のらり 大好評連載中   
 
■亜米利加よもやま通信 ~コロラドロッキーの山裾の町から

第597回:立ち小便は日本の伝統芸?

更新日2019/02/21



何度かこのコラムで触れていますが、うちのダンナさんは日本人です。というか、元日本人らしい仙人です。日本の文化伝統的な禅、茶の湯、神道などには全く見向きもしないのですが、時折、ヤオラこれが日本の伝統だと…、奇妙なところで、日本的習慣を披露することがあります。

その日本の伝統芸の最たるものが“立小便”なのです。まるで犬が自分の領域を誇示するためにあちらこちらそこいらじゅうにオシッコをかけるように、うちのダンナさんは所構わず“日本の伝統芸”を披露するのです。

私は若かりし頃、大阪郊外の吹田市に住んでいたことがあります。初めての外国、日本で生活を始め、カルチャーショックを受けたのが通勤電車内での居眠りと立小便です。当時の駅のトイレは、そこにそんな設備があるというだけのことで、目が潰れそうな臭気が漂い、まるで水鉄砲でオシッコのカケアイ戦争でもした後のようでした。また、すぐそこに、近くにそれなりの設備があるのに、公衆便所に入らず、入り口の柱や壁にかけている御仁が多いのにとても驚かされました。

街中でも、オフィス街を離れ、一歩繁華街に足を踏み入れるやいなや、人類皆兄弟ではなく、人類、皆立小便、男は黙って立小便の状態でした。まるで、電信柱は立小便をひっかけるためにあるかのようでした。まだうら若きオトメだった私は、大いにショックを受けたものです。

ウチのダンナさん、そんな伝統を生真面目に引き継いできてる上、オシッコはデッキから身を反り出し、風下でヨットを汚さずにするもんだという、長い水上生活を続けてきましたから、立小便の習慣が抜けなくなったのでしょうか、アメリカに移り住んでからも、一向に周囲の目を気にする風もなく日本の伝統芸を披露するのです。

おまけに、寄る年波のせいでしょうか、最近とみにオシッコが近くなっているので、頻度が増し、伝統芸に磨きがかかってきたのです。交通量の多いハイウェイで急停車、街中でもチョットした小路、田舎道ならどこでもという感じなのです。

結婚する前のことですが、私の家族と一緒に公園を散歩した時、未来のダンナになる人が誰はばかることなく立小便をしたのには、さすがに驚きました。私の両親、確かお婆さんも一緒だったと思いますが、なんという野蛮な男を連れてきたのだろうと思ったことは間違いありません。

アメリカのほとんどすべての町では立小便はもちろん禁止で、お巡りさんに逮捕され、罰金刑を喰らう軽犯罪です。日本にも猥褻物陳列罪というのがあるそうですが、立ち小便に対してはおよそ実定性のない法律のようです。ダンナさん、「俺のは、猥褻でないよ」と愚につかないことを言っていますが…。

どうも立小便は日本だけのことではなく、地中海の国々でもお盛んなようです。人間の(男だけですが)の習性で用を足す場所が自然に決まってくるようなのです。ちょっとした物陰、行き詰まりの小路などです。機転が効くうえ、本人も経験が十分あると思われるパリジャンがハイテック立小便ボックスを作りあげました。第一、発想が素晴らしいのです。立小便を禁止するのではなく、頻繁にオシッコがかけられる所定地に大いにしてもらいましょうというのです。

標的にされやすい、頻度の高い場所に“立小便ボックス”なるものを設置したのです。これが結構シャレていて、下半分はステンレスで、上半分が真っ赤に塗られた高さ1メートル半くらいの箱なのですが、その箱の上が花壇になっていて、きれいな草花が植えられているのです。

箱の赤い部分の一面にキンカクシというのかしら、上が開いたコの字型になっていて、それがかなり広いのでまずマトを外す心配はありません。優れているのは小便を有機肥料に変え、箱の上にある草花を豊かに育てていることです。そしてコンピューターのセンサーで、肥料が溜まり過ぎたら、コントロールセンターに通報が行き、肥料を回収する仕掛けです。もちろんその肥料は市販されています。いみじくも“野菜、果物用ではありません”と肥料パックに書かれていますが…。

このフランスはパリからのファッショナブル立小便ユニット、お値段の方ですが、ハイテック?のセンサー付きで一基55万円相当ですから、公衆トイレを作ったり、修理メインテナンスするよりはるかに安いかもしれません。

