■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から


Grace Joy
(グレース・ジョイ)



中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。



第1回:男日照り、女日照り
第2回:アメリカデブ事情
第3回:日系人の新年会
第4回:若い女性と成熟した女性
第5回:人気の日本アニメ
第6回:ビル・ゲイツと私の健康保険
第7回:再びアメリカデブ談議
第8回:あまりにアメリカ的な!
第9回:リメイクとコピー
第10回:現代学生気質(カタギ)
第11回:刺 青
第12回:春とホームレス その1
第13回:春とホームレス その2
第14回:不自由の国アメリカ
第15回:討論の授業
第16回:身分証明書
第17回:枯れない人種
第18回:アメリカの税金
第19回:初めての日本
第20回:初めての日本 その2
第21回:日本道中膝栗毛 その1
第22回:日本道中膝栗毛 その2
第23回:日本後遺症
第24回:たけくらべ
第25回:長生きと平均寿命
第26回:新学期とお酒
第27回:禁酒法とキャリー・ネイション
第28回:太さと貧しさ
第29回:外国生まれ
第30回:英語の将来 その1
第31回:英語の将来 その2
第32回:英語の将来 その3
第33回:英語の将来 その4
~誰がブロークンイングリッシュを話すのか

第34回:英語の将来 その
第35回:ベビーブーム
第36回:スポーツ音痴の相撲好き
第37回:お相撲と外国人力士
第38回:お相撲スキャンダル
第39回:いまさらミシュラン…
第40回:黒い金曜日、サイバーな月曜日
第41回:体罰と児童虐待
第42回:師走の寒い空の下
第43回:テロを促進するアメリカという国
第44回:犬にかじられてもニュースになる話
第45回:犬にかじられてもニュースになる話~続編~
第46回:古い人間のやり方
第47回:日本的贈り物の習慣
第48回:臭いと香りの間


■更新予定日:毎週木曜日

第49回:三浦和義再逮捕と沖縄哀歌

更新日2008/02/28


いきなりロス疑惑…などと言っても、もう27年前、1981年の事件なので若い人はご存知ないでしょうね。同姓同名のサッカー選手にはお気の毒なことです。第一、ナーンダそんな昔話、私が、僕が生まれる前の事件なんか知るわけないでしょうと片付けらてしまいそうです。自分の奥さんを保険金目当てで殺した、第三者に依頼して共同で殺害を謀った、いや全く偶発的な事件で、彼は殺人に全く関与していないと当時は随分騒いだものです。

日本の裁判で、殺人に関しては証拠不十分で無罪の判決が下りましたが、米領サイパンに三浦さんが来たところを10人からの警察官を動員してアメリカが再逮捕しました。

アメリカでは、全般的に警察はどこも財政難で、確実に起訴できる見込みのない再逮捕はめったにしません。ましてや、ロスアンジェルスから係官が来て、三浦さんをロスまで護送し、裁判に持ち込むには沢山のお金がかかりますので、DNAのような新たな証拠があるなど、それなりの勝算がなければ、外国人が(日本人が)自分の妻を殺したような、アメリカでゴクありふれた事件を掘り起こしたりしないはずです。アメリカには、未解決の殺人事件は万単位であるのですから。

アメリカの基本的な考えは、アメリカ国内で起こった事件だから、たとえ外国人同士の事件でもそれを裁く全権はアメリカにあるという至って単純明快なものです。

沖縄、北谷町でのアメリカ兵の少女暴行事件のニュースを追っていて、と言っても、インターネットで日本の新聞、3大紙や沖縄の新聞を拾い読みしているだけなので、はっきり分からないことが沢山あります。

容疑者であるタイロン・ルーサー・ハドナットは、現在、どこでどのような形で逮捕拘束されているのか、それとも保釈が許され、基地の中でノウノウと生活をしているのか? それとも日本の拘置所に拘留されているのでしょうか? 裁判は日本の法律の下で行うのか、基地内の軍事裁判という名目でウヤムヤになるのか? 具体的な司法処置をどこがどのようにするのか、どなたか教えてくれませんか?

