■新・汽車旅日記〜平成ニッポン、いい日々旅立ち


杉山淳一
(すぎやま・じゅんいち)


1967年生まれ。東京出身。京浜急行沿線在住。1996年よりフリーライターとしてIT、PCゲーム、Eスポーツ方面で活動する。「新汽車旅日記」をきっかけに鉄道方面にも進出した。「鉄旅オブザイヤー」最終選考委員



第1回:さよならミヤワキ先生。
第2回:17歳の地図、36歳の地図
第3回:駅は間借り人?
−都営地下鉄三田線−

第4回:名探偵の散歩道
−営団南北線・埼玉高速鉄道−

第5回:菜の花色のミニ列車
−埼玉新都市交通ニューシャトル−

第6回:ドーナツの外側
−東武野田線−

第7回:踊る猫伝説
−横浜市営地下鉄−

第8回:相模原銀河鉄道
−相模鉄道いずみの線・本線−

第9回:複々線から単線へ
−特急『りょうもう1号』・東武鉄道桐生線−

第10回:追悼と再生と
−わたらせ渓谷鉄道−

第11回:赤城山遠望
−上毛電鉄−

第12回:エキゾチック群馬
−東武伊勢崎線・小泉線−

第13回:エキゾチック群馬
−東武小泉線・佐野線−

第14回:気配り列車が行く
−東武亀戸線・営団地下鉄千代田線支線−

第15回:寅次郎の故郷
−京成金町線−

第16回:気になる駅の正体
−北総開発鉄道・住宅都市整備公団鉄道−

第17回:多磨エナジーライン
−西武多摩川線−

第18回:武蔵野散歩鉄道
−西武拝島線・有楽町線ほか−

第19回:不忍池に蓮が咲く
−営団千代田線・日比谷線−

第20回:営団地下鉄完乗
−営団東西線・東葉高速鉄道・山万−

第21回:ドア開閉はお客の役目
−JR相模線−

第23回:大人の遠足
−京王動物園線・高尾線−

第24回:天下の険へ
−小田急ロマンスカー・箱根登山鉄道−

第25回:富士山麓眺望ルート
−箱根周遊・富士急行−

第26回:からっ風に吹かれて
−JR八高線・上信電鉄−

第27回:高原へいらっしゃい
−小海線−

第28回:東海道深夜行軍
−ムーンライトながら−

第29回:坂道の女の子
−中央本線(名古屋−坂下)−

第30回:駅から徒歩2分の景勝地
−飯田線(飯田−豊橋)−

第31回:基幹産業のお膝元
−茨城交通−




■連載完了コラム
感性工学的テキスト商品学
〜書き言葉のマーケティング
 
[全24回] 
デジタル時事放談
〜コンピュータ社会の理想と現実
 
[全15回]

■更新予定日:毎週木曜日

 
第32回:地下鉄電車の転職先 −日立電鉄−

更新日2003/11/20


常磐線は大甕で日立電鉄と接続する。大甕は "おおみか" と読む。甕の字はふつう "かめ"と読むが、辞書によると "みか" と読む場合はとくに酒を醸造する用途になるそうだ。大甕駅から近いところに大甕神社があり、さぞ酒飲みの神が祀られているのだろうと思ったら、大和朝廷が派遣した武神、建葉槌神(たけはつちのかみ)だという。

日本書紀によると、大甕山には甕星香香背男という神がいて、地域の人々に慕われていた。しかし朝廷には従わず、鹿島神宮の武甕槌神(たけみかつちのみこと)と香取神宮の経津主神(ふつぬしのみこと)を蹴散らし、建葉槌神と死闘の末に破れた。甕星香香背男は反体制の英雄だった。地元の英雄で反体制なら、大酒飲みに違いない。


車体が汚れて、せっかく入った広告も見づらい。

日立電鉄のホームは人も少なく静かだ。しかしなぜか飲み物の自動販売機がたくさんある。かつて売店だった場所を自販機で埋め尽くしたのだろうか。ローカル線の駅にしては多すぎるような気がする。外に目を向ければ引込み線には古い電車が留置されていた。赤い塗装は地下鉄丸の内線の旧型車両を連想させる。しばらくして、同じ色の電車がやってきた。これで起点の鮎川へ向かう。

2両編成の電車は空いていた。乗客はお年寄りが数人。通勤通学の時間を外せば、ローカル線はこんなものだろう。窓ガラスがかなり汚れて、侘しさがいっそう増す。事後に知ったことだが、日立電鉄は鉄道の廃止を検討しているらしい。持て余している事業につくと、窓の汚れにまで手が回らなくなるのだろうか。悲しいことだが、そういうスタンスで営業すると乗客も離れていくだろう。従業員にも乗客にも愛着を持たれない、古い車両が気の毒に思える。