花のパリから、あの臭いがなくなったら、パリらしさがなくなると心配するムキもあるでしょうけど…。

女性用の方は今のところありません。第一、私たち女性は自己コントロールに優れ、礼儀、マナーも良いですからね…。

-…つづく

 

*参考ニュース(のらり編集部)
フランスが深刻な立ちション問題 
セルフ立ちションボックスを設置したところ非難殺到

(2018/08/17)

 

 

第598回:トランプ大統領の年頭教書(2019 The State of The Union)

このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Grace Joy
(グレース・ジョイ)
著者にメールを送る

中西部の田舎で生まれ育ったせいでょうか、今でも波打つ小麦畑や地平線まで広がる牧草畑を見ると鳥肌が立つほど感動します。

現在、コロラド州の田舎町の大学で言語学を教えています。専門の言語学の課程で敬語、擬音語を通じて日本語の面白さを知りました。

■連載完了コラム■
■グレートプレーンズのそよ風■
~アメリカ中西部今昔物語
[全28回]


バックナンバー

第1回~第50回まで
第51回~第100回まで
第100回~第150回まで
第151回~第200回まで
第201回~第250回まで
第251回~第300回まで
第301回~第350回まで
第351回~第400回まで
第401回~第450回まで
第451回~第500回まで

第501回~第550回まで

第551回:山の異変と狼回復運動
第552回:雪崩れの恐怖
第553回:ウィッチハント(魔女狩り)ならぬウィッチ水脈探し
第554回:フリント市の毒入り水道水
第555回:無料で行ける公立大学
第556回:“偏見のない思想はスパイスを入れ忘れた料理”
第557回:新鮮な卵と屠畜の現状について
第558回:ベティーとマイクのマクドナルド・ファーム
第559回:時計を読めない、正しい英語が書けない世代
第560回:日本の英語教育に必要なこと
第561回:スクールバスと幼児誘拐事件
第562回:アメリカではあり得ない“掃除当番”
第563回:プライバシー問題と日本の表札
第564回:再犯防止のための『性犯罪者地図』
第565回:“風が吹けば桶屋が儲かる”_ Kids for Cash
第566回:卒業と就職の季節
第567回:歯並びは人の品格を表す
第568回:アメリカ異人種間結婚事情
第569回:アメリカのマリファナ解禁事情
第570回:一番幸せな国、町はどこですか?
第571回:日本人は“絵好み(エコノミー)アニマル”
第572回:お墓はいりませんか?
第573回:火気厳禁~異常乾燥の夏
第574回:AIの進化はどこまで行くの?
第575回:暑中御見舞いとゾッと涼しくなる話
第576回:落雷か? 熊か? ハルマゲドンか?
第577回:山の中のミニ音楽祭
第578回:たかがラーメン、されどラーメン…
第579回:由々しきアメリカの教育問題
第580回:不幸はまとめてやってくる
第581回:オーティズム(自閉症)と人生相談室
第582回:報道の自由、言論の自由
第583回:Homo currere;走る人、90Kmウルトラマラソン 第585回:二人第584回:自分で性別を選べる時代のノーベル平和賞
第586回:パラサイト学生と苦学生
第587回:“虚像的英雄”が成功の秘訣
第588回:個人が戦争を始めた話 “Good Time Charlie”
第589回:激増する中国人留学生
第590回:スーパーリッチな世界の億万長者
第591回:禁酒法と順法精神
第592回:アメリカ駐留軍と“思いやり予算”
第593回:Only in America ~アメリカならではのこと
第594回:移民は国を動かす ~無意味な鉄の塀
第595回:教会でセクハラを受けた子供たち
第596回:台頭するインド人移民

■更新予定日:毎週木曜日



  TOP-トップページ》 《コラム一覧 》 《のらりインタビュー》 《コラム・バックナンバー
……………………………………現在連載コラム……………………………………
新・汽車旅日記 】 【店主の分け前 】 【イビサ物語
 【亜米利加よもやま通信 】 【ギュスターヴ・ドレとの対話 】 【よりみち
………………………………掲載完了イチオシコラム………………………………
[拳銃家業 ] [貿易風の吹く島から ] [ くらり、スペイン ] [グレートプレーンズのそよ風 ]  
  [フロンティア時代のアンチヒーローたち ]

     

このサイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで。
Copyrights 2019 Norari