のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 

第380回:流行り歌に寄せて No.185 「グッド・ナイト・ベイビー」~昭和43年(1968年)

更新日2019/08/29



今年の2月15日、ザ・キング・トーンズのリーダーでリードテナーの内田正人さんが亡くなった。82歳だった。日本のリズム・アンド・ブルース(以下:R&B)界の草分け的存在であり、後進の多くのミュージシャンに敬愛されていた人である。

私などは、あのオールバックでサングラス姿の印象が強いため、最初からそのスタイルであるかのように思っていたが、今回YouTubeでザ・キング・トーンズのデビュー当時の映像を観ることができ、そのすっきりした若々しい姿に「ああ、そうだった、こんな感じだった」と思い出すことができた。

このYouTubeの映像は昭和43年のものだが、実に画質も音質もよく、ローズピンクのスーツに蝶ネクタイの彼ら4人が、50年以上前のものとは思えないほど、鮮明に再生されている。大切に、丁寧にものを保存している人はいるものだ、と改めて感心させられた。

ザ・キング・トーンズ。昭和33年6月、当時、日本大学法学部に在学中の内田正人が、アマチュア・コンテストなどで知りあった成田邦彦、石井迪、加生スミオとともに、日本でも大変人気の高かったプラターズ・スタイルのコーラス・グループを結成する。プラターズに倣い、女性ヴォーカリストの佐藤サエコを迎え、ザ・ファイブ・トーンズという名前で音楽活動を始めたのが、その前進であるという。

そして、昭和35年2月に佐藤が体調を崩して脱退したため、ザ・キング・トーンズと名前を変え、いわゆるドゥー・ワップ・スタイルという唱法で徐々に人気を上げて、放送の世界にも進出した。それと同時に、米軍キャンプでは、憧れのプラターズほか、米国で人気があった多くのR&Bグループと共演し、大変な好評を得た。

その後、ポップス調の歌手の曲のバック・コーラスを続けたりしていたが、昭和43年5月1日、ついに日本グラモフォンから「グッド・ナイト・ベイビー」でレコード・デビューを果たした。その時のキャッチ・フレーズが「30歳の新人グループ」。最初のグループ結成から10年経過してのデビューだった。

発売当初はあまり評判が立たなかったものの、仙台で火が点いたのをきっかけに、じっくりと徐々に売れていき、翌昭和44年3月には4週続けてチャート2位につける大きなヒットとなった。そして米国でもレコードが発売され、この年の大晦日の第20回NHK紅白歌合戦への出場を果たしたのである。


「グッド・ナイト・ベイビー」  ひろ・まなみ:作詞  むつ・ひろし:作曲  早川博二:編曲  ザ・キング・トーンズ:歌  

きっといつかは 君のパパも

わかってくれる(二人の愛を)

後ろを向いた ふるえる肩を

抱いてあげよう だから


*グッド・ナイト グッド・ナイト・ベイビー 涙こらえて

今夜は このまま おやすみ グッド・ナイト

グッド・ナイト グッド・ナイト・ベイビー 涙こらえて

楽しい 明日を 夢みて グッド・ナイト*


やっとみつけた この幸せは

誰にもあげない(二人のものさ)

涙にぬれた 冷たいほほを

ふいてあげよう だから


(*くり返し)


グッド・ナイト グッド・ナイト



作詞家のひろ・まなみと作曲家のむつ・ひろしは、和田アキ子の『どしゃぶりの雨の中で』でもコンビを組んでいる。但し、この時の筆名は作詞のひろは大日方俊子、作曲のむつは小田島和彦とまったくの別名義なのが面白い。

ひろ・まなみ(大日方俊子)は、慶応義塾大学を卒業後、テレビのディレクターをしていたがフリーになり、作詞・訳詞の他に、プロデューサー、イベント企画、コーディネーターと、広く音楽業界全般に渡って活躍している。野口五郎のデビュー曲『博多みれん』や『オレンジの雨』などの作詞も手掛けた人だ。

むつ・ひろし(小田島和彦)の作曲で代表的なものは、さくらと一郎の『昭和枯れすゝき』、石川セリの『八月の濡れた砂』などがあり、曲調の幅広さを感じる。

編曲の早川博二は、作曲家でありトランペッターでもあった。また『早川博二&モダン・ポップス・オーケストラ』で指揮棒も振っている。左卜全と(劇団ひまわりの女子小学生5人で作られたユニット)ひまわりキティーズの『老人と子供のポルカ』。左が77歳で亡くなる前の年に作られヒットした曲だが、これは早川の作詞・作曲によるものだった。

さて、ザ・キング・トーンズ。時々メンバーを変え、第1期から第3期まで半世紀を越えて、リーダーの内田が体調不良で出られなくなってからも、ずっと活動を続けているようである。

そして、ただ一人残ったオリジナル・メンバー、成田邦彦は82歳になった現在でも、「歩くドゥー・ワップのカタログ」の異名を持ち、ステージで長身を生かしたパフォーマンスを披露していると聞く。

-…つづく

 

 

第381回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019 開幕!!


このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー


第301回:流行り歌に寄せて No.106
第350回:流行り歌に寄せて No.155
までのバックナンバー


第351回:流行り歌に寄せて No.156
「僕らの町は川っぷち」~昭和42年(1967年)

第352回:流行り歌に寄せて No.157
「この広い野原いっぱい」~昭和42年(1967年)

第353回:流行り歌に寄せて No.158
「小指の想い出」~昭和42年(1967年)

第354回:流行り歌に寄せて No.159
特別篇 「森田童子の訃報に接して その1」

第355回:流行り歌に寄せて No.160
特別篇 「森田童子の訃報に接して その2」

第356回:流行り歌に寄せて No.161
「僕のマリー」~昭和42年(1967年)

第357回:流行り歌に寄せて No.162
「夜霧よ今夜も有難う」~昭和42年(1967年)

第358回:流行り歌に寄せて No.163
「花はおそかった」~昭和42年(1967年)

第359回:流行り歌に寄せて No.164
「世界の国からこんにちは」~昭和42年(1967年)
第360回:流行り歌に寄せて No.165
「ブルー・シャトウ」~昭和42年(1967年)

第361回:流行り歌に寄せて No.166
「あなたのすべてを」~昭和42年(1967年)
第362回:流行り歌に寄せて No.167
「花と小父さん」~昭和42年(1967年)

第363回:流行り歌に寄せて No.168
「真赤な太陽」~昭和42年(1967年)

第364回:流行り歌に寄せて No.169
「好きさ好きさ好きさ」~昭和42年(1967年)

第365回:流行り歌に寄せて No.170
「君に会いたい」~昭和42年(1967年)
第366回:流行り歌に寄せて No.171
「バラ色の雲」~昭和42年(1967年)

第367回:流行り歌に寄せて No.172
「新宿そだち」~昭和42年(1967年)

第368回:流行り歌に寄せて No.173
「虹色の湖」~昭和42年(1967年)

第369回:流行り歌に寄せて No.174
「小樽のひとよ」~昭和42年(1967年)

第370回:流行り歌に寄せて No.175
「帰って来たヨッパライ」〜昭和42年(1967年)

第371回:流行り歌に寄せて No.176
「伊勢佐木町ブルース」~昭和43年(1968年)

第372回:流行り歌に寄せて No.177
「ゆうべの秘密」~昭和43年(1968年)

第373回:流行り歌に寄せて No.178
「星のプリンス」「落ち葉の物語」「銀河のロマンス」〜昭和43年(1968年)

第374回:流行り歌に寄せて No.179
「小さなスナック」~昭和43年(1968年)

第375回:流行り歌に寄せて No.180
「悲しくてやりきれない」~昭和43年(1968年)

第376回:流行り歌に寄せて No.181
「長い髪の少女」~昭和43年(1968年)

第377回:流行り歌に寄せて No.182 「天使の誘惑」~昭和43年(1968年)
第378回:流行り歌に寄せて No.183
「エメラルドの伝説」~昭和43年(1968年)

第379回:流行り歌に寄せて No.184
「ちょっと番外編~テープレコーダー購入」~昭和43年(1968年)


■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【鏡花水月~私の心をつくっていることなど 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [ギュスターヴ・ドレとの対話]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2020 Norari