のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと

第345回:流行り歌に寄せて No.150「涙くんさよなら」~昭和41年(1966年)

更新日2018/02/15



ハマクラ先生の曲が続きます。
私が物心がついてから、はじめて心に沁みた曲だったと思う。

父親が愛知県の名古屋市に転勤が決まり、昭和41年の秋、一足先に単身赴任を始めた。後に残った母と妹と私も、父を追って翌年の年明け早々長野県の岡谷市から、彼の地へ引っ越すことになったのである。小学1年生の3学期に転校して来て以来、4年間過ごした大好きな小学校の仲間たちだった。

保育園時代と小学校1年生の2学期間、楽しかった幼少期を過ごしていたところを、可愛がってくださった近所の方々と別れ、上諏訪から岡谷に転校して来たときも、本当に辛かった。それなのに、せっかく良い友達ばかりできたのに、また転校だという。今度は一度も行ったことのない名古屋という、東京、大阪に次いで日本で3番目に大きな都会に移らなければならないのだ。父親の仕事を恨むことはなかったが、どうしてまたこんな思いをしなくてはならないのかが理解できなかった。

みんな寄せ書きをしてくれたり、小さなプレゼントをくれたり、精一杯私を見送ってくれた。ただただ寂しかった。もう人と仲良くするのは止めようと、心に誓った。

転校してしばらくして、35人のクラス全員から最初は手紙、そして少し間隔を置いて、習いたてのローマ字で書かれたハガキがそれぞれ届いた。私は2回とも、一人ひとりに返事を書いた。夢中になって書いた。


「涙くんさよなら」 浜口庫之助:作詞・作曲 
           
1.
涙くんさよなら さよなら涙くん

また逢う日まで

君は僕の友達だ

この世は悲しいことだらけ

君なしではとても

生きていけそうもない

だけど僕は恋をした

すばらしい恋なんだ

だからしばらくは君と

遭わずに暮らせるだろう


涙くんさよなら さよなら涙くん

また逢う日まで


2.
涙くんさよなら さよなら涙くん

また逢う日まで

君は僕の友達だ

この世は悲しいことだらけ

君なしではとても

生きていけそうもない

だけど僕のあの娘はね

とってもやさしい人なんだ

だからしばらくは君と

遭わずに暮らせるだろう


涙くんさよなら さよなら涙くん

また逢う日まで


転校が決まったあたりから、この曲がずっと流れていた。坂本九盤はあまり記憶にないが、ジョニー・ティロットソン盤と、和田弘とマヒナスターズ盤はよく聴いていた気がする。
(上の歌詞欄に歌手と編曲者が記していないのは、私がこの曲を当時誰の歌だと限定できなかったからで、実際はそれぞれの盤は前年の昭和40年に出されたものであるらしい)

最初は外国で作られた曲を日本語で歌っているのかと勘違いしたのだが、ジョニー・ティロットソンのたどたどしい日本語が、不思議に僕の心に一番響いていた。歌詞の真意とは異なり「涙くんさよなら さよなら涙くん」と、必死に涙から離れたい思いで、この曲を聴いていたように思う。

これから友だちと離れなければならないという、いわゆる喪失予感と呼ぶようなものが私を毎日苛んだ。実際に涙を流すことはなかったが、心の中では、情けないほどしくしく泣いていた。私は、自分の息子が成人するまでは、彼が生まれ育ったところから転勤などで離したくなかったのは、あの時の思いをどうしてもさせたくなかったからである。

個人的なことを書き過ぎたようだ。この曲の素晴らしさは、すべてがシンプルであることにあると思う。歌詞も1番と2番とでは、「だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ」と「だけど僕のあの娘はね とってもやさしい人なんだ」の箇所のみが違っていて、あとは繰り返しである。

ハマクラ先生の魅力は、そのシンプルな歌詞とメロディが、こちらにしっかりと伝わってきて、じんわりと心に沁み渡ってくるところにある。どの曲を聴いても、そうだと思う。これからどれだけハマクラ先生の曲をご紹介できるか、このコラムを書き続けていく上で、心の支えになっていることである。

-…つづく

 

 

バックナンバー


このコラムの感想を書く

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー



第301回:流行り歌に寄せて No.106
「新妻に捧げる歌」~昭和39年(1964年)

