のらり 大好評連載中   
 
■店主の分け前~バーマンの心にうつりゆくよしなしごと
 

第392回:流行り歌に寄せて No.192 「今は幸せかい」~昭和43年(1968年)

更新日2020/03/26



佐川満男。不思議な雰囲気を醸し出す人である。昭和30年代、20歳前から音楽の世界に入り、昨年80歳を迎えているので、60年以上のキャリアを持つ。

最初は、大阪は難波の坂町(阪町?)にあるジャズ喫茶「銀馬車」のオーディションに合格して「クレイジー・バブルス」というバンドに入る。そこで内田裕也とのツイン・ボーカルを組んで人気を博した。

昭和33年4月1日に神田共立講堂で行なわれた「東西対抗ロッカビリィ大会」で知り合った堀威夫(後にホリプロを創立)に誘われて「ザ・スイング・ウエスト」に加入するために上京をする。

昭和35年4月、ニール・セダカが来日した際、ザ・スイング・ウエストが、彼のバンドを担当した縁から、何と本人が歌う予定で未発表だった『二人の並木道(Walk with me)』を、セダカから佐川はプレゼントをされるのである。

この曲で、ビクターレコードから「佐川ミツオ」の名前でデビューを果たした。昭和35年7月5日のことである。

その後は、佐伯孝夫:作詞 佐々木俊一:作曲 児玉好雄:歌の『無情の夢』、中山晋平:作詞 吉井勇:作曲 松井須磨子:歌の『ゴンドラの唄』などの、歌謡曲の古典と言われる曲を、寺岡真三の編曲でカヴァーして、ヒットを飛ばした。

そして、昭和36年の第12回NHK紅白歌合戦に、宮川哲夫:作詞 渡久地政信:作・編曲の『背広姿の渡り鳥』で初出場した。

その後は、あまり大きなヒット曲に恵まれなかったが、コロムビアレコードに移籍しての第一弾、久しぶりの大ヒット曲となったのが、今回の『今は幸せかい』である。


「今は幸せかい」  中村泰士:作詞・作曲  小林亜星:編曲  佐川満男:歌  

 

<歌詞削除>


 

詞の内容が、あまりに未練たっぷりなので、少し面食らってしまうほどである。

作詞・作曲ともに中村泰士(たいじ;一時やすじと読ませていた)。この人は、もともと「美川鯛二」という名前で『野良犬のブルース』『赤いヨットは死んでいた』などの曲を歌っていた歌手だったが、売れることができず、この『今は幸せかい』あたりから、曲を作る側に回った。

作曲が主だが、この曲の他にジュディ・オングや、前出のザ・スイング・ウエストなどに提供した曲など、作詞ともに担当した作品も少なくない。

その後は、細川たかしの『北酒場』、ちあきなおみの『喝采』、五木ひろしの『そして…めぐり愛』、桜田淳子のほとんどの曲などを手掛けた有名な作曲家となっていく。このコラムにも何回か登場することだろう。

今回調べてみる中で、『今は幸せかい』は、藤すすむ:作詞 橋本まこと:作曲とクレジットされたものがいくつかあったが、これはこの当時の中村泰士のペンネームなのだろうか。詳しいことはわからなかった。

佐川満男と中村泰士は、ロカビリー時代からの旧知の中で、美川鯛二として歌手デビューするオーディションに佐川は内田裕也とともに立ち会ったということである。

現在でも二人は仲が良く、中村の喜寿や作曲家50周年、傘寿などの、記念コンサートには、佐川が必ずゲストとして顔を見せている。

さて、『今は幸せかい』を発売当時、あまり日本人の歌手にはいなかった、ショート・ボックス・スタイルという、お洒落なラウンド髭は、少しキザな感じがしてとてもかっこよく、さすがに伊東ゆかりを射止めた男性だと思った。

私自身は、その翌年に発売された、橋本淳:作詞 筒美京平:作・編曲の『フランス人のように』という曲は、さらに彼のキザな感じが打ち出されていて、秘かに憧れたものである。

長いことカツラを着用していたそうだが、今の光頭、ラウンド髭は渋い感じでよく似合っている。「科捜研の女」シリーズで、穏やかな住職を演じたときは、年齢を重ねた温かみのようなものを感じることができた。

-…つづく

 

 

第393回:流行り歌に寄せて No.193「山谷ブルース」「友よ」-その1~昭和43年(1968年)


このコラムの感想を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金井 和宏
(かない・かずひろ)
著者にメールを送る

1956年、長野県生まれ。74年愛知県の高校卒業後、上京。
99年4月のスコットランド旅行がきっかけとなり、同 年11月から、自由が丘でスコッチ・モルト・ウイスキーが中心の店「BAR Lismore
」を営んでいる。
Lis. master's voice


バックナンバー

第1回:I'm a “Barman”~
第50回:遠くへ行きたい
までのバックナンバー

第51回:お国言葉について ~
第100回:フラワー・オブ・スコットランドを聴いたことがありますか
までのバックナンバー

第101回:小田実さんを偲ぶ~
第150回:私の蘇格蘭紀行(11)
までのバックナンバー


第151回:私の蘇格蘭紀行(12)
第200回:流行り歌に寄せてNo.12
までのバックナンバー


第201回:流行り歌に寄せてNo.13
第250回:流行り歌に寄せて No.60
までのバックナンバー


第251回:流行り歌に寄せて No.61
第300回:流行り歌に寄せて No.105
までのバックナンバー


第301回:流行り歌に寄せて No.106
第350回:流行り歌に寄せて No.155
までのバックナンバー


第351回:流行り歌に寄せて No.156
「僕らの町は川っぷち」~昭和42年(1967年)

第352回:流行り歌に寄せて No.157
「この広い野原いっぱい」~昭和42年(1967年)

第353回:流行り歌に寄せて No.158
「小指の想い出」~昭和42年(1967年)

第354回:流行り歌に寄せて No.159
特別篇 「森田童子の訃報に接して その1」

第355回:流行り歌に寄せて No.160
特別篇 「森田童子の訃報に接して その2」

第356回:流行り歌に寄せて No.161
「僕のマリー」~昭和42年(1967年)

第357回:流行り歌に寄せて No.162
「夜霧よ今夜も有難う」~昭和42年(1967年)

第358回:流行り歌に寄せて No.163
「花はおそかった」~昭和42年(1967年)

第359回:流行り歌に寄せて No.164
「世界の国からこんにちは」~昭和42年(1967年)
第360回:流行り歌に寄せて No.165
「ブルー・シャトウ」~昭和42年(1967年)

第361回:流行り歌に寄せて No.166
「あなたのすべてを」~昭和42年(1967年)
第362回:流行り歌に寄せて No.167
「花と小父さん」~昭和42年(1967年)

第363回:流行り歌に寄せて No.168
「真赤な太陽」~昭和42年(1967年)

第364回:流行り歌に寄せて No.169
「好きさ好きさ好きさ」~昭和42年(1967年)

第365回:流行り歌に寄せて No.170
「君に会いたい」~昭和42年(1967年)
第366回:流行り歌に寄せて No.171
「バラ色の雲」~昭和42年(1967年)

第367回:流行り歌に寄せて No.172
「新宿そだち」~昭和42年(1967年)

第368回:流行り歌に寄せて No.173
「虹色の湖」~昭和42年(1967年)

第369回:流行り歌に寄せて No.174
「小樽のひとよ」~昭和42年(1967年)

第370回:流行り歌に寄せて No.175
「帰って来たヨッパライ」〜昭和42年(1967年)

第371回:流行り歌に寄せて No.176
「伊勢佐木町ブルース」~昭和43年(1968年)

第372回:流行り歌に寄せて No.177
「ゆうべの秘密」~昭和43年(1968年)

第373回:流行り歌に寄せて No.178
「星のプリンス」「落ち葉の物語」「銀河のロマンス」〜昭和43年(1968年)

第374回:流行り歌に寄せて No.179
「小さなスナック」~昭和43年(1968年)

第375回:流行り歌に寄せて No.180
「悲しくてやりきれない」~昭和43年(1968年)

第376回:流行り歌に寄せて No.181
「長い髪の少女」~昭和43年(1968年)

第377回:流行り歌に寄せて No.182 「天使の誘惑」~昭和43年(1968年)
第378回:流行り歌に寄せて No.183
「エメラルドの伝説」~昭和43年(1968年)

第379回:流行り歌に寄せて No.184
「ちょっと番外編~テープレコーダー購入」~昭和43年(1968年)

第380回:流行り歌に寄せて No.185
「グッド・ナイト・ベイビー」~昭和43年(1968年)
第381回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019 開幕!!
第382回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕
~予選プール前半戦を終えて

第383回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕 
予選プール戦終了~決勝トーナメントへ

第384回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019開幕 
~決勝、そしてアジア初の大会ついに閉幕

第385回:緊急掲載 ラグビー・ワールド・カップ 2019閉幕
~印象に残った選手、プレーぶりなど

第386回:流行り歌に寄せて No.186
「海は恋してる」~昭和43年(1968年)

第387回:流行り歌に寄せて No.187
「長崎ブルース」~昭和43年(1968年)

第388回:流行り歌に寄せて No.188
「恋の季節」~昭和43年(1968年)

第389回:流行り歌に寄せて No.189
「好きになった人」~昭和43年(1968年)

第390回:流行り歌に寄せて No.190
「夕月」~昭和43年(1968年)

第391回:流行り歌に寄せて No.191
「愛の奇跡」~昭和43年(1968年)


■更新予定日:隔週木曜日