のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 

第387回:流行り歌に寄せて No.187 「長崎ブルース」~昭和43年(1968年)

更新日2019/12/26



以前『長崎の女(ひと)』の項でも書いたことだが、私は今まで長崎の地を訪れたことがない。多くのお誘いを受けながらも、なかなかチャンスに恵まれずに、今日まで来てしまった。

ところが、歌謡曲の世界ではたいへんに馴染みのある場所で、多くの曲を知っており、ほとんどがとても好きな曲なのである。

曲名の冒頭に「長崎」がついているものだけを、思いつくままに挙げてみても、小畑実の『長崎のザボン売り』、藤山一郎の『長崎の鐘』、春日八郎の『長崎の女(ひと)』、内山田洋とクールファイブの『長崎は今日も雨だった』、瀬川瑛子の『長崎の夜はむらさき』、五木ひろしの『長崎から船に乗って』、渚ゆう子の『長崎慕情』などなど、名曲が次々と出てくる。

詳しく数えたことはないが、タイトルだけで言えば東京、大阪と並べても遜色のないほど曲数が多いような気がする。どうしてここまで多くの作家が、この地を曲のロケーションに選ぶのだろうか。


「長崎ブルース」  吉川静夫:作詞  渡久地政信:作曲  寺岡真三:編曲  青江三奈:歌  


<歌詞削除>

 

 

長い鎖国時代に、唯一海外の、殊に西洋オランダとの交易が許されていた特殊な地域ということが、異国情緒を呼び、それが現在になっても独特の雰囲気を醸し出していることは間違いない。

オランダ坂、グラバー邸、外人墓地、蝶々夫人の舞台など、作家にとっては、たいへんに使ってみたい題材なのだろう。実際にこの地を歩いてみれば、よりその思いを強くするのかもしれない。

さて、この曲のことで言えば、「南蛮屏風」「ガラスの絵」「石のたたみ」などの言葉が、それを喚起させる。さらに「丸山」「思案橋」など、色気を含んだ地名が大人の恋模様を、青江三奈の艶のある歌唱が、夜の長崎の情景を彷彿させるのである。

詞にも細やかな技巧が使われていて、「丸山せつない恋あかり」→「せつない長崎」、「男と女の恋ごころ」→「女の長崎」、「死んでも忘れぬ恋すがた」→「忘れぬ長崎」と、1番から3番まで、前節の詞を受けてくり返すスタイルが、効果を高めている。

その作詞は吉川静夫。小学校の校長先生をしていたという、作詞家としてはたいへん珍しい経歴の持ち主で、昭和11年29歳の時に作詞家としてデビューしている。

森進一の『女のためいき』は大ヒットしており、他には三沢あけみ・和田弘とマヒナスターズの『島のブルース』のほか、青江三奈の多くの曲を、今回と同じく渡久地政信とのコンビで手掛けている。(吉川が北海道、渡久地が沖縄出身なのが興味深い)

その作曲の渡久地政信は、春日八郎の『お富さん』、津村謙の『上海帰りのリル』、フランク永井の『夜霧に消えたチャコ』、三浦洸一の『踊子』など、たいへん物語性に富んだ曲を書いており、どの曲もメロディーが素晴らしく、しみじみと聴かせるものばかりである。

そして編曲の寺岡真三は、『池袋の夜』『恍惚のブルース』という青江三奈の曲、荒木一郎の『いとしのマックス』、アン真理子の『悲しみは駆け足でやってくる』、フランク永井の『夜霧の第二国道』『羽田発7時50分』『君恋し』など、こちらもその光景が目に浮かんでくるような、ドラマチックな編曲をする人である。

青江三奈の曲を取り上げ、もう一度聴いてみる度に思うのは、本当にこの人は歌の上手な人だなあということである。もう20年近く前になるが、還暦を待たずに亡くなってしまったのは、つくづく残念である。一度でいいからリサイタルに行ってみたかったと、今さらながらに後悔している。