この電車のプロフィールを見ようと、連結部分の壁に近づく。たいていの場合、隣の車両へ向かう通路の壁に、製造工場を示すプレートがあるはずだ。そこには"神戸 川崎車両 昭和36年"という板と、"京王電機 平成6年"という板が並ぶ。元は京王電鉄だったのだろうか。いや、それにしては小さいな、と車内を見渡すと、窓のそばに非常灯を見つけた。地下鉄丸の内線という予想は的を射ていたようだ。


車内は清潔で安心。


地下鉄車両の名残の非常灯。

昔の地下鉄銀座線と丸の内線は、走行中に車内の明りが消えた。そのときに点灯する非常灯がこれである。地下鉄銀座線と丸の内線は、トンネルを小さくするために架線を張らず、線路の脇に電力供給のためのレールを敷いて、電車はそこから給電していた。これを第三軌条方式という。駅のホームの真下に給電レールがあると、万が一お客さんが落ちたときに感電する危険がある。そこで、駅にさしかかる前に給電レールの位置を変える。そこで停電状態になるのだ。

しかし、日立電鉄は架線集電だ。ということは、中古の地下鉄車両を購入して、わざわざパンタグラフを設置したのだ。線路の幅が違うので、台車も交換したはずである。ずいぶん苦労して手に入れた車両だと思う。そのまま走らせられる中古車両もあったと思うが、こちらの費用のほうが安かったとすると、たぶん車体はタダ同然だったのではないか。コスト削減のための涙ぐましい努力が窺える。

歴史をひも解くと、日立電鉄は儲かった時期がまったく無いという、気の毒な鉄道である。前身の常北電気鉄道は、停滞した常陸太田の勢いを取り戻すためという悲壮な決意で太田−大甕間を開通させた。そこまでの道のりも順調ではなく、資金不足が理由で何回も工事を中断したという。大甕から北へは太平洋戦争がきっかけの延伸で、日立の工場で働く人を輸送する目的だった。これは戦時特需で採算度外視の計画だったが、資材不足となり終戦を迎えた。それでもなんとか鮎川まで到達したけれど、そこから先、日立駅には届かなかった。


汚れた窓越しに対向列車を見る。

常に資金不足に悩まされた日立電鉄は、日本で初めて鉄道のワンマン運転を実施したり、駅の駐車場を開放してパーク&ライドを導入したりと、先取の精神が旺盛だ。そんな努力を続けても廃止を検討せざるを得ないとは、もう限界ということだろうか。大企業日立の手によって、新しい地域交通として策を出しても良さそうだ。個人住宅のリフォームブームに便乗して、路線全体を低コストで快適な乗り物にリニューアルし、ショーケースとしてアピールすれば、世界じゅうの地方自治体から注文が来ると思うのだが。

数人の老人達は鮎川ひとつ手前の桜川で降りて、私一人だけ残った。車窓から大きな病院が見える。ここまでの間、見晴らしのいい高台や、遠くに海が見える区間もあったけれど、窓が汚いのでよくみえない。景色を見ると疲れるとは悲しい。大企業日立グループの経営とは信じられない。鮎川駅付近も見るべきものはなく、小さな駅構内で電車を眺めて折り返した。ここは常磐線の線路の横にあり、轟音を立てて貨物列車が通過していく。ここに常磐線の駅があれば便利なのに、と恨めしい。

鮎川から大甕に戻り、そのまま終点の常北大田まで乗りとおす。海岸沿いの区間から内陸へ向かい、やや雰囲気がかわる。住宅が途切れることは無いけれど、海沿いのように密集する地域は少ない。途中にはひどくゆっくり通過する鉄橋があった。老朽化で速度が抑えられているのだろう。日立電鉄の鉄橋はどれも施工から70年以上経過し、架け替え費用もままならず。安全上の問題も廃止したい理由だという。

天気の良い、のどかなローカル線の旅のはずだったが、窓が汚いだけで、なんでも侘しくみえてしまう。風情だとは割りきれぬ感がある。

私の部屋も窓ガラスを磨いたほうがいいかもしれない。


終着駅の常北太田。駅名に旧社名が残る。

-つづく…

第31-33回 の行程図
(GIFファイル)

 


 
TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち 〜西部女傑列伝4
亜米利加よもやま通信 】 【現代語訳『枕草子』 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari