のらり 大好評連載中   
 

■ドレの『狂乱のオルランド』~物語の宝庫、あらゆる騎士物語の源


更新日2024/02/22 




ドレの『狂乱のオルランド』 


サラセンとキリスト教徒軍騎士たちが入り乱れ
絶世の美女、麗しのアンジェリーカを巡って繰り広げる
イタリアルネサンス文学を代表する大冒険ロマンを
ギュスターヴ・ドレの絵と共に楽しむ


谷口 江里也 文
ルドヴィコ・アリオスト 原作
ギュスターヴ・ドレ 絵


 

第 7 歌  邪悪な魔女アルチーナ


第 2 話: 魔術にかかったルッジェロ

 

さて前回は、アストルフォから言い含められていたにもかかわらず、邪悪な魔女アルチーナの魔法にかけられ、ルッジェロが妖艶な美女に心奪われてしまったところまでお話しいたしました。

しかしそれにしても、凛々しき騎士ルッジェロともあろうものが、しかも運命の女性ブラダマンテのことさえ忘れ果て、どんなに美しくとも見知らぬ魔性の女に、かくも簡単に心を奪われていいものか、とあなただって思うでしょう。

しかし、それこそが邪悪な魔女の魔法の恐ろしさ。すっかり魔法にかかってしまったルッジェロは、自分の目で現に見ている情景こそが真実で、この女性はアストルフォが言っていた魔女とは違う、あるいは彼の言っていたことは嘘に違いないと思い込み、それ以外のことには全く考えが至らなくなってしまったのだった。


7-2-01


それこそが魔法の魔力。なかでもアルチーナが操る魔法は、夢想という幻の力、恋の病という抗しがたい力を操る妖術。愚かにも、そんな魔法にかけられてしまったルッジェロの頭のなかは、一刻も早くこの美女と愛を交わしたいということで一杯になってしまい、それ以外のことは何も考えられなくなってしまったのだった。


7-2-02

しかも妖艶な美女、実は魔女のアルチーナは、そんなルッジェロを焦らすかのように、その前にまずはお食事を、などと言い、血が逆流して胸も頭も破裂しそうになったルッジェロが、それでも言われた通りに上の空で庭に設けられたテラスに向かうと、そこには、食卓を取り囲んで妙なる調べを奏でる学士や、それに合わせて唄を歌う乙女たちがいた。


7-2-03

もちろんそれらもまた天国もかくやと思われるほどに美しく、一目見ただけでウットリと、何もかも忘れ果ててしまいそう。それにもまして美しいアルチーナのその姿。そんなこんなでルッジェロの心も体ももはや限界。それを察し、そうなるまで焦らしに焦らしていた魔女アルチーナは、そっと目を伏せてルッジェロの手を取ると、ゆっくりと彼女の寝室へと誘い、そして取り巻きの小姓や侍女たちに目配せをして、彼らを去らせた。


7-2-04

白い絹のレースに覆われたベッドの布はどこまでも滑らかで、アルチーナが、ちょっと目を瞑っていてくださいねと微笑みながら言い、ルッジェロが言われた通り目を閉じると、耳にサラリと衣擦れの音がして、どうやら素肌に甘い香水を纏《まと》わせているのか、辺りに芳しい香りが漂い全身を溶かす。

そっと誘うかのように妖女の小さな声が聞こえて目を開ければ、素肌に再び薄衣《うすぎぬ》をまとった体の、その美しいこと美しいこと。まるで自ら光を放っているかのような体から溢れる淡く美しい柔らかな光。香水の甘い香りに酔ったルッジェロが妖艶な美女を激しく抱き寄せ、輝く女神の体を妨げる薄衣を剥ぎとれば、二人はもう、たゆたう愛の海の中。


7-2-05



7-2-06


そうして一夜が、あくる日が、そうしてもう一日が過ぎた。嗚呼、凛々しき騎士ぶりもすっかり失せて、邪悪な魔女に爪も牙も切り取られ、精気さえ吸い取られ尽くされそうになってしまっているルッジェロのその不甲斐のなさ。