-…つづく

 

 

第388回:流行り歌に寄せて No.188 「恋の季節」~昭和43年(1968年)


このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー


第301回:流行り歌に寄せて No.106
第350回:流行り歌に寄せて No.155
までのバックナンバー


第351回:流行り歌に寄せて No.156
「僕らの町は川っぷち」~昭和42年(1967年)

第352回:流行り歌に寄せて No.157
「この広い野原いっぱい」~昭和42年(1967年)

第353回:流行り歌に寄せて No.158
「小指の想い出」~昭和42年(1967年)

第354回:流行り歌に寄せて No.159
特別篇 「森田童子の訃報に接して その1」

第355回:流行り歌に寄せて No.160
特別篇 「森田童子の訃報に接して その2」

第356回:流行り歌に寄せて No.161
「僕のマリー」~昭和42年(1967年)

第357回:流行り歌に寄せて No.162
「夜霧よ今夜も有難う」~昭和42年(1967年)

第358回:流行り歌に寄せて No.163
「花はおそかった」~昭和42年(1967年)

第359回:流行り歌に寄せて No.164
「世界の国からこんにちは」~昭和42年(1967年)
第360回:流行り歌に寄せて No.165
「ブルー・シャトウ」~昭和42年(1967年)

第361回:流行り歌に寄せて No.166
「あなたのすべてを」~昭和42年(1967年)
第362回:流行り歌に寄せて No.167
「花と小父さん」~昭和42年(1967年)

第363回:流行り歌に寄せて No.168
「真赤な太陽」~昭和42年(1967年)

第364回:流行り歌に寄せて No.169
「好きさ好きさ好きさ」~昭和42年(1967年)

第365回:流行り歌に寄せて No.170
「君に会いたい」~昭和42年(1967年)
第366回:流行り歌に寄せて No.171
「バラ色の雲」~昭和42年(1967年)

第367回:流行り歌に寄せて No.172
「新宿そだち」~昭和42年(1967年)

第368回:流行り歌に寄せて No.173
「虹色の湖」~昭和42年(1967年)

第369回:流行り歌に寄せて No.174
「小樽のひとよ」~昭和42年(1967年)

第370回:流行り歌に寄せて No.175
「帰って来たヨッパライ」〜昭和42年(1967年)

第371回:流行り歌に寄せて No.176
「伊勢佐木町ブルース」~昭和43年(1968年)

第372回:流行り歌に寄せて No.177
「ゆうべの秘密」~昭和43年(1968年)

第373回:流行り歌に寄せて No.178
「星のプリンス」「落ち葉の物語」「銀河のロマンス」〜昭和43年(1968年)

第374回:流行り歌に寄せて No.179
「小さなスナック」~昭和43年(1968年)

第375回:流行り歌に寄せて No.180
「悲しくてやりきれない」~昭和43年(1968年)

第376回:流行り歌に寄せて No.181
「長い髪の少女」~昭和43年(1968年)

第377回:流行り歌に寄せて No.182 「天使の誘惑」~昭和43年(1968年)
第378回:流行り歌に寄せて No.183
「エメラルドの伝説」~昭和43年(1968年)

第379回:流行り歌に寄せて No.184
「ちょっと番外編~テープレコーダー購入」~昭和43年(1968年)

第380回:流行り歌に寄せて No.185
「グッド・ナイト・ベイビー」~昭和43年(1968年)
第381回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019 開幕!!
第382回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕
~予選プール前半戦を終えて

第383回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕 
予選プール戦終了~決勝トーナメントへ

第384回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕 
~決勝、そしてアジア初の大会ついに閉幕

第385回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019閉幕
~印象に残った選手、プレーぶりなど

第386回:流行り歌に寄せて No.186
「海は恋してる」~昭和43年(1968年)


■更新予定日:隔週木曜日