のらり 大好評連載中   
 
■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から

第593回:Only in America ~アメリカならではのこと

更新日2019/01/24



クリスマスとお正月を実家のあるカンサスシティーで過ごし、帰ってきました。インターステイトハイウェイ70号を2,000Km、途中のロッキー山脈越えやデンバー、カンサスシティーの都会の混雑を除けば、長く退屈なドライブです。

州や自治体によって規制されている区間もありますが、ハイウェイ沿いに実にたくさんの立て看板が目に付きます。ほとんどが次の町、インターチェンジのホテル、レストラン、田舎の博物館の宣伝です。

なかにはユニークな看板もあります。“世界で一番大きなプレーリードッグを是非観よ!”、プレーリードッグはせいぜい15センチほどの大きさのリスのような動物ですが、“キャーン、キャーン”という鳴き声が犬に似ているところから“平原の犬”プレーリードッグと名付けられています。

全長10メートルのプレーリードッグとあり、そんな巨大なモノがいる訳がない…と思って、昔、その町でハイウェイを降りて、観に行ったところ、いかにも素人の牧場主がいたずらで作った巨大なセメント製のものでした。しかし、よくぞそんな膨大な手間隙をかけたジョーダンをわざわざヤルもんだ、と感心したものです。

中西部最大と唄ったアダルト・セックス・ショップの大看板も数箇所あります。そして、そのすぐ脇に“神様はいつも貴方を見つめています”という宗教団体の宣伝が設置されていたりで、結構賑やかなのです。

何にでも興味を示すダンナさん、仙人らしくもなくストリップショーの大きな看板に目を留め、スターダンサーの名前、ストーミー・ダニエルズ(Stormy Daniels)って誰だと私に訊くのです。彼女はトランプ大統領とセックス・スキャンダルを起こしたポルノ女優で、こんなカンサス州の田舎町まで来てストリップショーをやっていたのです。

知名度抜群、まさに時の人ですから、集客力を見込んでプロモーターが動いたのでしょう。ツアーの名前はトランプ大統領のキャッチフレーズ“Make America Great Again”(偉大なアメリカをもう一度作り上げよう)をもじった”Make America Horney Again”(スラングなので、どうも訳するのが難しいですが、アメリカをもう一度勃起させよう…ということになるのでしょうか…)。 

ドサ回りのショーかと思ってインターネットで覗いてみたところ、なんとシカゴをはじめ大都会から南部の小さな町まで満遍なくツアーしており、2019年ツアー日程まで載っていました。まるで往年のローリング・ストーンズやプレスリー・オン・ツアーのようなのです。勿論、オンラインで入場券を購入できますし、早めに良い席を確保するように呼び掛けています。それぞれの地方の新聞記事でもヤンヤの大好評、スシ詰め満員御礼だったとトピックスに書かれています。

このストーミー・ダニエルズ嬢、出演したポルノ映画が150本とありますから、相当な人気女優だったのでしょうか、巨大と言うべきか、とてつもない大きさのオッパイの持ち主で、39歳になった今でも、万有引力の法則に抵抗してそれはそれは立派なものです。

旦那さん、「そこまでやるんなら、トランプ大統領のソックリさんを使って、本格的ポルノとは言わないけど、コミック調にトランプのソックリさん役をコテンパンにやつけるショーにすれば、もっとウケルと思うけどな~」と、そのアイディアを売り込み兼ねないほどの意気込みです。

アメリカの政界では、セックス・スキャンダルは命取りになり得ないことは、ケネディー大統領とマリリン・モンロー、クリントン大統領とモニカ・ルインスキー、もっとも尊敬され、優れた大統領との評判の高いフランクリン・ルーズベルトもルーシー・ページ・マーサー・ラザーフォードという愛人がいたくらいですから、愛人を持つとか浮気をするのはお国自慢にこそなりませんが、素直に認めてしまえば、許され、忘れられる傾向があります。

