のらり 大好評連載中   
 
■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から

第541回:海と陸(オカ)の運転技術の違い

更新日2017/12/07




アメリカでレンタカーを借りる時、25歳未満の若者への条件がとても厳しくなります。高い保険金、保証金を払えば借りられないことはないでしょうが、頭から断わられてしまうことがママあります。統計的に25歳未満の事故率が高いのでしょう。それと同じように、ヨーロッパの国々で70歳以上の老人がレンタカーを借りるのも難しくなります。

相当な老齢であるウチのダンナさん、今まで全く事故を起こしたこともなく、日本なら優良ドライバーとして色の違った免許証を貰えるほどでしょう。統計を駆使して保険料の設定に励んでいる自動車保険の会社が、彼に講習を受け、試験に通ると、保険金が何がしか安くなると通達してきました。アメリカは車社会ですから、いきなり公官庁が免許証を返却せよ…とはやりませんが、保険会社が統計に基づいて、危険年齢を設定しているのです。

もともと、車の運転は、車自体の安全性、操作性が高まり、運転免許を取った次の日にでも、即アメリカ横断ドライブをすることが可能です。ところが、海の方はそうはいきません。

オランダから14歳の少女、ラウラ・デッカーちゃん(と呼びたくなるような可愛い少女です)がヨットで世界一周に出かけようとしたところ、裁判所、児童保護団体などがこぞって反対し、ラウラちゃんの父親を逮捕しかねないほどの憤り方でした。なんでも、オランダでは14歳ではキャプテンの免許証を取得することができず、7メートル未満のヨットで限定された海域しかセーリングできないというのです。

ところが、このラウラちゃん、生まれながらの海の落とし子のようにセイラーの両親の元に生まれ、海とヨットに親しんで育ってきましたから、海技免許を湾内、港内の実習と筆記試験だけで取った人たちとは全く違うのです。車の運転免許と違い、ヨットをあらゆる条件で乗りこなすには、経験が大きくモノを言います。とても車の運転免許のように、海技免許を取得した翌日に太平洋横断などできない相談なのです。

ラウラちゃんは、6歳でオプティミスト・ディンギー(一枚帆の箱型ヨット)から始め、徐々に大型に買い替えながら6隻ものヨットをいつも”Guppy”と名付け、14歳の時にはすでにヨットハーバーにたむろしている自称ヨット乗り、ヨットのオーナー全員を集めたより多くの経験を積んでいました。

彼女が世界一周のために選んだヨットは全長12.3メートルの大中古のケッチ(2本マスト)でした。それも、運河に投げ捨てられるように放置してあったのを、父親がどうにか買うことができる激安価格だったという理由で手に入れました。一人で世界一周をするための理想的な船だったわけではありません。

僅かな経験ですが、私たちも長年ヨットで暮らしていましたから、多少分かるのですが、ヨットは自分に合うように、どんなセーリングを目指し、どんな海域をセーリングするのか…目的と自分の技量に合うように作り上げていくものなのです。その意味で、何が待ち受けているかを熟知している父親と、それまでどんな状況で、どのように立ち向かうか、父と一緒に体験してきたことはとても重要なことで、簡単に年齢で割り切ることはできません。14歳の少女にはムリ、不可能とは言えないスジのことなのです。

紆余曲折がありましたが、ラウラちゃんはほとんど2年越しで世界一周セーリングを成し遂げました。

ところが逆に、大の女性二人が50フィートのヨットで5ヶ月も遭難漂流し、台湾の漁船に救助される事件が起こりました。この話を聞いた瞬間、ヨットを齧ったことのある人なら、すぐに変だ、どこかオカシイと感じたはずです。彼女たち(ジェニファーは40歳前後、トーシャは30歳前後でしょうか)二人は、1年分もの食料を積んでハワイからタヒチに向かいました。

この航路は昔からポリネシアの海洋民族が手漕ぎの大型カヤックやオウトリガーを付けたカタマラン(双胴艇)に低いマストを立て、一枚帆を張り民族移動を繰り返してきたルートです。季節を選べば、安全、ポピュラーなコースです。彼女たちは5月30日にハワイを出ていますから、マズマズよい季節で18日間でタヒチに着く予定でした。

ところが出航してすぐに大きな嵐に遭い(風力11の最大級の大暴風雨だったと…キャプテン・オーナーのジェニファーは言っています)、エンジンが故障し、バッテリーをチャージできなくなり、陸と通信不能となり、同時に舵が破損して、操船不可能になって漂流した…と言うのです。

彼女らを救援したアメリカ海軍の船が映した映像を見て、ますますオカシイ、何か変だと感じたのは私だけではないでしょう。船尾には風車の発電機、真っ白なセールがブームに乱暴に縛りつけられている上、中型と大型の間くらいの犬2匹が元気に飛び回っているし、ジェニファーが元気よく白いハンカチを盛んに振っているのです。海軍の船に乗移る時も、船腹に下げられた縄ハシゴをスイスイと手助けなしで上ってくる情景も映っていました。そして曰く、あと24時間救援が遅れていたら、私たちは死んでいただろう!!と…。

第一、大暴風に遭ったのなら、風車式の発電器など吹き飛ばされ、立っていないだろうし、あんな縛り方をしたセールは引きちぎれていたことでしょう。そして、彼女たちがハワイを出航した日、その後もそんな台風も暴風雨も前線もその海域に全くなかったことが、米国海上気象庁によって、サテライトの写真入りで報道されたのです。 

しかし、ただ注目を集め、時の人になるために、5ヶ月も自分を牢に閉じ込めるような漂流をするものでしょうか。ジェニファーは若い時、ハワイのテレビドラマに赤いビキニの金髪スポーツウーマンとして出演したり、スタントウーマンとして活躍していた経歴の持ち主です。トーシャの方は、ラウンドラップ・サングラスで目、表情を隠し、インターヴューでも終始無言でした。

この二人、経験不足で海もヨットも知らずに外洋に出て、小さな時化(シケ)ですぐにセーリングを諦めたために漂流したのでしょうか。海軍がチェックしたところ、彼女らのヨットに搭載していた国際緊急信号(イーパブ406Mhz)も支障なく作動したのでした。イーパブは水に浸かっても電池も内部機能も大丈夫なように作られています。

もう化石的なヨット乗りのダンナさん、「オイオイ、エンジンが故障したくらいで遭難していたら、俺たち10回は遭難、救助されてたよなぁ」と、ボソリと呟いていました。

  

 

第542回:名前の不思議

このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Grace Joy
(グレース・ジョイ)
著者にメールを送る

中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。

■連載完了コラム■
■グレートプレーンズのそよ風■
~アメリカ中西部今昔物語
[全28回]


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第100回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで

第501回:女性の行進~Woman's March、アメリカはどこへ行く…
第502回:アメリカの階層社会
第503回:遥かなる男女平等社会
第504回:討論=ディベイト、演説=スピーチ
第505回:自分の仕事を知らない、できない人たち
第506回:挨拶の文化~キス、ハグ、おじぎ、握手
第507回:日本の敬語はミッション・インポッシブルの難しさ
第508回:大流行の人工関節埋込手術
第509回:修理からパーツ交換~職人受難の時代
第510回:実はハデ好きな日本人…
第511回:大学卒業と学生さんの将来
第512回:牛の追い込みと高原台地の春
第513回:地球は平らである~聖書至上主義
第514回:一般化してきた男性の化粧
第515回:貧乏人は早く死ぬ
第516回:大流行の人工関節手術
第517回:ヨルダンの『強姦犯人救済法』
第518回:拍手と歓声、そして感動の余韻
第519回:iPhone災禍~“ミー・ファースト”の精神
第520回:現代版“セイレムの魔女狩り”
第521回:枯山水~高原台地の死活問題
第522回:理想郷~パラダイスはいずこに…
第523回:バウンティー・ハンターと保釈金
第524回:オリンピックいろいろ
第525回:山でクマと接近遭遇したら…
第526回:クマもケーキショップがお好き?
第527回:またまた“強姦事件”スキャンダル
第528回:隣人たち、サムとダイアン一家
第529回:隣人たち、マーヴィンとベヴ
第530回:ナショナル・モニュメント(国定公園)をなくす?
第531回:“性器の大発見”~イグ・ノーベル賞2017
第532回:“国歌斉唱、ご起立ねがいます”
第533回:書く手段の変遷と文章の関係は…
第534回:消えゆく地上有線電話
第535回:不思議な財政~国は決して潰れない?!
第536回:核兵器撲滅運動の怪
第537回:人間狩り~ラスベガス大量虐殺事件
第538回:冤罪と闘う“イノセンス・プロジェクト”
第539回:プエルトリコ~ハリケーンの悲劇
第540回:枯れない西欧人~老人ホームはロマンス花盛り

■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari