のらり 大好評連載中   
 
■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から

第634回:ハンターが殺到する狩猟解禁日

更新日2019/11/14


ここに住むまで、狩猟がこれほど盛んで、ハンターたちがモノ狂いしているように解禁日を待ち望み、その日を待って、ソレッとばかり一斉に繰り出すことを知りませんでした。そして、狩猟がこれほど大きなビジネスだとは想像もしていませんでした。

解禁になる数ヵ月前から、新聞やインターネット、通販に大きなスペースを割いてライフル、ピストル、散弾銃、ハンティング用のボウガン(石弓)、コンパウンドボウ(弓の上と下に輪のついた強力なもの)、そして弾丸の宣伝が出るようになります。

街中でも、銃砲店、スポーツ用品店だけなく、スーパー、石黒ホーマーのような工具店、金物屋、農機具販売店まで、鉄砲、弾丸、皮を剥ぐためのナイフ、アウトフィット(カモフラージュ服、まるで戦争にでかけるような服装、ブーツ、帽子、バックパックなど)、カモフラージュの服装と相反するように、他のハンターに間違って撃たれないように、彩度の高いオレンジ色のベストと帽子などを売る狩猟コーナーを大きく設け、大売出し風にショーバイに励むのです。

ハンターさんたち、鹿やエルクにはカモフラージュ・アウトフィットで近づき、森に上手く溶け込みたいけど、他のハンターに撃たれては適わないので極彩色の帽子、ベストを着込むという、なんとも滑稽なイデタチで森や山に分け入って行きます。

そこで狩猟のライセンスを買うこともできます。地元の人は簡単にタグ(札)と呼んでいる狩猟ライセンスは、使う道具、ライフル、散弾銃、弓、先込め式古式銃などによって許可証の料金が異なります。また、対象にする獲物によっても大きく違います。

エルク(アメリカアカシカ)はオスだけ獲ることが許され、誰もが獲りたがるので、抽選になります。ハンターは割り当てが一頭でも取れるようにと、家族全員の名前で申し込んだりします。あいつのところは二頭も当たったのに、うちの家族はゼロだと、解禁前の大きな話題になります。

同時に鹿の割り当て抽選も行われます。鹿の方は増え過ぎの傾向があり、年によっては、申し込みさえすれば全員に割り当てが来ることもあります。いずれにしても、殺されるのはオスだけです。メスの方はウーマンリブの影響ではないでしょうけど、撃つのはご法度です。

そして、熊ですが、狩猟禁止期間がなく、いつでも撃て、殺せ、とばかりに、一応タグを取らなければならないにしろ、熊追放、絶滅を目指しているようにさえ見えます。しかし、敵もサルもので、時折、住宅地に迷い込んでくる間抜けな熊さんは例外として、意外と用心深く、臆病ですから、それに肉も硬く臭いので、ここに住んでから十余年、熊が撃たれ逆さ釣りに(血抜きのため)されているのを見たのは一度だけです。山歩きで、何度もご対面しましたが…。

タグ、ライセンス料金ですが、コロラド州の住民には、エルクで100ドル、鹿は30ドルで、狩猟期限が付いていますから、その期間に獲物が獲れないと、払った許可証の代金は無駄になります。これはまだいい方で、州外からのハンターは、エルクで300ドル、鹿が80ドルとかなりお高くなります。

州の住民、州外の人と厳密に区別するのは、大学の授業料に倍以上の差があるのと同じ発想で、この土地に住民登録をし、州や自治体に税金を払っている人とヨソ者を差別、区別していているのです。各州は外交、軍事だけアメリカ合衆国に預けた、緩やかな独立国のような形態で、アメリカ合“州”国と呼ぶ方が当たっているでしょう。

そんな高い狩猟タグ料金を払ってでも、コロラドまで鉄砲を撃ちに来る人はたくさんいます。このグレードパークの郡道を行き交う4輪駆動のバギー(ATV)をトレーラーに積んだ大型ピックアップトラックや、超大型のキャンピングカーのナンバープレートはテキサス、カリフォルニアが多く、中にはニューヨークのものまで見かけます。

ハンターたちが払ってくれる大枚は州の自然保護に回されることになっています。


運良く、大物を仕留めたら、この台地にさえ剥製屋があり(谷間の町、グランド・ジャンクションには電話帳を見ると7軒ありました)、そこで首から上だけ、または全身を剥製にしてくれますし、肉はここのブッチャー(屠殺屋)に持っていくと、骨をはずし、肉を部分ごとに分け、雑肉は挽いて、500gくらいの使いやすい冷凍パッケージに作ってくれます。隣人のバッドはもう何年も肉を買ったことがなく、親族郎党は獲物の肉を食べている…と言っています。なにせ、大物のエルクは体重が800kgにもなりますし、他に鹿、七面鳥で、家族全員が1年間に食べる肉に不自由しないのです。