そりゃ奥さんである大統領夫人、ファーストレディーが、ダンナを許すかどうかは別の問題でしょうけど。最初にファーストレディーとして社会の前面に出てきたアナ・エレノア・ルーズベルトは、ダンナさんのフランクリン・ルーズベルトが自分よりルーシー嬢と一緒に過ごすことがズーッと多く、自分とはほとんど別居状態でいることを認めていましたし、ジャックリーン・ケネディーも、夫のジョン・F・ケネディーの女遊び、漁りを見て見ぬふりをしていたようです。

ヨーロッパの王族、貴族、強いてはローマ法王、枢機卿まで、ヤンゴトナキ風情の人は、当然の権利のように愛人、恋人を持っていたようですから、なにもアメリカの大統領だけのことではなさそうですが…。

トランプ大統領とストーミー・ダニエルズ嬢が口汚いスキャンダルに発展したのは、トランプ大統領が13万ドル(1,500万円相当)を弁護士を通じて、今後一切口外するなと口止め料としてダニエルズ嬢に支払っていたからです。それを大統領が、「オレの弁護士が勝手にやったことで、オレは口止めした覚えなんかない…」とシラを切り、それが真っ赤な嘘と判明してしまったことが火に油を注ぐ結果になりました。

セックス・スキャンダルの伝統があるアメリカ大統領としてのトランプにとって、ダニエルズ嬢とのお遊びなど取るに足りない小さなことでしょうし、ダニエルズ嬢のことなど、世間はすぐにも忘れてしまい、時間が醜聞を消し去ってしまうことでしょう。 

もう若くはないダニエルズ嬢としては、今のうちにドサ回りでも何でもして稼ぐだけ稼いでおくのが賢明でしょうね。

がんばれ、ダニエルズさん!

-…つづく

 

 

第594回:移民は国を動かす ~無意味な鉄の塀

このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Grace Joy
(グレース・ジョイ)
著者にメールを送る

中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。

■連載完了コラム■
■グレートプレーンズのそよ風■
~アメリカ中西部今昔物語
[全28回]


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第100回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで

第501回~第550回まで

第551回:山の異変と狼回復運動
第552回:雪崩れの恐怖
第553回:ウィッチハント(魔女狩り)ならぬウィッチ水脈探し
第554回:フリント市の毒入り水道水
第555回:無料で行ける公立大学
第556回:“偏見のない思想はスパイスを入れ忘れた料理”
第557回:新鮮な卵と屠畜の現状について
第558回:ベティーとマイクのマクドナルド・ファーム
第559回:時計を読めない、正しい英語が書けない世代
第560回:日本の英語教育に必要なこと
第561回:スクールバスと幼児誘拐事件
第562回:アメリカではあり得ない“掃除当番”
第563回:プライバシー問題と日本の表札
第564回:再犯防止のための『性犯罪者地図』
第565回:“風が吹けば桶屋が儲かる”_ Kids for Cash
第566回:卒業と就職の季節
第567回:歯並びは人の品格を表す
第568回:アメリカ異人種間結婚事情
第569回:アメリカのマリファナ解禁事情
第570回:一番幸せな国、町はどこですか?
第571回:日本人は“絵好み(エコノミー)アニマル”
第572回:お墓はいりませんか?
第573回:火気厳禁~異常乾燥の夏
第574回:AIの進化はどこまで行くの?
第575回:暑中御見舞いとゾッと涼しくなる話
第576回:落雷か? 熊か? ハルマゲドンか?
第577回:山の中のミニ音楽祭
第578回:たかがラーメン、されどラーメン…
第579回:由々しきアメリカの教育問題
第580回:不幸はまとめてやってくる
第581回:オーティズム(自閉症)と人生相談室
第582回:報道の自由、言論の自由
第583回:Homo currere;走る人、90Kmウルトラマラソン 第585回:二人第584回:自分で性別を選べる時代のノーベル平和賞
第586回:パラサイト学生と苦学生
第587回:“虚像的英雄”が成功の秘訣
第588回:個人が戦争を始めた話 “Good Time Charlie”
第589回:激増する中国人留学生
第590回:スーパーリッチな世界の億万長者
第591回:禁酒法と順法精神
第592回:アメリカ駐留軍と“思いやり予算”

■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari