のらり 大好評連載中
2021/08/05掲載

■新・汽車旅日記
~平成ニッポン、いい日々旅立ち
 
第733回「展望車行ったり来たり - SLやまぐち号 徳佐~新山口 -」
 
徳佐駅に停まる前に通ったトンネルが島根県と山口県の県境だった。ここは山口県の谷間である。線路の両側から山が近づき、また離れていく。地図を見ると、この谷は阿武川が刻んだようだ。このまま新山口まで並ぶかと思ったら、長門峡駅付近で北に向かい、東萩で日本海に注ぐ。途中には阿武川ダムの大きな湖もある。中国地方の尾根は入り組んでいる。川の流れも予想外だ。さて、グリーン車の空席を見つけて「移席」できて良かったけれど、4人席の通路側で他人との相席は少し居心地が悪い。せめて窓際だったら景色に集中できる。しかし通路側から窓を見ると、左右のどちらも相席が視界に入る。社交的な人ばかりなら会話も盛り上がるし、盛り上げる自信もある。しかし、おしゃべりに夢中になると景色を眺める暇がない。すこし車内を見聞してこよう。前方はゴリラさんが座っているから、自然と足は後方へ向かう。4人グループと家族連れで賑わっている。

杉山 淳一

杉山 淳一 ※只今休載中です

バックナンバー

2021/11/18掲載

■店主の分け前
~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 
第433回「流行り歌に寄せて No.233「もう恋なのか」~昭和45年(1970年)」
この人が登場してきたとき「なんてかっこいい人なんだろう」というのが第一印象だった。現在の短髪姿ではなく、長い髪を七三に分けた精悍な顔立ち、背がすらっと高く、足も長い。歌わせても高音が伸びる魅力的な声である。私は、当初彼の声は熱々のトーストに塗るバターのようだと思った。当時さかんに行なわれていた「芸能人大運動会」のような番組では、同じ年にデビューしライバルとされていた野村真樹とともに、抜群の運動神経を披露していたものである。それもそのはずで、地元大分県の高校の時は体操選手としてオリンピックを目指すほどの実力者だったという。けれども、177cmという身長は体操選手としては高すぎたようだ。彼は体操を続けるのを断念する。高校を卒業した後、社交ダンスの講師だった父親の勧めで、別府にあるナイトクラブ『ナポリ』で楽器の演奏をしたり、時には歌ったりしていた。父親が高校を出たての息子の就職先にナイトクラブ…

金井 和宏

金井 和宏  
   
バックナンバー

2021/11/25掲載

■音楽知らずのバッハ詣で
第5回「ライプツィヒという町 その4」
up
ライプツィヒのニコライ教会がベルリンの壁崩壊に、それに引き続く東西統合に果たした役割は大きい。ドラマチックなベルリンの壁の映像の陰になり、先鞭をつけたライプツィヒのことは忘れられたかのようだ。中世以前から、教会内部は治外法権に近い特別な所になっていた。たとえ犯罪人がそこへ逃げ込んでも、警察は踏み込み、逮捕することができない時代が続いた。東ドイツ全土に広がって行った解放運動、民主化運動は、ライプツィヒのニコライ教会に端を発したと言ってよいと思う。ヨーロッパを旅行し、いつも驚かされるのは、教会、宗教が持つ影響力だ。建築、絵画、音楽、そして生活の隅々にまで、カトリックであろうがプロテスタントであろうが、その影が見え隠れするのだ。およそ宗教的でない若者にも、カトリック、プロテスタントにかかわらず、その影響を嗅ぎとるのは容易だ。キリスト教的な歴史の拘束力をマザマザと感じるのだ。ライプツィヒに始まった民主化運動がニコライ教会を牙城としたのは、どこかにキリスト教的駆け込み寺の…

佐野 草介

佐野 草介 

バックナンバー

2021/11/25掲載

■亜米利加よもやま通信
~コロラドロッキーの山裾の町から
 
第734回「巨大産業 痩せ屋 その1」
up
昔からガンの特効薬と確実に効く毛生え薬、それにこれさえ呑めば絶対に痩せるクスリを発見したら、一夜で大金持ちになれると言われています。そんな特効薬、塗り薬などあり得ないし、今後も出てこないでしょうけど…。毛生え薬や痩せる方法、ダイエットの宣伝では、使用前、使用後の写真が、“エッ! こんなに効くの?”と驚くほどの違いで載っています。テレビのコマーシャルでも、見事に禿げた若者が、別人になったかのようにフサフサの髪の持ち主に変身していたり、普通の家のドアを通り抜けられそうもない超大デブが、バービー人形のように痩せたりしています。本気ではないでしょうけど、ウチの禿げダンナさん、「オイ、あれ凄いぞ。オレも試してみようかな…」とか呟いています。一度枯れ切った木に花が咲くわけないでしょうに…。あれは、花咲か爺さんのお伽噺の中だけのことですよ。それに 元々ズボラ、無頓着を絵に描いたように、身の回り、服装や頭髪を構わない、気にしない、気にならないタイプです から、70余年、放っておいた彼の禿げ頭に若草が生えることなどあり得ないことなのですが…。アメリカのデブ問題は深刻です。皆さん痩せよう、体重を減らそうと試みますが、どうにも成功率の低いチャレンジに…

グレース・ジョイ

Grace Joy(グレース・ジョイ)

バックナンバー

2021/11/18掲載

■ジャック・カロを知っていますか?
~バロックの時代に銅版画のあらゆる可能性を展開した天才版画家とその作品を巡る随想
 
第16回「聖地巡礼報告書」 
カロは1619年から1620年にかけて、それまでのカロ的な表現とは全く異なる版画集を制作しています。建築技術者でもあったフランシスコ教会の僧侶ベルナルディーノ・アミコ・デ・ガリポリが、エルサレムの教会やイエス・キリストが生まれたベツレヘムなど、キリスト教徒にとっての聖地を巡礼した報告書に描いた図面などを47点の版画にしたものです。ベルナルディーノは、おそらく聖なる場所を丹念に採寸して描き写したのでしょうし、それを原図としたカロの版画はまるで建築の設計図です。題材が題材ですから当然でしょうけれども、極めて想像力や描写力が豊かで師匠パリジの祝祭のパレードのデザインなどには過剰解釈を施したカロが、ここでは原図を正確に版画化することに専念しています。それというのもこの作品は、トスカーナ大公コジモ二世のために特別に制作されたものだからです。敬虔なキリスト教徒にとっては、イエス・キリストが生まれた街ベツレヘムや、イエスが十字架に架けられて昇天したエルサレムは特別な場所、まさに聖地です。イエスの死後、キリスト教が広まるにつれて、イエスにゆかりのある場所に次々に聖蹟が建造され、それらを巡礼することがキリスト教徒に…

elia

谷口 江里也 

バックナンバー

2021/11/25掲載

■よりみち~編集後記 up 
11月25日までの新型コロナウイルスの各国別感染者数(死者数)の推移をまとめました。
covid19_weekly_112521_s
※日本は感染者数が一日平均109人、死亡者数が一日平均2.28人と、更に収束に向かって減少を続けています。一方で、隣国の韓国では一日4,000人を超える感染者数で、ブレイクスルー感染が56%を超えており、3回目のブースター接種が不可欠なことを証明しています。

よりみち

「のらり」編集部

バックナンバー


【のらり文庫】電子書籍販売中

mail お問合せ・ご意見はこちらから

バックナンバー
インタビュー
jun_gallery


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 1
amazon cover
ブッチ&サンダンス
ワイルドバンチの素顔を追って

Kindle版
 
<<佐野 草介の著書>>
アウトローシリーズ 2
amazon2 amazonPO8 Cover
ブラック・バート“PO8”
駅馬車専門の紳士的怪盗

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 3
amazonEarp Cover
ワイアット・アープと
OK牧場の決闘の真相

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 4
amazonKid Cover
ビリー・ザ・キッド
真実の素顔を追って

Kindle版

<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 5
amazonjjames_cover
ジェシー・ジェイムス
創られた英雄伝説

Kindle版


<<佐野 草介の著書>>amazon2
アウトローシリーズ 6-10
amazonjyoketsu_s
西部女傑列伝
伝説の女性アウトローたち

Kindle版



<<佐野 草介の著書>>
kindle版
貿易風の吹く島から
カリブ海のヨットマンからの
電子メール

Kindle版


<<Grace Joyの著書>>
joy_coveramazon
グレートプレーンズのそよ風
アメリカ中西部今昔物語

Kindle版


<<谷口 江里也の著書>>
amazon01

ibiza-catamazon
イビサ島のネコ
Los Gatos de Ibiza



<<杉山淳一の著書>>
amazon

amazon01
ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。
日本全国列車旅、
達人のとっておき33選

  ビバ・エスパーニャ! [全31回] ~南京虫の唄
 佐野 草介
佐野 草介
イビサ物語 [全158回] ~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 佐野 草介
佐野 草介
フロンティア時代のアンチヒーローたち [全151回] ~西部アウトロー列伝 Part1:Butch&Sandance
 佐野 草介
佐野 草介
グレートプレーンズのそよ風 [計28回] ~アメリカ中西部今昔物語
 Grace Joy(グレース・ジョイ)
グレース・ジョイ
貿易風の吹く島から [全157回] ~カリブ海のヨットマンからの電子メール
 佐野 草介
佐野 草介
くらり、スペイン [計94回] ~移住を選んだ12人のアミーガたち、の巻/~イベリア半島ふらりジカタビ、の巻
 湯川 カナ
湯川 カナ
拳銃稼業 [全58回] ~西海岸修行編
 中井 クニヒコ
中井 クニヒコ
現代語訳『風姿花伝』 [全63回]
~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳

 谷口 江里也
谷口 江里也
鏡の向こうのつづれ織り [全24回] ~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空  
谷口 江里也
鏡の向こう
もう一つの世界との対話 [全24回] ~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ  
海藤 春樹_人形_IMAGES 谷口 江里也_詩_TEXT
もうひとつの世界
岩の記憶、風の夢 [全57回] ~my United Stars of Atlantis
 谷口 江里也
岩の記憶


【のらり】更新ニュースを毎週発行しています。 ご希望の方(不要の方)ご登録ください。サンプル
※注意:現在、ジャンクメール増加のため自動登録を中止しています。こちらから「ニュース希望」とご連絡ください。

更新ニュースの連絡がない場合、掲載の不備、ご意見・ご要望などがありましたらこちらへご連絡ください。