この高原台地には不似合いなほど大きく豪華なロッジが何軒かあります。私たちの家にTV、FMの電波が届かず、携帯が通じないのに、偶然?電気と電話線があるのは、さらに3キロほど奥に豪華ロッジを建てた大金持ちが、大枚払って私たちの土地に電信柱を(3本も)立て、彼らのロッジまで電気線を引いたからです。何でも一旦立てた電信柱から、私たちの小屋まで電気を引くのは合法的で、電気会社に安い工事費を払っただけで済んだのでした。

そんな大金持ちの豪華ロッジは、狩猟のためのものです。アフリカのサファリに狩猟キチガイが莫大なお金を使いますが、ここでもハンティングロッジはとても大きな企業と呼んで良いほどのスケールで、大抵のロッジは契約したハンティングガイドを置き、強力な4輪駆動の車、馬を何頭か持ち、何千エーカーという広大な猟場を持っています。このような豪華ロッジから、本当の山小屋風の電気、水道のない狩猟キャンプまで、その中間にハンターズロッジがたくさんあり、この界隈に落とすお金は膨大な額になるといわれています。

地元の牧童たちには、年に一度の現金収入、ボーナスが入るので、それに彼らも元々ハンターですから、趣味と実益を兼ねたハンティングガイドになり、家に残された奥さんたちはハンティング未亡人として2、3週間を過ごすことになります。この狩猟期間に、家を建てるな、工事をするな、と合言葉、常識になっています。大工さん、水道屋さん、電気工事屋さん、運送屋さん、皆こぞって猟に出かけてしまうからです。

ところかまわず歩き回る傾向のあるダンナさんを持つ私としては、毎年の狩猟シーズンは、いつダンナさんが流れ弾に当たって、私が本当の未亡人になるのではと、心配な季節なのです。 

また、毎日、窓の近くまで来て私たちを楽しませてくれる4、5頭の鹿、七面鳥の群れ、どうかサンクスギビングの食卓に上りませんように、狩猟シーズンを生き延びるようにと祈らずにはいられません。

-…つづく

 

 

※著者追記:先週のコラム『キチガイに刃物、お巡りにピストル』で白人婦警、アンバー・ガイガーに10年の刑が下されました。その際、殺された黒人ボサムさんの弟ブランディット・ジェーンさんが、アンバーを弁護し、「罪を悔いているアンバーを憎むことはできない。人間としての彼女に愛情をいだいてさえいる」と“罪を憎んで、人を憎まず”を地でいく発言をし、法廷でアンバーと抱き合い、話題になりました。

 

 

第635回:妊娠は穢れたもの、恥ずかしいこと?

このコラムの感想を書く

 


Grace Joy
(グレース・ジョイ)
著者にメールを送る

中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。

■連載完了コラム■
■グレートプレーンズのそよ風■
~アメリカ中西部今昔物語
[全28回]


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第100回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで

第501回~第550回まで
第551回~第600回まで

第601回:車がなければ生きられない!
第602回:メキシコからの越境通学
第603回:難民の黒人が市長になったお話
第604回:警察に車を止められる確率の件
第605回:日本と世界の浮気事情を比べてみる
第606回:寄付金と裏口入学の現実
第607回:狩猟シーズンと全米高校射撃大会
第608回:アルビーノの引退生活
第609回:人間が作った地震の怪
第610回:チーフ・エグゼクティブ・オフィサーとは何か?
第611回:ホワイトハウス・ボーイズの悲劇
第612回:Hate Crime“憎悪による犯罪”の時代
第613回:ルーサー叔父さんとアトランタでのこと
第614回:“恥の文化” は死滅した?
第615回:経済大国と小国主義、どっちが幸せ?
第616回:“Liar, Liar. Pants on Fire!”
(嘘つき、嘘つき、お前のお尻に火がついた!)

第617回:オーバーツーリズムの時代
第618回:天井知らずのプロスポーツ契約金
第619回:私は神だ、キリストの再来だ!
第620回:両親の老後と老人ホーム
第621回:現在も続く人身売買と性奴隷
第622回:高原大地のフライデー・ナイト・フィーバー
第623回:山は呼んでる? ~100マイル耐久山岳レース
第624回:ウッドストック・コンサート
第625回:セクハラ、強姦、少女売春、人身売買
第626回:学期始めのパーティー
第627回:西洋の庭、日本の庭
第628回:引退前の密かな楽しみ
第629回:ご贈答文化の不思議
第630回:グレード・パークのコミュニティー活動
第631回:“煙が目に沁みる”
第632回:堕胎禁止法とハリウッド映画界
第633回:キチガイに刃物、オマワリに拳銃

■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【鏡花水月~私の心をつくっていることなど 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ] [ギュスターヴ・ドレとの対話]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2020 Norari