に毒を撒く鉛ベースの船底塗料を使っています。鉛に変わるものとして、酸化銅(緑色に錆びた銅です)の加工物を使っています。どちらにしても、毒物に変わりはありません。私たちがヨットで漂っていた時、何を船底に塗るかは大きな問題…

グレース・ジョイ

Grace Joy  
(グレース・ジョイ)
バックナンバー

2020/06/04掲載

■鏡 花 水 月
~ 私の心をつくっていることなど
 
第5回「緑の海のキリギリス」
up
あれは何歳くらいの頃だったのだろう。夏の暑いさかりによく、自分の背丈より高く伸びた草むらに分け入ってキリギリスを捕った。そのことを想い出すたびに、その時の、四方を草に囲まれた、緑の海のような空間に立ちこめる草の匂いと、あちらこちらから聞こえてくるキリギリスの声が私を包む。先日も、アトリエの駐車場の横に生い茂る草の中で鳴くキリギリスの声を耳にした時、そんなシーンを想い出した。しかし、草の高さは私の腰の高さよりずっと低く、キリギリスの声もその中の、どこか下の方から聞こえてきた。つい二日ばかし前にも、電車が走る線路をのせた高い土手に沿った、駅に向う道を歩いている時に、土手に生えたススキの中からキリギリスの声が聞えてきた。その時も、ふっと草の匂いが一瞬、私を包み込んだような気がしたが、見ればススキは、ずいぶんと伸びてはいたけれども、それでも、せいぜい私の腰が隠れるほどの高さだった。想い出せば、幼い私を取り巻いていた草の高さは、私の頭の高さより…

elia

谷口 江里也 

バックナンバー

2020/06/04掲載

■よりみち~編集後記  up 

weekly_06-04_s

よりみち

「のらり」編集部

バックナンバー


【のらり文庫】電子書籍販売中

mail お問合せ・ご意見はこちらから

バックナンバー
インタビュー
jun_gallery


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 1
amazon cover
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Kindle版
 
<<佐野 草介の著書>>
アウトローシリーズ 2
amazon2 amazonPO8 Cover
ブラック・バート“PO8”
駅馬車専門の紳士的怪盗

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 3
amazonEarp Cover
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 4
amazonKid Cover
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 5
amazonjjames_cover
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Kindle版


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 6-10
amazonjyoketsu_s
西部女傑列伝
伝説の女性アウトローたち

Kindle版



<<佐野 草介の著書>>
kindle版
貿易風の吹く島から
カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Kindle版


<<Grace Joyの著書>>
joy_coveramazon
グレートプレーンズのそよ風
アメリカ中西部今昔物語

Kindle版


<<谷口 江里也の著書>>
amazon01

ibiza-catamazon
イビサ島のネコ
Los Gatos de Ibiza



<<杉山淳一の著書>>
amazon

amazon01
ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。
日本全国列車旅、
達人のとっておき33選

  ■フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] ~西部アウトロー列伝 Part1:Butch&Sandance
 佐野 草介
佐野 草介
■グレートプレーンズのそよ風 [計28回] ~アメリカ中西部今昔物語
 Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
■貿易風の吹く島から [全157回] ~カリブ海のヨットマンからの電子メール
 佐野 草介
佐野 草介
■くらり、スペイン [計94回] ~移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/~イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
 湯川 カナ
湯川 カナ
■拳銃稼業 [全58回] ~西海岸修行編
 中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
■現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
 ~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

 谷口 江里也
谷口 江里也
■随想『奥の細道』という試み [全48回]
 ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ

 谷口 江里也
谷口 江里也
■鏡の向こうのつづれ織り [全24回] ~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
 谷口 江里也
鏡の向こう
■もう一つの世界との対話 [全24回] ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
 海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
■岩の記憶、風の夢 [全57回] ~my United Stars of Atlantis
 谷口 江里也
岩の記憶

【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
※注意:現在、ジャンクメール増加のため自動登録を中止しています。こちらから「ニュース希望」とご連絡ください。