■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から


Grace Joy
(グレース・ジョイ)




中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。



第1回:男日照り、女日照り
第2回:アメリカデブ事情
第3回:日系人の新年会
第4回:若い女性と成熟した女性
第5回:人気の日本アニメ
第6回:ビル・ゲイツと私の健康保険
第7回:再びアメリカデブ談議
第8回:あまりにアメリカ的な!
第9回:リメイクとコピー
第10回:現代学生気質(カタギ)
第11回:刺 青
第12回:春とホームレス その1
第13回:春とホームレス その2
第14回:不自由の国アメリカ
第15回:討論の授業
第16回:身分証明書
第17回:枯れない人種
第18回:アメリカの税金
第19回:初めての日本
第20回:初めての日本 その2
第21回:日本道中膝栗毛 その1
第22回:日本道中膝栗毛 その2
第23回:日本後遺症
第24回:たけくらべ
第25回:長生きと平均寿命
第26回:新学期とお酒
第27回:禁酒法とキャリー・ネイション
第28回:太さと貧しさ
第29回:外国生まれ
第30回:英語の将来 その1
第31回:英語の将来 その2
第32回:英語の将来 その3
第33回:英語の将来 その4
~誰がブロークンイングリッシュを話すのか

第34回:英語の将来 その
第35回:ベビーブーム
第36回:スポーツ音痴の相撲好き
第37回:お相撲と外国人力士
第38回:お相撲スキャンダル
第39回:いまさらミシュラン…
第40回:黒い金曜日、サイバーな月曜日


■更新予定日:毎週木曜日

第41回:体罰と児童虐待

更新日2007/12/20


私が通った、田舎のワンルーム学校のミセス フードルマイヤー先生はハエタタキで私たち、やんちゃ盛りの子供をよく叩いたものです。ハエをたたき殺すように思い切りバッシとやるのではなく、軽くパンと頭を叩くのですが、フードルマイヤー先生のハエタタキがスーッと頭の上にあがると、私たちは顔が青くなるほど緊張し、歯を食いしばってハエタタキが頭に下ろされるのを待つのでした。このことは前のシリーズで書きました。

もう何年も前になりますが、ワンルーム学校の同窓会が開かれました。まだフードルマイヤー先生がご存命の時のことです。先生からハエタタキの洗礼を受けた沢山の生徒が集まり、地方の新聞に載ったほどです。当然、ハエタタキの思い出話が出ました。

今、NASA(全米宇宙局)でチーフエンジニアをしているスティーブが、「ハエタタキは、イギリスでサーの称号を貰う時、女王陛下がカタナで叙勲者の肩をバシンと打ち下ろす儀式と同じようなものだ」と解説し、喝采を受けていました。ハエタタキのおかげで頭が良くなったとは思えませんが…。

家庭でも、父と母、両方からお尻を叩かれました。お尻タタキは主に父の役目で、昼間何か悪いことをして、その報告を母から受けた父が、「お母さんはこう言っているが、本当か? そんなことをしたのなら、10数えるうちに素直に謝りなさい。そうでなければ、お尻を5回叩くよ」と、脅かすのです。妹たちは、すぐにごめんなさい、もうしませんと謝り開放されますが、強情な私はムッと口をつぐんで抵抗し、お尻を叩かれたものです。

そのうち、父もこんなことなど全くやりたくないし、しょうがなく軽く叩くだけだと知り、即座に罰則、尻叩きの刑に服するようになりました。幸い私のお尻に青アザが残ることも、心理的トラウマが陰を落とすこともなく、今に至っています。今、父は突然私たちを訪ね、1、2週間滞在するのが何よりの楽しみのようです。

マサチューセッツ州で親が子供のお尻を叩く(スパンキングと呼んでいます)のを禁止する法案が可決されそうです。

親が我が子をシツケのため叩く、通常お尻を平手でパシンとやることは、州の法律で禁止されていませんが、学校の先生が生徒をパシンとやるは29の州で違法行為とされています。それを禁止しようと言うのです。

児童虐待が大きな社会問題になっているアメリカで、どこまでがシツケのためなのか、どこからがカッとなった親が我が子にふるう暴力なのか境界線をはっきり引くのはほとんど不可能なことです。この法案が通ると、5歳の子供のお尻を叩いた母親が刑務所に入ることになります。そうなると、母親の居ない子供を作り出すことになります。 

驚いたことに、世界19ヶ国ですでにそのような法律があるのです。どのように法律に実定性を持たせるのか、そのような法律をどうやって履行していくのか具体的な教書はまだありません。

4、5歳の子供が、「おかーちゃんが私のお尻をブッタの」と、裁判所に訴え、その証言を基に判事が公判に持ち込むのでしょうか。裁判沙汰にならないために証拠として、アメリカのどこの病院でも採用しているように、家の中にビデオ監視カメラを設置することになるのかしら。

行き過ぎた動物愛護運動のように、そんな法律を楯に子が親を訴えるような社会にならないことを祈るだけです。

アメリカの滑稽さは、自国内で暴力はダメ、家庭内暴力、児童虐待をなくそうと(一向に減らないどころかウナギ登りに増えていますが)、法律だけつくり、その一方では、国家が行っている一番大きな暴力、イラク、アフガニスタンでの戦争を暴力だと思っていないことです。

暴力でない戦争が未だかつてなかったことは、誰でも知っていると思うのですが……。

 

 

第42回:師走の寒い空の下


 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2018 Norari