のらり 大好評連載中   
 
■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から

第544回:他人の目、他人の懐

更新日2018/01/11




日本のニュースを覗くため、チョイチョイ、インターネットでチェックしています。アメリカ、イギリス、スペインのネット新聞も覗きますが、日本のニュースでよく取り上げられる、他の国の人が自国(この場合は日本ですが…)をどう思っているか、どのように評価しているかの記事が、他の国の新聞に比べ、日本のマスコミに異常に多いことに驚かされます。

曰く、日本の製品、車、カメラ、電気製品がどこそこの国で評判だとか、イタリアやギリシャで日本人旅行客のマナーが良いとか、主に西欧の社会で日本がどう思われているかをニュースとして取り上げているのです。

そこへ、最近増えてきたのは、中国人が日本人、日本の製品、日本人のマナーをどう見ているかという記事です。日本を訪れた中国人観光客は、日本の機能的なシステム、時間厳守(主に汽車の発着時間のようですが)、日本人のマナーのよさ、礼儀正しさに感銘を受けた式の記事が数多く目に付くようになってきました。

確かに、“人の振り見て我が振り直せ”(そんな格言がありましたよね)というのは、自己を律する励みになるでしょう。子供を叱る時にも、「他の人が見てますよ、恥ずかしいことしないで…」と叱る親に育てられれば、他人が自分をどう見ているかを強く意識する大人になるのかもしれません。

西欧の人たち、それに雑多な民族の入り混じった中国では、はるかに個人主義が良くも悪くも育ちすぎ、他の人がどう思おうが、オレはオレ、私は私という頑なな態度が身に付いてしまうようです。彼らにしても外の評判を気にしないことはないのでしょうけど、スペインやドイツで外国人が彼らを、彼らの国をどう思っているかなど、まず新聞、マスコミに取り上げられることはありません。これは何も彼らが自信を持っているからではなく、自分のことは自分で決め、自分の国に住む我々のことを他の国の人がとやかく言う筋合いのものではない…というエゴの表れなのですが…。

ウチの仙人が若かりし頃、まだ日本語が達者な外国人に希少価値があったのですが、フランソワーズ・モレシャンというフランス人が、「フランスでは、パリでは…云々」と、何かにつけコメントし、マスコミを賑わせていたと入れ知恵してくれました。もちろん、その当時から、フランス語の堪能な日本人、文学者、教授だけでなく、一般人もたくさんいたはずですが、フランス語訛りの日本語で一席ブツのが受け、また聞く方もナルホドと感心したのでしょうね。

ハーバード大学のケネス・ロゴス先生が、日本の1万円札、5千円札を廃止すべきだという、日本人の日常生活を無視する論文を発表しました。これからのキャッシュレス社会に対応するため、ということは、政府がお金の動きを素早く、確実に掴むために、現金経済から、キャッシュレス、言ってみれば、カードと電子マネー、電信為替に移行すべきで、それはマネーロンダリングを防ぐことにもなる…と言うのです。国際経済のことはよく分かりませんが、巨視的に観ればそれなりの理由がありそうです。

ですが、通貨というのはその国で暮らしている人が便利で使い良いようにあるべきもので、国際間で大きな取引をする会社やドラッグディーラーのためにあるわけではないのです。俄か知識で集めたところ、インドでは1,000ルピー札、500ルピー札を2016年に廃止しています。EUでも500ユーロ札を止めています。今では200ユーロ札(2万4、5千円相当でしょうか)が最高額紙幣になっています。

アメリカでは100ドルが最高ですが、これがまた使い道がなく、店に張り紙がしてあり、50ドル札以上の高額紙幣は受け付けません…とか書いてあるのです。国が流通させている貨幣を受け取らないのは法律違反だと思うのですが、クレジットカード社会のアメリカでは20ドル以下の紙幣だけが主に流通しているといってよいでしょう。

中国で電子マネーが非常に発達し、現金をまったく受け付けないところがあるといいますが、これは都会に限ったことのようで、超のつくド田舎ではやっと貨幣経済が広がってきた状態で、地域、ライフスタイルで大きな格差があるようです。

ヨーロッパでユーロという通貨を採用したとき、私たち旅行者は大いに喜んだものです。国境を越えるたびに違う通貨に両替し、その通貨をきれいに使い切るのは不可能ですから、回った国の数だけ使い道のない小額紙幣やコインがワンサと溜まり、そのまま机の引き出しの片隅に転がることになったものですが、ユーロになり、とても旅がしやすくなったのは事実です。

しかし、ユーロを採用した国は何も旅行者のために伝統ある自国の通貨をユーロに切り替えたのではありません。極言すれば、その国に住む人にとって便利だから、別々の通貨を使うより益するところが多いからです。

日本で1万円札、5千円札を流通させ、500円をワンコインと呼び、活躍させるのはそこで暮らしている人たち、日本人にとって便利だからです。なにも国際経済の動向でキャシュレス社会に対抗するためではありません。1万円札、5千円札を廃止するかどうかは、あくまでそれを日常的に使っている人の問題だと思うのです。どこか外国の偉い経済学者や投資会社の人が口を出す問題ではないのです。「お前ら、他人のことに口出しするな、黙っとれ!」と言う日本の経済評論家はいないのかしら。

それに、ギャング映画でトランクやスーツケースに詰まった高額紙幣を、「ワー、凄い!」と観る感動?は電子マネー、キャシュレスでメモリースティックをいくら大写しにしても、全く伝わってきませんよねぇ。

-…つづく

  

 

第545回: 引退生活の理想郷と山小屋暮らし

このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Grace Joy
(グレース・ジョイ)
著者にメールを送る

中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。

■連載完了コラム■
■グレートプレーンズのそよ風■
~アメリカ中西部今昔物語
[全28回]


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第100回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで

第501回:女性の行進~Woman's March、アメリカはどこへ行く…
第502回:アメリカの階層社会
第503回:遥かなる男女平等社会
第504回:討論=ディベイト、演説=スピーチ
第505回:自分の仕事を知らない、できない人たち
第506回:挨拶の文化~キス、ハグ、おじぎ、握手
第507回:日本の敬語はミッション・インポッシブルの難しさ
第508回:大流行の人工関節埋込手術
第509回:修理からパーツ交換~職人受難の時代
第510回:実はハデ好きな日本人…
第511回:大学卒業と学生さんの将来
第512回:牛の追い込みと高原台地の春
第513回:地球は平らである~聖書至上主義
第514回:一般化してきた男性の化粧
第515回:貧乏人は早く死ぬ
第516回:大流行の人工関節手術
第517回:ヨルダンの『強姦犯人救済法』
第518回:拍手と歓声、そして感動の余韻
第519回:iPhone災禍~“ミー・ファースト”の精神
第520回:現代版“セイレムの魔女狩り”
第521回:枯山水~高原台地の死活問題
第522回:理想郷~パラダイスはいずこに…
第523回:バウンティー・ハンターと保釈金
第524回:オリンピックいろいろ
第525回:山でクマと接近遭遇したら…
第526回:クマもケーキショップがお好き?
第527回:またまた“強姦事件”スキャンダル
第528回:隣人たち、サムとダイアン一家
第529回:隣人たち、マーヴィンとベヴ
第530回:ナショナル・モニュメント(国定公園)をなくす?
第531回:“性器の大発見”~イグ・ノーベル賞2017
第532回:“国歌斉唱、ご起立ねがいます”
第533回:書く手段の変遷と文章の関係は…
第534回:消えゆく地上有線電話
第535回:不思議な財政~国は決して潰れない?!
第536回:核兵器撲滅運動の怪
第537回:人間狩り~ラスベガス大量虐殺事件
第538回:冤罪と闘う“イノセンス・プロジェクト”
第539回:プエルトリコ~ハリケーンの悲劇
第540回:枯れない西欧人~老人ホームはロマンス花盛り
第541回:海と陸(オカ)の運転技術の違い
第542回:名前の不思議
第543回:ツーリスト・ゴー・ホーム

■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ひとつひとつの確かさ 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

   

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2018 Norari