■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から


Grace Joy
(グレース・ジョイ)




中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。



第1回:男日照り、女日照り
第2回:アメリカデブ事情
第3回:日系人の新年会
第4回:若い女性と成熟した女性
第5回:人気の日本アニメ
第6回:ビル・ゲイツと私の健康保険
第7回:再びアメリカデブ談議
第8回:あまりにアメリカ的な!
第9回:リメイクとコピー
第10回:現代学生気質(カタギ)
第11回:刺 青
第12回:春とホームレス その1
第13回:春とホームレス その2
第14回:不自由の国アメリカ
第15回:討論の授業
第16回:身分証明書
第17回:枯れない人種
第18回:アメリカの税金
第19回:初めての日本
第20回:初めての日本 その2
第21回:日本道中膝栗毛 その1
第22回:日本道中膝栗毛 その2
第23回:日本後遺症
第24回:たけくらべ
第25回:長生きと平均寿命
第26回:新学期とお酒
第27回:禁酒法とキャリー・ネイション
第28回:太さと貧しさ
第29回:外国生まれ
第30回:英語の将来 その1
第31回:英語の将来 その2
第32回:英語の将来 その3


■更新予定日:毎週木曜日

第33回:英語の将来 その4~誰がブロークンイングリッシュを話すのか

更新日2007/10/25


これから英語を変えていくであろう3番目の大きな要素は、若い人たちの間で使われているいわば“下町英語”が及ぼすものです。

この“下町英語”は大学院生のレポートの中にさえ見られますし、新聞ですら迎合するように“下町英語”を多用して記事を書くようになってきました。単語の用法だけでなく、文法も変わり、本来なら間違った英語とされていたものが容認されるようになってきたのです。これらは例をあげたほうが分かりやすいでしょう。

A. there is/there arethere was/ there wereの差が急速になくなりつつあります。と言うより実際に使い分けをしなくなってしまいました。ショッキングなことですが、第二外国語としての英語学会の会場にさえ、There's plenty of chairs up here in frontとありました。

B. 数えられるモノと数えられないモノcountable/non-countableの差がなくなりつつあります。日本で英語を学ぶときに、日本語にないコンセプトの一つとして数えられるモノには s を付けて複数を表し、数えられないモノにはたとえ量がいくら多くても複数形の s は付けないと教えられることでしょう。その規則はまだ生きていますが、その名詞の前に付ける形容詞 fewer がほとんど使われなくなり、すべてを lessで代用してしまうようになってきました。
数えられるモノには fewer, 数えられないモノには less という文法上の決まりが消えているのです。few
そのものは健在ですが、比較級としての fewer は消滅の寸前なのです。
アメリカのNHK的存在であるPBSですら、"Instead of more cars on our streets and highways, we need less cars"とか "There is less and less fish in our rivers"といった表現を公然と使っています。これが私の学生のレポートなら赤鉛筆でXX印を付け、書き直すところなのですが。

C. 副詞を作るために形容詞の語尾につける"ly"が消えていっています。Apple Computersのソフトではその傾向が強く、Appleが下町英語を容認し取り入れたのか、Apple で"ly"を使わなくなったので、若者がそれに倣ったのかはわかりませんが、以下のようなly抜きの表現はいたるところに見ることができます。
"Think different." "He drives too slow." "Please drive slower." "Please think deeper"

D. 当たり前になってしまい、不自然に感じなくなくなってしまいましたが、スーパーマーケットに並んでいる食品の命名で, ice tea, mash potatoes, corn beef, can food などは正しくは iced tea, mashed potatoes, corned beef, canned food とするべきでしょう。保守的な文法学者でも相手が宣伝力の強い食品メーカーなので、一々間違いを指摘するようなことはすでにあきらめているのでしょうか、それにいくら頭の固い文法学者でも、アメリカでは間違った表示をしているからといって、その食品を食べずに生きて行くことが難しいご時世になってきています。

E. これも複数形に関することですが、their を単数形の代名詞に使うことが多くなり、次第に受け入れられてきたことです。学校の先生たちも their 攻勢に半ば降参し、あきらめ、それでよいかという心理状態になっているのが現状です。この症状は若い人の間だけでなく弁護士や政府公文書にさえ至るところに見られるようになってきました。
"No mother should be forced by federal prosecutors to testify against their child"(Monica Lewinsky's mother's lawyer)
"The publicity right of the subject is that their image may not be commercially exploited without his/her consent,,,,,,"(Library of Congress webpage)

F. 前置詞の用法が大きく変わってきました。とりわけ慣用句的表現において若者はすべてを on で済ませてしまう傾向があります。その影響でしょうかニュースキャスターまで on を多用するようになってきました。
"That has brought a lot of attention on his office."(NBC Nightly News)
その逆に on であるべきところを off of や他の前置詞で書く学生が増えてきました。以下は、私の学生のレポートからの引用です。

"This pertains with our work."
"His opinion is based off of the results of several studies."
"They are taking part of that experiment."
"It has made a huge impact to our society."

これらの洪水のような新しい米語の波のなかで、日本の受験英語から未だに抜け出ることのできない私のダンナさんは、アメリカ人は英語が下手になったとぼやいているのです。

 

 

第34回:英語の将来 その5


 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2018 Norari