第304回:流行り歌に寄せて No.109
「お座敷小唄」~昭和39年(1964年)

第305回:流行り歌に寄せて No.110
「愛と死をみつめて」~昭和39年(1964年)

第306回:流行り歌に寄せて No.111
「夜明けのうた」~昭和39年(1964年)

第307回:流行り歌に寄せて No.112
番外篇「東京オリンピック開会式」~昭和39年(1964年)

第308回:流行り歌に寄せて No.113
「花と竜」~昭和39年(1964年)

第309回:流行り歌に寄せて No.114
「涙を抱いた渡り鳥」~昭和39年(1964年)

第310回:流行り歌に寄せて No.115
「柔」~昭和39年(1964年)

第311回:流行り歌に寄せて No.116
「まつのき小唄」~昭和39年(1964年)

第312回:流行り歌に寄せて No.117
「女心の唄」 ~昭和39年(1964年)

第313回:流行り歌に寄せて No.118
「若い涙」 ~昭和39年(1964年)

第314回:流行り歌に寄せて No.119
「網走番外地」~昭和40年(1965年)

第315回:流行り歌に寄せて No.120
「夏の日の想い出」~昭和40年(1965年)

第316回:流行り歌に寄せて No.121
「さよならはダンスの後に」~昭和40年(1965年)

第317回:流行り歌に寄せて No.122
「愛して愛して愛しちゃったのよ」~昭和40年(1965年)

第318回:流行り歌に寄せて No.123
「新聞少年」~昭和40年(1965年)

第319回:流行り歌に寄せて No.124
「二人の世界」~ 昭和40年(1965年)

第320回:流行り歌に寄せて No.125
「東京流れ者」~昭和40年(1965年)

第321回:流行り歌に寄せて No.126
「下町育ち」~昭和40年(1965年)

第322回:流行り歌に寄せて No.127
「高原のお嬢さん」~昭和40年(1965年)

第323回:流行り歌に寄せて No.128
「赤坂の夜は更けて」「女の意地」~昭和40年(1965年)

第324回:流行り歌に寄せて No.129
「知りたくないの」~昭和40年(1965年)

第325回:流行り歌に寄せて No.130
「唐獅子牡丹」~昭和40年(1965年)

第326回:流行り歌に寄せて No.131
「涙の連絡船」~昭和40年(1965年)

第327回:流行り歌に寄せて No.132
「君といつまでも」~昭和40年(1965年)

第328回:流行り歌に寄せて No.133
「函館の女」~昭和40年(1965年)

第329回:流行り歌に寄せて No.134
「逢いたくて逢いたくて」~昭和41年(1966年)
第330回:流行り歌に寄せて No.135
「雨の中の二人」~昭和41年(1966年)

第331回:流行り歌に寄せて No.136
「骨まで愛して」~昭和41年(1966年)

第332回:流行り歌に寄せて No.137
「星影のワルツ」~昭和41年(1966年)

第333回:流行り歌に寄せて No.138
「ほんきかしら」~昭和41年(1966年)

第334回:流行り歌に寄せて No.139
「バラが咲いた」~昭和41年(1966年)

第335回:流行り歌に寄せて No.140
「若者たち」~昭和41年(1966年)

第336回:流行り歌に寄せて No.141
「銭形平次」~昭和41年(1966年)

第337回:流行り歌に寄せて No.142
「悲しい酒」~昭和41年(1966年)

第338回:流行り歌に寄せて No.143
「空に星があるように」~昭和41年(1966年)

第339回:流行り歌に寄せて No.144
「星のフラメンコ」~昭和41年(1966年)

第340回:流行り歌に寄せてNo.145
「こまっちゃうナ」~昭和41年(1966年)
第341回:流行り歌に寄せて No.146
「女のためいき」~昭和41年(1966年)

第342回:流行り歌に寄せて No.147
「夢は夜ひらく」~昭和41年(1966年)

第343回:流行り歌に寄せて No.148
「勇気あるもの」~昭和41年(1966年)

第344回:流行り歌に寄せて No.149
「夕陽が泣いている」~昭和41年(1966年)


■更新予定日:隔週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari