のらり 大好評連載中   
 
■イビサ物語~ロスモリーノスの夕陽カフェにて
 

第70回:プレイボーイの“サファリ” その1

更新日2019/05/30

 

私は“サファリ”の本名を知らない。私だけでなく、イビサの連中は、“サファリ”個人をよく知ってはいても、彼の本名を知っている人はほとんどいなかったと思う。皆、“サファリ”さらに詰めて“サファ”と呼んでいた。

サファリはヴァレンシア人で、私が初めてイビサに来たとき、すでに彼はそこにおり、古強者の情報通として知れ渡っていたから、私より5、6年、ひょっとすると10年近くも前に腰を落ち着けていたのかもしれない。

私が知り合った時、すでにサファリの頭のテッペンは髪が薄い状態から丸禿げに移行しつつあった。だが、丸坊主にはせず、耳の上から後ろへ、縮れた髪を無造作に長く伸ばし、ほとんど肩までかかるに任せていた。頭が寂しくなるのとは逆に髭が濃くなり、あまり丁寧に剃りもしないのだろうか、3、4日カミソリを当てていない無精髭を生やしていた。歯並びが悪く、無精髭とあいまって、ブ男の典型のように見られていたが、目だけはイタズラっぽい愛嬌がある憎めない男だった。

pacha-02
老舗ディスコテカ『Pacha(パチャ)』

サファリ自身、自分で小さな店、バール、カフェテリア、ブティックでさえ持ったことはなく、毎年、異なったところで働いていた。ある年はディスコテカ『Pacha(パチャ)』のバーテンダー、次の年はブティックの雇われ店主、また翌年は大流行したブーツとサンダル専門の靴屋の雇われ店主、またある年はアメリカ人が経営する中華レストランの名義上の共同経営者と、よくぞ次々としかもうま味の多い仕事を見つけてくるものだと感心させられたことだ。

サファリにはある種のエネルギーと人を引き付けるものがあったように思う。サファリは呆れるくらいマメによく動くし、ともかく彼はそこにいるだけで周囲を明るくする天性のものを持っていた。

イビサでウェイターやバーテンダー、はたまたホテルのレセプションで働く男どもは、次から次へと2週間毎に入れ替わる、無制限にやってくる女性軍の相手をするのを義務と心得ていた。私に、「お前みたいなトウヘンボクは見たことがないよ。彼女たちもソレを望んでいるのだぞ、ディスコに誘って付いてきたら、タダ踊りたいだけだと思うか? 彼女らもそれ以上のことを期待しているのだぞ…」と呆れたように言い、バカにしていた。

サファリが連れてくるのは皆が皆、最上級クラスという言葉が当てはまる女性ばかりだった。ドイツ人、スカンジナヴィア人、イギリス人、ポーランド人と挙げるまでもなく全ヨーロッパ美人コンテストの参加者を網羅しているかのようだった。禿げでブ男のサファリにどうしてあんな美人が次から次へと寄ってくるのか、なぜモテルのか、イビサ最大の謎とされていた。彼のモチモノが並みでないからだとマコトシヤカに語られていた。

サファリが棚ボタ式にアメリカ人が持っている中華レストランの雇われ経営者になった。そのようなことはよくあり、小金を持った外国人が店舗やレストランを買い取ったのはいいが、スペイン的に時間がかかり、煩雑な(実際には私自身でできたくらいだから、そうでもないのだが…)その手の事務手続きに嫌気がさすのか、それをやってくれる島の事情通に丸ごと預けてしまうことがママあった。いかにもその手のことに慣れていそうで、ショーバイのノウハウを持っていそうな島の事情通に、利益の何パーセントかを分け与え経営を預けるのだ。サファリはそんな雇われ店主として、さまざまなショーバイを点々としていた。

Salinas-03
ヌーディストビーチとしても有名なサリーナス・ビーチ

そのレストランの持ち主、エドワードは大男でスーパーマッチョ、ハリウッドのアクションスターが務まるほどの顔も身体も一際目を引くアメリカ人だった。エドワードは多分にサファリにアテラレたのだろう、俺も一人くらいとばかり、アイルランド人の女性を自慢気に連れてきたことがあった。

ホッペタの赤い、丸顔でコロコロした体の女性だった。それを見たサファリは、「お前、エドワードが連れ歩いている女を見たか? あんなブスのイモネーチャンはイビサに来るべきじゃないな、アイルランドで芋掘りをしているべきだと思わんか? アレじゃ、コッ恥ずかしくてとてもサリーナス(Salinas;イビサで一番人気の白い砂のビーチ、ヌーディストが集まる)に連れて行けないし、どこのディスコでも入場拒否されるぞ…」と、コテンパン、クソミソに言うのだった。 

私には、そのアイルランド女性が田舎臭いにしろ、それほど酷いご面相だとも思えなかった。「イヤー、サファリ、彼女、そんなに悪くないのかも知れんぞ、エドワードは、ブスでも女性、すべての女の救済を図っているのかも知れんぞ…」と、長い年月イビサに棲みながら全く“成果”が上がらなかった自分をさておいてエドワードを弁護したのだった。

一度、シーズンの終わり頃、冗談めかして、サファリに、「オマエ、今年、何人の女性をモノにしたんだ?」と尋ねたところ、急に真面目な顔になり、「数を問題にするのは若い時だけだ、オマエにだけ言うけど…」と、指折り数えて、16人かな…とノタマッタのだった。

どうも、そんなところがイビサで接客商売に絡んだシゴト、ウェイター、バーテンダー、ホテルのボーイ、コックたちの平均値?(そんな統計があるとすればのことだが…)らしかった。道理で、彼らは一応に顔色が悪いはずだ。

-…つづく

 

 

第71回:プレイボーイの“サファリ” その2

このコラムの感想を書く

 


佐野 草介
(さの そうすけ)
著者にメールを送る

海から陸(おか)にあがり、コロラドロッキーも山間の田舎町に移り棲み、中西部をキャンプしながら山に登り、歩き回る生活をしています。

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 5
[全28回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 4
[全7回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 3
[全7回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 2
[全39回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部女傑列伝 1
[全39回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝 Part5
[全146回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝 Part4
[全82回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝 Part3
[全43回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝 Part2
[全18回]

■フロンティア時代のアンチヒーローたち
~西部アウトロー列伝
[全151回]

■貿易風の吹く島から
~カリブ海のヨットマンからの電子メール
[全157回]


バックナンバー
第1回(2017/12/27)~
第50回(2018/12/20)までのバックナンバー


第51回:3組のペペとカルメン
第52回:冬場のイビサ島 その1
第53回:冬場のイビサ島 その2
第54回:冬場のイビサ島 その3 ~アンダルシアとイビサ
第55回:隣人のルーシーさんとミアさん
第56回:ルーシーさんと老犬アリスト
第57回:オッパイ・リナの大変身
第58回:ゴメスさん倉庫で射撃大会
第59回:“ディア・デ・マタンサ”(堵殺の日) その1
第60回:“ディア・デ・マタンサ”(堵殺の日) その2
第61回:老いらくの恋 その1
第62回:老いらくの恋 その2
第63回:サン・テルモのイヴォンヌ その1
第64回:サン・テルモのイヴォンヌ その2
第65回:サンドラとその家族 その1
第66回:サンドラとその家族 その2
第67回:マジョルカの歌姫“マリア・デル・マル・ボネット”
第69回:イビサの合気道 その1
第69回:イビサの合気道 その2

■更新予定日:毎週木曜日


  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

    

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari