■拳銃稼業~西海岸修行編

中井クニヒコ
(なかい・くにひこ)


1966年大阪府生まれ。高校卒業後、陸上自衛隊中部方面隊第三師団入隊、レインジャー隊員陸士長で'90年除隊、その後米国に渡る。在米12年、射撃・銃器インストラクター。米国法人(株)デザート・シューティング・ツアー代表取締役。



第1回:日本脱出…南無八幡大菩薩
第2回:夢を紡ぎ出すマシーン
第3回:ストリート・ファイトの一夜
第4回:さらば、ロサンジェルス!その1
第5回:さらば、ロサンジェルス!その2
第6回:オーシャン・ハイウエイ
第7回:ビーチ・バレー三国同盟
第8回:沙漠の星空の下で
第9回: マシン・トラブル
第10回: アリゾナの夕焼け
第11回: 墓標の町にて
第12回:真昼の決闘!?
第13回:さらばアリゾナ
第14回:キャラバン・ターミナル
第15回:コンボイ・スピリット その1
第16回:コンボイ・スピリット その2
第17回:砂漠の不夜城
第18回:ギャンブルへのプロローグ
第19回:ラス・ベガス症候群
第20回:ギャンブラーとして
第21回:自由の中の葛藤
第22回:アメリカン・ドリーム
第23回:長距離バス
第24回:霧の街サンフランシスコ その1
第25回:霧の街サンフランシスコ その2
第26回:運命の実弾射撃ツアー
第27回:パシフィック銃砲店
第28回:ラスト・チャンス
第29回:3日で米国人になる方法 その1
第30回:3日で米国人になる方法 その2
第31回:実弾射撃を教える訓練!?
第32回:武器商人
第33回:大道芸人
第34回:オー・マイ・GUN
第35回:ガン・ファイター列伝 その1
第36回:ガン・ファイター列伝 その2
第37回:徴兵の日
第38回:アダルトなスクール
第39回:チャイナタウン・エレジー・1
~ルーム・メイト

第40回:チャイナタウン・エレジー・2
~サイモン護衛任務

第41回:チャイナタウン・エレジー・3 ~突入!そして…
第42回:チャイナタウン・エレジー・4 ~ハロウィーンの夜
第43回:チャイナタウン・エレジー・5 ~決着 その1
第44回:チャイナタウン・エレジー・6 ~決着 その2
第45回:楽しい射撃ツアーのお客さんたち
第46回:古城の亡霊
第47回:ライオット・ショック1
~アメリカの病

第48回:ライオット・ショック2 ~GUNショップろう城
第49回:カリフォルニア・ハイウエイ・パトロール
第50回:遠き英霊
第51回:アメリカ・サバイバー
第52回:7年ぶりの故郷
第53回:再びラスベガスへ
第54回:ベガスの生活
第55回:明日に向かって撃て


■更新予定日:毎週木曜日

第56回:【付録】オトコのためのラスベガス・ガイド

更新日2003/04/10


ラスベガスにきて、何を具体的にやってよいのか分らない人は、意外に多い。ありふれた情報は、ガイドブックなどでも手に入るが、海外では基本的に男性と女性では行きたい場所が違うものである。海外にきてまで、女性の買い物に男たちが引き回される姿をよく目にする。

ベガスの街は広い。ブラブラ見て廻るだけで2、3日くらいは必要になってしまうのだ。自分のやりたいことを我慢して過ごすことになりかねない。互いに苛立ちを露わにした“成田離婚”風の新婚カップルを見ているのも辛いものだ。そんな意味では、ベガスは同性同士で訪れるのが、お勧めの街なのかも知れない。

基本的に、人間の本能剥き出しでお金が続く限りギャンブルするのも楽しいかも知れない。ベガスでは、24時間自分の好きな世界を演出できるのである。間違っても修学旅行や卒業旅行の学生が、無料のアトラクション目当てにくる街ではない。

街中を歩いていると、何やら悩ましいパンフレットを手渡されることがある。大体はテレクラが多いが、いわゆるデリヘル(デリバリー・ヘルス)もある。これには、高度な交渉テクニックと英会話が必要になるので、なかなか勇気がいるものである。

手っ取り早いのは、本番行為が禁止されているラスベガスがあるクラーク郡を離れて他の郡へ行けば、“チキンランチ(売春宿)”が堂々と営業されている。これも日本のソ-プの一種であるが、同じようなサービスは期待できない。相場も$500くらいで決して安くはない。HIVの先進国では色事にもどうしても金がかかる。これの参加ツアーはないので、交通費はかさむがタクシーの運転手に案内してもらおう。

もう少し、手軽に金髪女性との触れ合いがしたければ、ベガスの街中にあるストリップ・バーへ行けばいいかも知れない。日本のそれに比べて、明るい雰囲気で米国の女の子たちと話ができる。入場料が$10くらいでゆっくりビールを飲みながらくつろげる。チップ用の$1札が沢山必要になるが、$20払えば、名物の密着ダンスもしてくれる。タクシーに『クラブ・パラダイス』や『オリンピック・ガーデン』と行き先を告げればすぐに連れて行ってくれる。ダウンタウンにあるフリーモント・ストリートのカジノ街の中にも1軒ある。

ホテルカジノが直営するのショーでも、セクシーな看板が目立つが、これらの内容はあくまでも大衆向けであり、日本の温泉街のそれと大差なく、ショボイので期待を裏切るのは必至である。

カジノの運営するショーといえば、観光や買い物に疲れた彼女を癒したいのなら、必ず$100以上の一流ショーに連れて行ってあげてください。$50から$60のショーが意外に多いが、内容は実にチープでくだらないのが多い。1年中シーズンオフのないベガスは、黙っていても客がくるので、どんなショーでもロングランになるのだから不思議である。

時期を合わせて、ボクシングの世界タイトルマッチや、K-1、UFCなどの格闘技イベントを観に行くのもよいかも知れない。あのマイク・タイソンもベガスに住んでいるのだ。また、カジノのスポーツブックで試合の結果を賭けることができるので、その凄まじい盛り上がりの違いがが分るはずである。

海外での男の買い物は、何故か決まってアダルトビデオやサープラスショップ系(軍の放出品など)になる。これらのお店は、メインのラスベガス・ブルーバードからは少し離れた場所にある。ベガスの綺麗なイメージの街づくりは、ギャンブル以外の男の楽しみを排除してしまった。

アダルトビデオは、巨大な『アダルト・スーパー・ストアー』が、大通りからトレジャー・アイランド沿いスプリング・マウンテン・ロードを西に行くと右手に車で5分の場所にある。ビデオ・DVDから色々なアダルトグッズが豊富に陳列されている。米国人のカップルや女性客が店内に多いのにも驚かされるだろう。

その先をさらに車で5分走ると、『アメリカン・シューターズ・サプライ』がある。ここでは、GUNや射撃グッズが売られている。GUNが米国ではいくらで販売されているのかがよく分る。ズラリと並んだ本物のピストルやライフルを見るだけで男心をくすぐられて楽しいかも知れない。日本に持ち帰ることができるGUNのアクセサリーや、ホルスター、本物の政府機関のユニフォームなど膨大な品揃えがある。

もう一つ男の買い物といえば、サープラスショップである。巨大な倉庫内には、軍の放出品、フライトジャケット、ブーツからナイフ、キャンプ道具までビッシリと陳列されている。まるで軍隊の補給倉庫にいるような錯覚に陥ることは、愉快この上ないことである。

『ハンズ・サープラス』は、ダウンタウンから北へ少し走り、レイク・ミード・ロードを東に曲がり、10分くらい走ると左側にある。楽しい買い物をしようと思えば、やはりレンタカーを借りた方が便利である。

サープラスといえば、ギャンブル用品のサープラスショップ『ギャンブラーズ・サプライ』もある。本物のスロットマシーンや、ポーカーテーブルからトランプやチップなどの小物まで、ベガスらしい土産をゲットできるかもしれない。カジノ必勝本も売られているが、内容は英語だし、信憑性がないので注意してください。ストラストフィア・タワーからメインストリートを北に5分走ると右側にあります。

日本への土産といえば、歴史のないこの街ではそれらしい物を探すことは難しい。私の場合は、決まってビーフジャーキーにしている。乾物なので一番軽いから…。MGMホテルの北に『ウォール・グリーン』というスーパーマーケットがあり、これは普通の米国の日用雑貨と食料品のチェーン店なので、そんな安い土産を探すのにはベストである。

 

 

第57回:【付録】日本人ギャンブラー列伝(番外編)

 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち~西部女傑列伝5
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari