■新・汽車旅日記~平成ニッポン、いい日々旅立ち


杉山淳一
(すぎやま・じゅんいち)


1967年生まれ。東京出身。京浜急行沿線在住。1996年よりフリーライターとしてIT、PCゲーム、Eスポーツ方面で活動する。「新汽車旅日記」をきっかけに鉄道方面にも進出した。2008年より工学院大学にて「テキスト商品学」講師。



第1回:さよならミヤワキ先生。
第2回:17歳の地図、36歳の地図
第3回:駅は間借り人?
-都営地下鉄三田線-

第4回:名探偵の散歩道
-営団南北線・埼玉高速鉄道-

第5回:菜の花色のミニ列車
-埼玉新都市交通ニューシャトル-

第6回:ドーナツの外側
-東武野田線-

第7回:踊る猫伝説
-横浜市営地下鉄-

第8回:相模原銀河鉄道
-相模鉄道いずみの線・本線-

第9回:複々線から単線へ
-特急『りょうもう1号』・東武鉄道桐生線-

第10回:追悼と再生と
-わたらせ渓谷鉄道-

第11回:赤城山遠望
-上毛電鉄-

第12回:エキゾチック群馬
-東武伊勢崎線・小泉線-

第13回:エキゾチック群馬
-東武小泉線・佐野線-

第14回:気配り列車が行く
-東武亀戸線・営団地下鉄千代田線支線-

第15回:寅次郎の故郷
-京成金町線-

第16回:気になる駅の正体
-北総開発鉄道・住宅都市整備公団鉄道-

第17回:多磨エナジーライン
-西武多摩川線-

第18回:武蔵野散歩鉄道
-西武拝島線・有楽町線ほか-

第19回:不忍池に蓮が咲く
-営団千代田線・日比谷線-

第20回:営団地下鉄完乗
-営団東西線・東葉高速鉄道・山万-

第21回:ドア開閉はお客の役目
-JR相模線-

第23回:大人の遠足
-京王動物園線・高尾線-

第24回:天下の険へ
-小田急ロマンスカー・箱根登山鉄道-

第25回:富士山麓眺望ルート
-箱根周遊・富士急行-

第26回:からっ風に吹かれて
-JR八高線・上信電鉄-

第27回:高原へいらっしゃい
-小海線-

第28回:東海道深夜行軍
-ムーンライトながら-

第29回:坂道の女の子
-中央本線(名古屋-坂下)-

第30回:駅から徒歩2分の景勝地
-飯田線(飯田-豊橋)-

第31回:基幹産業のお膝元
-茨城交通-
第32回:地下鉄電車の転職先
-日立電鉄-




■連載完了コラム
感性工学的テキスト商品学
~書き言葉のマーケティング
 
[全24回] 
デジタル時事放談
~コンピュータ社会の理想と現実
 
[全15回]

■更新予定日:毎週木曜日

 
第33回:秋の空を探して -水郡線-

更新日2003/11/27


日立電鉄の常北太田とJR水郡線の常陸太田駅は近い。改札口同士を直線で結ぶと100メートルほどだ。両駅の間には国道349号線が横たわっている。両駅の間に立ち両方の駅舎を眺めると、やはり官営鉄道として君臨した水郡線のほうが立派で、日立電鉄は地味だ。玄関と勝手口が向かい合っているようだ。ここまでくると日立電鉄を贔屓したくなる。このまま日立電鉄で戻ってもいいくらいだ。


常北太田駅前から常陸太田駅を眺める。

そう思うには理由があって、実は水郡線の水戸から常陸太田までの区間は乗車済みで、途中の上菅谷から分岐して郡山までが未乗区間になっているからだ。ただし、水戸に戻ると乗り継ぎがよくない。今回の旅程でもっとも苦心した部分が常陸太田での乗り継ぎで、これ以外の時間帯だと、どこかで1時間以上も待つ必要があるのだ。

だから水郡線に乗りたい。しかし、駅は見えているけれど、国道の交通量が多く、渡るには横断歩道で待つか、歩道橋を使わなくてはいけない。さて、どちらにしようか。横断歩道の待ち時間が長そうで、気が進まないが歩道橋の階段を上ろうとしたとき、常陸太田駅から発車の案内放送が聞こえた。しまった、と思っても後の祭り。乗ろうとしていた列車が、歩道橋の横を通り過ぎていく。徹夜明けのせいで行動力が低下しているようだ。乗り継ぎ時間は4分。ギリギリとはいえ、よそ見をしなければ間に合うはずだった。


行っちゃった……。

次の列車までは約1時間待ち。それに乗っても上菅谷駅の乗換えでまた1時間待ちになり、2時間も遅れてしまう。1時間くらいは散歩で時間を潰せるし、むしろそれは楽しいことと思うけれど、そうすると水郡線で郡山に着く前に日が暮れてしまう。初乗り路線で景色が見えないと寂しいから、ここは別の手段で上菅谷へ向かうしかない。駅前で停車中のタクシーに聞くと、15分から20分ほどで行けると言う。それなら上菅谷で乗り換える予定の列車に間に合う。タクシーの出費は痛いが仕方がない。

気さくな運転手さんが土地の話をしてくれた。このあたりの主要産業は林業で、全国に苗木を出荷しているそうだ。苗木は一度出荷すると倉庫に積んでおくわけにはいかないので、拠点に集積するたびに植え替えるという。気など放っておいても育つものだと思っていたが、商品にするとなると手間がかかるようだ。

「ちょうどこの当たりに杉を取引する場所があって、杉分(すぎわけ)という地名もありました」

乗用車の視点は道路に近いけれど、沿道には柵がないので見晴らしはいい。もったいないと思っていたタクシー代も、この景色と知識の代金としては悪くないな、と思い直した。もっとも、フリー切符のおかげで、鉄道の運賃はだいぶ得をしている。先の2日間で元を取ったはずだから、今日のJRの運賃などダダ同然だ。

上菅谷は小さな駅だが職員がいる。駅員がいる駅なのに駅前は寂しい。早めの昼飯にしようと思ったけれど、2件ほどの飲食店は準備中だった。そういえばタクシーの車窓からコンビニが見えたと思い出し、車で通った道を戻って握り飯を買う。私の旅は、食に関しては地方色がない。これは反省しなければいけない。

水郡線は水戸と郡山近くの安積永盛(あさかながもり)を結ぶ142.2kmの路線で、水戸と郡山から字を取って水郡線と名づけられた。水郡線には、旧水戸鉄道だった上菅谷から常陸太田までの支線がある。私がなぜ支線にだけ乗っているかというと、国鉄時代に赤字ローカル線廃止論議が高まっており、この支線が廃止されるかもしれないと危惧したからだ。実際には路線名単位で廃止が検討されたため、支線部分も残った。この区間だけが別の路線名なら廃止されたかもしれない。あの頃、路線名が違うだけで廃止された不運な路線がいくつもあった。もっとも、存続された路線も結局廃止されているか、廃止が噂されているようだ。

上菅谷から郡山行きの列車は小海線や八高線と同じ新型のディーゼルカーである。JR東日本の車両の近代化が順調に進んでいるようだ。列車の本数についても見直しを進めているらしく、駅に停まるたびに若い職員が車内の人数を数えている。この列車は本来、途中の常陸大子止まりだが、今年の10月と11月は不定期に郡山まで延長している。時刻表を見て、この時期に何があるのかと思っていたが、増発需要を調査するためらしい。


久慈川と離合を繰り返す。

列車は久慈川に沿って山地へ入っていく。久慈川は茨城県の最高峰で福島県境でもある八溝山が源流で、ひとまず福島県側に流れていき、水郡線の磐城棚倉駅付近でUターンして茨城に戻り、日立市久慈町で太平洋に注ぐ。河口は日立電鉄の久慈浜駅のそばだから、今日はちょうど久慈川を遡るルートを辿っている。久慈川は鮎や鮭が溯上する清流だという。車窓からも見え隠れするが、山と緑に大切に抱かれているようだ。車窓右手は阿武隈高地である。

どこかで紅葉に出会えるかと思ったけれど、山肌は緑色。しかも、夏ような勢いのある緑ではなく、やや褪せかけた緑だ。半端な時期を選んでしまったけれど、そのかわり空の青みが引き立っている。上空の気流が速いらしく、さまざまな形をした雲が現われては稜線に消えていく。これもまさしく旅の景色。カレンダーの景色ばかりではつまらない、と、誰にともなく意地を張っている。

郡山で東北本線に乗り換えて、各駅停車で帰途につく。新幹線開業以降、"本線"といえども地元密着型のローカル線になり、上野に直通する普通列車はない。車両はこの地方のみに投入された形式で、中核都市の通勤輸送に考慮して、座席が長椅子になっている。インターネットの掲示板では、旅の気分が出ないと不評のようだが、その長椅子の中央に座り、向かい側の窓を一連で眺めれば、大きなスクリーンのようである。郡山からの上り列車、進行方向左側の車窓は高台が続き、阿武隈川を見下ろす景色は雄大だ。その景色をパノラマ写真のように楽しめるなら、長椅子だって悪くないと思う。


長椅子ならではのパノラマ車窓。

第31-33回 の行程図
(GIFファイル)


2003年10月15日の新規乗車線区
JR:127.4Km 私鉄:32.4km

累計乗車線区
JR:15,555.5Km 私鉄:2,316.8km

 


 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【フロンティア時代のアンチヒーローたち~西部女傑列伝5
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2017 Norari