■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から


Grace Joy
(グレース・ジョイ)



中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。



第1回:男日照り、女日照り
第2回:アメリカデブ事情
第3回:日系人の新年会
第4回:若い女性と成熟した女性
第5回:人気の日本アニメ
第6回:ビル・ゲイツと私の健康保険
第7回:再びアメリカデブ談議
第8回:あまりにアメリカ的な!
第9回:リメイクとコピー
第10回:現代学生気質(カタギ)
第11回:刺 青
第12回:春とホームレス その1
第13回:春とホームレス その2
第14回:不自由の国アメリカ
第15回:討論の授業
第16回:身分証明書
第17回:枯れない人種
第18回:アメリカの税金
第19回:初めての日本
第20回:初めての日本 その2
第21回:日本道中膝栗毛 その1
第22回:日本道中膝栗毛 その2
第23回:日本後遺症
第24回:たけくらべ
第25回:長生きと平均寿命
第26回:新学期とお酒
第27回:禁酒法とキャリー・ネイション
第28回:太さと貧しさ
第29回:外国生まれ
第30回:英語の将来 その1
第31回:英語の将来 その2
第32回:英語の将来 その3
第33回:英語の将来 その4
~誰がブロークンイングリッシュを話すのか

第34回:英語の将来 その
第35回:ベビーブーム
第36回:スポーツ音痴の相撲好き
第37回:お相撲と外国人力士
第38回:お相撲スキャンダル
第39回:いまさらミシュラン…
第40回:黒い金曜日、サイバーな月曜日
第41回:体罰と児童虐待
第42回:師走の寒い空の下
第43回:テロを促進するアメリカという国
第44回:犬にかじられてもニュースになる話
第45回:犬にかじられてもニュースになる話~続編~
第46回:古い人間のやり方
第47回:日本的贈り物の習慣
第48回:臭いと香りの間
第49回:三浦和義再逮捕と沖縄哀歌


■更新予定日:毎週木曜日

第50回:先生がいない!

更新日2008/03/06


アメリカの教育システムの悪さと先生の質の低さは、何も今始まったことではありません。

小中学校の学力国際比較では、先進国30ヵ国中、常に最下位を争っています。昨年は少し順位を上げて、科学分野では17番目、数学では下から5番目のランキングでした。そうなのです。アメリカの中学生で掛け算九九のできない生徒、ニ桁の掛け算や割り算ではなく、単なる足し算や引き算ができない生徒が多いのです。

学力の国際比較では いつものようにトップはフィンランド、シンガポール、スェーデン、アイルランド、韓国が占めています。日本のレベルの低下も悲惨なことになってきているようですが。

現在、アメリカの公立学校(小・中・高)を含め320万人の先生が働いています。そのベビーブーマーの先生たちが昨年くらいから、ドンドン定年退職しているので、先生不足が深刻な問題になってきています。恐らく日本でも団塊の世代の先生が退職するので、先生の数は急激に減っていることでしょうけど、子供の数もそれ以上に減っているので、問題はアメリカほど深刻ではなさそうですが。

アメリカでは向こう7年間に280万人の先生が必要になります。これには公立学校だけの話で、私立の学校の先生は含まれていません。

そこで、この絶体絶命の窮地、先生不足を救うのは誰か? 大学の教員養成を盛大に増やせ、先生をジャンジャンつくれという、お上からの御達しで大勢の教員コースの学生が、私の大学にも入ってきたのです。ところが、ホントのところを打ち明けると(週刊誌なら"衝撃の告白"となるところですが)、教員コースの学生たちは揃いも揃って最低の学生ばかりなのです。一体彼ら、彼女らにとって頭というのは髪の毛を載せる土台としてしか役に立っていないのです。

小学校をまともに出たのか疑いたくなるほどなのです。レポートには、表紙にリボンやハート、漫画を付け、可愛らしく飾ったりするのは得意のようですが、その内容たるや、第一、国語である英語すら満足に、間違いなく書くことができないないのです。スポーツで優待入学している体だけはゴリラ並み、頭脳はおサル並みの学生の方が、個人指導を受けて、突如変身して真摯に勉強し始めることがあり、まだいくらかはマシなくらいです。

私たちの大学の英語学部では、そんな教員養成コースの生徒に教えたい教授が誰もいないので、苦肉の策としてすべての教授が必ず一クラスだけ教員養成コースの英語を教えなければならないと決めました。週一時間ずつ皆が犠牲になろうというわけです。それでも授業を終え教員室に帰ってくるなり、「あの、バカども!」とテキストを机に叩きつける教授がいますし、叩き付けなくてもそうしたいと思っている教授がほとんどでしょう。

そんな、粗製濫造の先生を大量につくっても、アメリカの教育になんらプラスにならないのは、政治家も教育委員も教員組合も充分承知のうえのことなのですが、子供たちには憲法で保障された教育を受ける権利があり、それをないがしろにするわけにはいきません。まずは質より量というわけです。

さらに、これは私個人のことになるかもしれませんが、ショッキングなことに、そんな大学を出たての先生の初任給が定年近い私の月給より高給なところが沢山あるのです(州、郡、教区によって異なりますが…)。同僚の教授たちも、「やってられないなー」と呆れ顔です(公立学校の先生の給料は、全米平均で4万7,602ドル、最高額のコネッチカット州では5万7,760ドル;2004-2005年のデータ)。

また、さらにですが、教員の定着率が悪く、3年以内に教職を辞めてしまう先生が30%に及びます。

フロリダ州で中学校の数学、物理の先生をしている友達と長電話したところ、「去年はマー、そんなに悪い年ではなかったよ。お前を殺してやると本気で脅しをかけてきた生徒がいなかったから」と言っていました。現場の先生たちも命を張って教えてはいるのです。

アメリカの教育には希望の光は差し込んできていません。

 

 

第51回:スポーツ・イベントの宣伝効果

 

 

 


 

 
 TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
  [拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]
[フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   
このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。

Copyrights 2018 Norari