ケビン・メア総領事や在日アメリカ軍のトップであるリチャード・ジェルマー調整官が謝罪し、福田首相が、「困ったことをしてくれた」と言ったところで、あまり意味がないと思うのです。ましてや一日だけ基地の住人に外出禁止令を出したのは謝罪のポーズを取り繕っているだけにしか見えません。大切なのは具体的な権利です。日本の領域で起きた事件なら日本の法律で処罰すべきことで、それが基本です。

由美子ちゃん事件(3人の海兵隊が小学生だった由美子ちゃんを強姦し、殺し、海に捨てた)は、大きな社会運動の基点になりました。その3人の海兵隊員はどのような実刑をどこの国の裁判で受け、どのような刑を下され、今どこでどのようにしているのでしょうか? これも誰か教えてください。案外彼らはアメリカに帰り、家庭を持ち、軍人年金で暮らしているかもしれません。

1972年に沖縄が返還になってから、米兵が121件もの性犯罪を起こしているのをご存知でしょうか? これは表に出た数字で、日本的恥の文化の下で訴えて出なかった事件は、他に100件はあるとアムネスティは推定しています。

私はここで基地撤去(もちろん、それがベストですが)のような大きな問題を論じているのではなく、国の主権、権利をはっきり履行すべきだと、ごく当たり前のことを言いたいだけです。

シンガポールで、アメリカ人の若者がスプレーペイントで落書きをし、鞭打ちの刑になったことがあり、アメリカ中大騒ぎをしました。しかしそれがシンガポールの法律なら、そこで犯罪行為をしたなら、そこの裁きを受けなければならないのは当然のことです。

サウジアラビアでも、飲酒で逮捕されたアメリカのビジネスマンは2ヵ月以上拘束され、やはり公開の鞭打ちの刑に服しました。それがサウジアラビアの法律だからです。

どなたか、沖縄返還後の121件の米兵による性暴力事件の結末、日本の法律で裁かれ、日本で刑に服したかどうか教えてください。もし、軍事裁判だけで終わったのなら、日本の警察はアメリカに容疑者の身柄の引渡しを要求し、それらの性犯罪者の兵隊を再逮捕し、日本で裁判にかけるべきです。

6万8,000名のアメリカ兵がヨーロッパに駐留しています。米兵による性犯罪は沖縄の121件プラスよりもはるかに少ないようですが、起こることは起こっています。イギリスの場合、強姦を犯した米兵は12年の刑をイギリスで受けています。

ヨーロッパ在住の2、3人の友人に電話でたずねたところ、基地の外で犯罪を犯し、犯人が基地に逃げ込み、米軍が犯人引渡しを拒否するなんてことは想像外のことで、そんなことをすれば基地撤去につながる大問題に発展してしまうと言っていました。

もし、日本の軍隊がアメリカ国内に駐留していると仮定し、日本兵がアメリカ国内で性的暴力事件起こした場合、アメリカ人がどのように対処するかを想像してみてください。南部の保守的な州なら自警団のような国粋主義者たちが、物凄い銃火器を手に日本軍の駐留している基地を襲いかねませんし、犯人を引きずり出してリンチにかけかねません。

犯人だけでなく似たような容貌の日本兵は狙撃されるでしょうし、狙撃した犯人は決して捕まらないでしょう。そして、アメリカ人の目から見ると日本人は皆同じように見えるのです。たとえアメリカで裁判が行われたとしても、極刑になるのは確実です。なにせ陪審員はすべてアメリカ人なのですから。

どうにも、今回は米兵に対する憤りがあまりに激しく、日本政府の生ぬるい、優柔不断な態度にイライラ度が高すぎ、おまけに問題が大きすぎることもあり、高校生の新聞投書みたいになってしまいました。ごめんなさい。

 

 

第50回:先生がいない!

 


 

 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2018 Norari