7-2-07

そんなどうしようも無い男のことはさておき、それにつけても気がかりなのは、天馬に乗って空の彼方へと消えてしまったルッジェロを見上げたまま取り残されてしまったブラダマンテのこと。

第7話、第3歌では、彼女がそれからどうなったかをお話しすることにいたしましょう。

-…つづく

 

 

 backバックナンバー

このコラムの感想を書く

 


谷口 江里也
(たにぐち・えりや)
著者にメールを送る

本や歌や建築、さらには自治体や企業のシンボリックプロジェクトなどの、広い意味での空間創造を仕事とする表現哲学詩人、ヴィジョンアーキテクト。
主な著作に『鏡の向こうのつづれ織り』『鳥たちの夜』『空間構想事始』『天才たちのスペイン』、主な建築作品に『東京銀座資生堂ビル』『ラゾーナ川崎プラザ』『レストランikra』などがある。
なお音楽作品として、シンガーソングライター音羽信の作品として、アルバム『わすれがたみ』『OTOWA SHIN 2』などがある。

アローAmazon 谷口江里也 著作リスト

アロー未知谷 刊行物の検索 谷口江里也
アローElia's Web Site [E.C.S]


■連載完了コラム

ジャック・カロを知っていますか?
~バロックの時代に銅版画のあらゆる可能性を展開したジャック・カロとその作品をめぐる随想
[全30回]*出版済み

明日の大人ちのためのお話[全12回]

鏡花水月 ~ 私の心をつくっていることなど (→改題『メモリア少年時代』[全9回+緊急特番3回] *出版済み

ギュスターヴ・ドレとの対話 ~谷口 江里也[全17回]*出版済み

『ひとつひとつの確かさ』~表現哲学詩人 谷口江里也の映像詩(→改題『いまここで  Here and Now』) [全48回] *出版済み

現代語訳『枕草子』 ~清少納言の『枕草子』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳 [全17回]

現代語訳『方丈記』~鴨長明の『方丈記』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語訳に翻訳 [全18回]

現代語訳『風姿花伝』~世阿弥の『風姿花伝』を表現哲学詩人谷口江里也が現代語に翻訳 [全63回]


岩の記憶、風の夢~my United Stars of Atlantis [全57回]
*出版済み

もう一つの世界との対話~谷口江里也と海藤春樹のイメージトリップ [全24回]
*出版済み

鏡の向こうのつづれ織り~谷口江里也のとっておきのクリエイティヴ時空 [全24回]
*出版済み

随想『奥の細道』という試み ~谷口江里也が芭蕉を表現哲学詩人の心で読み解くクリエイティヴ・トリップ [全48回]
*出版済み

バックナンバー
第1歌  初めて歌われるオルランドの物語
 
第1話:アンジェリーカの逃亡
 第2話:騎士アルガリアの亡霊
 第3話:アンジェリーカとリナルド
第2歌  騎士たちの大冒険
 第1話:リナルドの大冒険
 
第2話:乙女騎士ブラダマンテ
 
第3話:天馬を操る騎士
第3歌 乙女騎士ブラダマンテの運命
 第1話:不思議な洞窟
 
第2話:魔法の知恵の書に記された運命
第4歌 魔法の指輪
 
第1話:天馬の騎士の正体
 
第2話:魔城の秘密
 
第3話:嵐に会ったルッジェロのその後
 第4話:ギネヴィア姫の危機
第5歌 邪悪な公爵
 第1話:悲鳴の主

 第2話:陰謀の顛末
第6歌 不思議な冒険
 第1話:謎の騎士の正体
 
第2話:不思議な島
 第3話:この世の天国
第7歌 邪悪な魔女アルチーナ
 第1話:妖艶な美女


■更新予定日:隔週木曜日