■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から


Grace Joy
(グレース・ジョイ)




中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。



第1回:男日照り、女日照り
第2回:アメリカデブ事情
第3回:日系人の新年会
第4回:若い女性と成熟した女性
第5回:人気の日本アニメ
第6回:ビル・ゲイツと私の健康保険
第7回:再びアメリカデブ談議
第8回:あまりにアメリカ的な!
第9回:リメイクとコピー
第10回:現代学生気質(カタギ)
第11回:刺 青
第12回:春とホームレス その1
第13回:春とホームレス その2
第14回:不自由の国アメリカ
第15回:討論の授業
第16回:身分証明書
第17回:枯れない人種
第18回:アメリカの税金
第19回:初めての日本
第20回:初めての日本 その2
第21回:日本道中膝栗毛 その1
第22回:日本道中膝栗毛 その2
第23回:日本後遺症
第24回:たけくらべ
第25回:長生きと平均寿命
第26回:新学期とお酒
第27回:禁酒法とキャリー・ネイション
第28回:太さと貧しさ
第29回:外国生まれ
第30回:英語の将来 その1
第31回:英語の将来 その2
第32回:英語の将来 その3
第33回:英語の将来 その4
~誰がブロークンイングリッシュを話すのか

第34回:英語の将来 その
第35回:ベビーブーム
第36回:スポーツ音痴の相撲好き
第37回:お相撲と外国人力士
第38回:お相撲スキャンダル
第39回:いまさらミシュラン…
第40回:黒い金曜日、サイバーな月曜日
第41回:体罰と児童虐待
第42回:師走の寒い空の下
第43回:テロを促進するアメリカという国
第44回:犬にかじられてもニュースになる話
第45回:犬にかじられてもニュースになる話~続編~
第46回:古い人間のやり方


■更新予定日:毎週木曜日

第47回:日本的贈り物の習慣

更新日2008/02/14


冬休みに日本の古典を読みました。『枕草子』『徒然草』『方丈記』『源氏物語』、そして夏目漱石の作品です。私の日本語の能力ではとてもそんな古典を読みこなすことはできませんので、すべて優れた(かどうか、原文と比較できないので分かりませんが、ともかく皆が優れていると言っている)翻訳で読みました。

半ば世捨て人で仙人のような吉田兼好が、愚痴といってよいほど世俗のことごとを批判しているのは滑稽なくらいでした。その中で、いい友達とは「第一にものくるる者、第二には医師、第三に知恵ある者」と書いているのを読んでびっくりしました。なんと即物的な、自分にとって都合のよい見聞なのでしょうと、あきれたのです。今でも友達にお医者さんと弁護士(知恵ある者?)がいれば好都合ですが、第一番目の友達にモノをくれる人というのはどんなものでしょうか。

実際、日本に住んでみてよく分かりましたが、日本人は実にお土産、贈り物が好きです。お年玉に始まり、成人式、入学祝い、卒業祝い、暑中見舞い、お歳暮、お葬式や出産祝い、そして輸入モノの誕生日のお祝い、クリスマス、バレンタインデー、結婚記念日と際限がありません。その上どこかのお宅を訪ねる時には、手ぶらで行くのは失礼なのか、タダかっこうが悪いだけなのか、何かしら気の利いたお菓子折りの一つも持っていかなくてはなりません。

打ち明けて言えば、私はそんな風にモノを貰うのが好きです。私は吉田兼好法師のように、隠棲しているわけでなく、世俗にどっぷりと浸かって生きているので、友人たる第一の条件はモノをくれる人と規定したりしませんが。ただ、小さな贈り物を開けてみるとき、なんとなく心がうきうきする自分をみつけ、そんな喜びが自分の中にまだあることを認めないわけにはいきません。

日ごろお世話になっている人へ、ささやかなお礼をするのは美しい習慣だと思います。でも贈り物の面倒なところはいつも貰いっぱなしにできず(政治家は貰いっぱなしに慣れているようですが)、お返しをしなければならないことです。それも、送る相手との関係、会社の上役、親戚、仕事の上で取引のある人、友達、会社の同僚など、微妙に違う立場を見極めなければならないので、とても難しいです。

もちろんアメリカでも、違った意味ですが、贈り物の習慣があります。日本の影響を受けてのことでしょうか、それもだんだん派手になっています。それにしても、まだ今のところは個人的なレベルの誕生日とかクリスマス、結婚記念日などに限られていて、会社や仕事の関係者に毎年2回暑中見舞いとお歳暮のようにプレゼントを盛大にばら撒くようなことはしていません。

日本の航空会社が始め、すべての航空会社があっという間にマネをしたオシボリサービスのように、日本的贈り物の習慣が西欧全体に広がる可能性はあります。 と言うのは、日本の商社、貿易会社、銀行の方々が仕事で西欧の国々に行き、会社を訪れる時、必ず手土産を渡すからです。そんな習慣のない西欧の会社の人々に、お土産が意外に好評で、日本人が帰った後、社内でワイワイ騒ぎながら包み紙を開き、歓声を上げているのを何度も目撃しました。

もっとも、アメリカ人にはタダでもらえるものなら何でも喜ぶ傾向がありますし、そんなお土産が商売上の取引に有利に働くかどうかわかりませんが。

日本の友人からお正月になると毎年のようにお餅やお雑煮の材料、お菓子が郵送されてきます。まるで玉手箱のように次々と箱の中から出てくる日本的なおいしいものに、自然と生唾が湧いてくるのを抑えることができません。たとえ、その友人が何も贈ってくれなかったにしろ、最高の友達であることは変わらないのですが、私の好物を見透かしたような小包みが届くと、やはり嬉しさ百倍なのです。どうも私は日本の食べ物に釣られやすい性分で、とても吉田兼好を非難できる立場ではなさそうです。 

明日は送って頂いた材料をふんだんに使ってお雑煮を作り、旧正月を祝うことにします。

 

 

第48回:臭いと香りの間

 


 

 

 

 

 

 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2018 Norari