■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から


Grace Joy
(グレース・ジョイ)




中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。



第1回:男日照り、女日照り
第2回:アメリカデブ事情
第3回:日系人の新年会
第4回:若い女性と成熟した女性
第5回:人気の日本アニメ
第6回:ビル・ゲイツと私の健康保険
第7回:再びアメリカデブ談議
第8回:あまりにアメリカ的な!
第9回:リメイクとコピー
第10回:現代学生気質(カタギ)
第11回:刺 青
第12回:春とホームレス その1
第13回:春とホームレス その2
第14回:不自由の国アメリカ
第15回:討論の授業
第16回:身分証明書
第17回:枯れない人種
第18回:アメリカの税金
第19回:初めての日本
第20回:初めての日本 その2
第21回:日本道中膝栗毛 その1
第22回:日本道中膝栗毛 その2


■更新予定日:毎週木曜日

第23回:日本後遺症

更新日2007/08/09


日本に滞在した後は、いつも後遺症が残ります。

後遺症の何パーセントかは日本の食べ物ですが、それ以外にも、あんなに親切で丁寧な人間の接し方があることに、日本へ行くたびに驚かされます。道行く人にモノを尋ねると、必ず懇切丁寧に教えてくれるし、店員さんも駅員さんもとても優しく親切に対応してくれます。

それが、アメリカに一歩足を踏み入れたとたん、税関のお役人、飛行場のセキュリティの警備員、果てはスチューワデスまで、皆が皆無愛想で、つっけんどんで命令口調なります。日本なら、彼ら、彼女らはすぐにクビなることでしょう。サービス業では、日本とアメリカで人と接するやり方には天と地の違いがあります。どうしてアメリカがこんなことになってしまったのでしょう。 

長いことスペインに住み、十数年ぶりに日本に帰ってきた友達に東京の繁華街で会いました。もう中年に差し掛かった日本人の友達は、開口一番、「東京はなんと日本人の多いところだ」と、感極まった表情で言ったのです。

今、世界中のどこの都会に行っても、アジア系、インド系、アラブ系、黒人、アングロサクソン系、ゲルマン系、ラテン系と雑多な顔に出会います。とりわけアメリカは、移民で成り立っている国なので(極少数の先住インディアンはいますが)、民族、人種の見本市のようにバラエティに富んだ肌の色や顔を見ることができます。

東京、大阪ほどの大都会なら日本人以外の人、外国人が沢山住んでいることでしょう。しかし、日本人に飲み込まれたかのように、ほとんど目立たず、一日街を歩いても数えるほどしか、外国人に会いません。

私のダンナさんの郷里、札幌では2週間の滞在中一人、二人しか見かけませんでした。そんな風に同一民族で、しかも文化、言語も世界では珍しいほど単一なので、お互いに通じる礼儀が自然身についてくるのでしょうか、人間同士の摩擦を滑らかにする潤滑油が雑多な民族の国アメリカと比べると、とても豊かなように思えるのです。

エゴのない人間はいませんが、西欧人は自分のエゴを表面に、直接的に表す傾向があり、彼らの強力なエゴはそのまま国家に持ち込まれ、その国が力を持てば持つほど、エゴの量も巨大になり、小国のエゴを踏み潰していくように思えます。個々の生活でもエゴを良い意味でも、悪い意味でもしっかりと主張しなければ、潰されてしまう社会なのです。言語、文化の異なる相手に分からせ、納得させるには、しっかりと明確に自己を主張しなければならず、そこに礼儀なぞ入り込む余地がないのでしょう。

今、アメリカは合法、違法合わせると2,000万人とも言われるメキシコ人がいると言われています。元々移民で成り立っている国ですから、沢山の移民を受け入れ、多くの矛盾を持ち、葛藤しながらも、国として成り立っていくのでしょう。それはアメリカの大きさ、懐の深さとも言えますが、一つの文化の消滅(アメリカに文化なんかないという人もいますが)につながっているように見えます。そこからまた新たにアメリカンヒスパニック文化が生まれていくことでしょうけど。

日本的なもののほんの一部だとは思いますが、日本人の洗練された人間関係は同一民族、文化、言語の社会だから保つことができる、とても壊れやすいもののように見受けられます。たとえばアメリカの半分くらいの移民、1,000万人くらいでも日本が受け入れたなら、私が心地よく感じる日本人の潤滑油は、干上がってしまうような気がするのです。 

一旅行者として訪れ、接する日本と、実際に生活し、住む日本との間には大きな違いがあることは承知の上で、日本人の洗練された人間関係は美しいものとして心に残るのです。

私も退職したら、日本で暮らせたらどんなに素晴らしいことだろうと夢想しています。そうなると私も、日本的なものを壊しかねない移民の一人になりかねないのですが…。

 

 

第24回:たけくらべ


 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2018 Norari